雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

どんな場面でも合う!ハリオのV60ドリップケトル・フィットの特徴

 

ハリオ(HARIO)が2018年に新しいドリップケトルを発売しました。

 

その名は「V60ドリップケトル・フィット」です。今までのV60ケトルとどう違うのか、気になりますよね。という訳で今回は2018年発売のハリオV60ドリップケトル・フィットを徹底調査です!

 

 

V60ドリップケトル・フィットは何が良いのか

このモデルは今までのケトルとは少し違います。フィットという言葉の通り、「どんなコーヒーシーン・場面でも合うコーヒーケトル」なんです。

 

もう少し説明すると、今までのケトルよりも持ちやすいハンドル形状に仕上がっています。その結果、手にもフィットし、より丁寧にコーヒーを注ぐことができるという訳。

 

よく見ると、手で持った時に親指を載せる為の凹みがあるんですよね。かなり細やかな設計がなされています。これが今までのハリオのケトルとの一番の違いです。ハリオのケトルの中では一番注ぎやすいんじゃないでしょうか。手にフィットするので、年配の方や握力が弱い方も使用できます。

 

その他の特徴

 

その他の特徴としては、どんな場面でも合うように全ての熱源に対応しています。IHやハロゲンヒーター、ガスコンロにも対応しているので、本当にどんなコーヒーシーンでも使用できる万能型コーヒーケトルなんです。名前負けしていない、本気で使えるケトルですよね。

 

蓋は、逆さに置いても動かないフラットつまみを採用。

 

カラーはヘアラインシルバーとマットブラックの2種類があります。個人的には「マットブラックが珍しいな」と感じました。ハリオと言えば、シルバーのステンレス製のケトル、という印象があったのでブラックのハリオケトルは結構カッコいいですよね。

 

スペック

スペックをまとめてみます。型番はVKF-120-MB(マットブラック)、VKF-120HSV(ヘアラインシルバー)です。

 

サイズは、幅26.3cm × 奥行14.4cm × 高15cmです。容量は800ml。本体と蓋はステンレス製、つまみ部分とハンドルはフェノール樹脂を採用しています。

 

まとめ 全ての熱源OKがGOOD!

全ての熱源に対応しているのは、中々ポイントが高いです。

 

デザイン性も優れていますが、それと同時に万能性があるケトル。それが「V60ドリップケトル・フィット」なんです。「一人暮らしで、部屋の隅っこでコーヒーをドリップしたいけど、その雰囲気に合うケトルを探している」という方には良さそうですよね。

 

ハリオ製は間違いないので、安心して購入することができます。

 

値段もリーズナブルでコストパフォーマンスが高いのがハリオの良いところ。欲しい方は是非チェックしてみてくださいね。それではこの辺で。

おしまい。