雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

夜中に炭酸飲料をがぶ飲みするとどうなるの?

こんにちは。『ざっきぶろぐ』です。

 

突然ですが、皆さんは、夜中に炭酸飲料をがぶ飲みしたことはありますか?

 

眠れない時、夜暑い時、ちょっと疲れた時、中々寝付けない時。どうしても飲みたくなる時ってありますよね。がぶがぶ飲んでリフレッシュしたい、って時があると思います。これを飲めば水分を摂取出来て明日一日頑張れる、と感じるものです。

 

でも、ちょっと待ってください。本当に夜中に炭酸を飲んで元気が出るのでしょうか。今回は私が実際に体験したことをまとめてみたいと思います。夜中に炭酸飲料を飲んだらどうなるのか、不安な人がいたら参考にしてみて下さい。

 

f:id:zakkiblog:20200316035843j:plain

www.zakkiblog.net

夜中に炭酸飲料をがぶ飲みすると...

まず医学的な観点でちょっとだけ説明しますね。夜中に炭酸飲料をがぶ飲みするのは、概ね分かっていると思いますが、健康に良くないです。

 

その理由は1つ目にがぶ飲みすることで糖分を過剰摂取してしまうから。2つ目に夜中に飲むことで体内の生活リズムが狂ってしまう事が挙げられるかと思います。

 

1つ目の理由についてはこちらの記事をご覧ください。

炭酸飲料のがぶ飲み、飲み過ぎはペットボトル症候群になる危険あり

 

いわゆる急性糖尿病というやつです。夏場の暑い時期に起こりやすく、いつも喉がカラカラで夜中ずっと炭酸が飲みたいと思っている人は、もしかするとペットボトル症候群なのかもしれません。

 

2つ目の理由は、夜中になると目が覚めてしまう私の実体験から順番にご紹介します。

次の日に感じる『倦怠感』

とにかく次の日がだるく感じます。生活のリズムが狂うっていうのでしょうか。この『だるさ』や『倦怠感』は何だろう?と思い調べてみました。ビールなどのお酒をたしなむ人は結構体験があると思います。

 

一般的に「二日酔い」と呼ばれているやつです。肝臓は、腸で作られた栄養を体に吸収させる役割を担っています。また、老廃物や有害物質を解毒するのも肝臓の役割です。

 

なので、肝臓を休めませないと本来の役割である『解毒』する機能が弱まり、老廃物が体内に残ってしまうんですね。これがまさに「だるさ」や「倦怠感」が残る理由です。

 

それを踏まえると、夜中に飲食をがぶがぶ行う時点で、肝臓に負担をかけることになり、次の日に疲れが持ち越されてしまう、という訳なんです。

つもりつもって『睡眠不足』に

また、夜中に炭酸をがぶ飲みすると睡眠不足になります。シュワッとした爽快感を味わえるメリットがありますが、それ以上に睡眠の時間が奪われてしまうんです。炭酸飲料のパッケージを見てみると、カフェインが入っているものが多いですよね。

 

ちなみに、私が好きなデカビタを調べてみると、やはりカフェインが入っていました。カフェインは精神刺激薬と言われていて、覚醒作用、つまり目が覚める成分が含まれています。

 

一般的にはコーヒーを飲んで30分後に効き始めるという話は有名ですよね。昼寝の前にコーヒーを飲んでから寝るとシャキッと起きられるのは、それが理由です。

 

そうしたカフェイン作用のある炭酸飲料を夜中に摂取してしまうと一種の興奮状態に陥り、目が覚めてしまいます。やがてカフェインをまた摂取したくなり、夜中にまたデカビタを飲んでしまう、という訳です。

『疲れ』は次の日へ先送り

先程も書いた通り、炭酸飲料に含まれるカフェイン成分によって、一種の興奮状態になり体力が回復したと勘違いします。言い換えるなら、疲れを先送りしたような状態です。これはエネルギードリンク全般に言えることなんです。

 

モンスターエナジーやレッドブルもそうですが、これらの飲料は疲れを回復させているのではありません。もちろん中に含まれるアミノ酸の一種であるタウリンなど、肝臓の働きを良くするといった栄養素もあります。

 

でも覚えておきたい事として、睡眠を削って炭酸飲料で乗り切るその行為は「その場しのぎ」である、という点を明記しておきましょう。10代、20代の若いうちはそれで乗り切ることが出来ますが、やがて体力が持たなくなってしまいます。

 

それを考えると、あまり良い事とは言えないのかもしれませんね。

まとめ

f:id:zakkiblog:20200317024703j:plain

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事では「夜中に炭酸飲料をがぶ飲みするとどうなるのか」という題で記事を書いてきました。メリットとしてはシャキッとした爽快感を味わえます。でもそれら以上にデメリットが多いことに改めて気づかされました。

 

次の日、二日酔いのような倦怠感を感じたり、睡眠不足に陥ったりと良い事がありません。私の場合、時々飲みたくなる程度なのでまだ大丈夫だと思いますが、人によっては毎日夜中に炭酸を飲んでいる、という方もいると思います。

 

そんな方は、カフェインが含まれていない炭酸水に変えてみるなど色々工夫をしてみて下さい。それでは今回の記事はここまでになります。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当サイト『雑記ブログ卒業』はライフスタイル・健康に関する他の記事も書いていますので、良ければどうぞ。

関連記事