雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

デロンギケーミックスの電気ケトル(ZJX650J)の詳しい情報

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

デロンギが2018年3月15日にケーミックスシリーズを一斉リニューアルします。

コーヒーメーカーとトースターと電気ケトルを全て一新します。

これは楽しみですね。

 

ケーミックスといえば、デロンギが手掛ける人気シリーズで斬新なデザインとカラーで特徴的なモデル。今回のリニューアルもかなり力を入れている様子。

という訳で今回はデロンギのケーミックスの電気ケトル(ZJX650J)の詳しい情報・特徴についてまとめてみます。気になっている方は要チェックですよ~。

 

 

「ZJX650J」電気ケトルの特徴1

まず一つ目の特徴はコンパクトであること。サイズですが、幅21㎝×奥行13.5cm×高さ23cmです。小さいですね。容量は140ml(一杯分)から最大1Lまで入れられます。かなりコンパクトな電気ケトルです。

 

 

「ZJX650J」電気ケトルの特徴2

ワンプッシュオープン式を採用しています。つまりボタンを一つ押すだけで簡単にお湯を注げます。逆に言うと、誤って倒してもボタンを押していない限りこぼれません。安心安全設計です。

 

「ZJX650J」電気ケトルのその他の特徴

その他の特徴として、デザイン性に優れている事。このモデルは他のケーミックス製品と一緒に購入して揃えたいですね。とてもお洒落でインテリアとしても抜群です。ちなみに材質はステンレスを採用したメタルボディ仕上げ。

 

また水量計が見やすく、自動電源オフ機能も搭載しています。上部が広口になっているので洗いやすいです。また電源コードも下部に収納可能。1.2mのコードが絡まることはありません。

 

スペック

 

スペックをもう一度まとめてみます。

サイズは幅21㎝×奥行13.5cm×高さ23cm、重さが1.1㎏。

電源コードが1.2mでカラーはスパイシーレッド、クールホワイト、リッチブラックの3種類があります。消費電力は1150W、容量は140ml~1Lです。

 

まとめ

今回調べてみて思いました。これは買う価値があるなと。特にケーミックス製品を3種類網羅して購入したいですよね。コーヒーメーカーとトースター、そして電気ケトル。この3つを一気に部屋に並べたら最高です。

 

容量が1Lというのも好感が持てました。あまり大きくし過ぎても、逆に扱いにくいというのが本音。1Lぐらいの大きさが一番取り回しやすく使い勝手が良いのかもしれません。

もし悩んでいる方は是非チェックしてみて下さいね。それではこの辺で。おしまい。

 

 

by ざっきぶろぐ