雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

VEJRHØJとは?腕時計ヴェアホイの店舗情報まとめ

こんにちは。『ざっきぶろぐ』です。

 

突然ですが、皆さんはVEJRHØJという腕時計を知っていますか?

 

難しい英語表記ですが、日本語ではヴェアホイと呼びます。この腕時計、2017年に「Brand New Nordic 2017」という名誉ある賞を受賞している腕時計なんです。

 

海外の腕時計をお探しの方、天然素材の自分好みのモデルをお探しの方は必見です。今回の記事ではVEJRHØJ(ヴェアホイ)とは一体どんなメーカーなのか、また国内の店舗情報をご紹介します。

 

f:id:zakkiblog:20200310055401j:plain

VEJRHØJ OFFICIAL SITE 参照

VEJRHØJ(ヴェアホイ)とは?

VEJRHØJ(ヴェアホイ)は、2013年にデンマークで生まれた腕時計ブランドです。制作したのは若手起業家ヤーヌス・オールップさん。大学院でデンマークのデザインの台頭について論文を執筆していた時に誕生しました。

 

このヤーヌスさんについて調べてみると、YouTubeで公式動画が挙げられていました。気になった方はご覧ください。日本語が意外と上手ですね。(笑)

 

 

その後、2014年の夏にはデンマークデザイン界の巨匠とも呼ばれているボー・ボンフィス氏とのコラボを実現させます。そして2015年にはクラウドファンディングで資金を集めて、さらに新しい腕時計を作ります。

 

徐々に人気となり2017年には、先程も紹介した「Brand New Nordic 2017」という賞を受賞します。この大会は、革新的な北欧デザインブランドが集結することで知られていて、VEJRHØJ(ヴェアホイ)認知のきっかけとなったイベントなんです。

VEJRHØJの腕時計情報

f:id:zakkiblog:20200310061732j:plain

VEJRHØJ OFFICIAL SITE 参照

 

購入したい方のために、この腕時計の情報を幾つかまとめますね。このメーカーの特徴は木とスチールを融合させたデザインにあります。今徐々に流行りつつある木製腕時計ですが、そこにステンレスを組み合わせることで、さらに革新的なデザインになります。

 

私も色々と海外の腕時計は調べているのですが、木製の腕時計は結構あるんですよね。でも、そこにステンレスを組み合わせて木の温もりと最新のガジェット感を生み出しているモデルはそう多くはないと思います。

 

日本でも何かのきっかけで流行るだろうな、と感じさせてくれるデザインです。詳しい情報・注文方法は、天然素材と北欧デザインが時を刻む【VEJRHOJ】の公式サイトから確認してみて下さい。

ヴェアホイの店舗情報

では、次にヴェアホイの店舗情報についてご説明します。現在、北欧を中心とする世界中に店舗がある状況です。国内では東京に2店舗があります。しかし、購入できる場合とできない場合があるので以下にまとめますね。

代官山 芦屋書店

f:id:zakkiblog:20200310062002j:plain

Daikanyama Tsuya Books

場所:Daikanyama Tsuya Books 代官山 芦屋書店
住所:150-0033 渋谷区猿楽町17-5
電話:03-3770-2525
公式サイト:代官山 T-SITE

 

日本でVEJRHØJ(ヴェアホイ)が買える唯一の場所です。(中古ショップ、オンラインストアを除く)大型複合施設で蔦屋書店やスターバックスなどが入っています。

 

公式サイトを見てみると、どうやらヴェアホイ専用の店舗があるわけではないようです。それで、実際に行ってみてどこに売っているのかを調べてみる必要がありそうです。

伊勢丹新宿店本館

さて、もう1つの店舗はこちら。伊勢丹新宿店本館です。下の情報でも書かれている通り、ここは展示のみです。それで、購入するには代官山 芦屋書店に行くか、VEJRHØJ(ヴェアホイ)の公式サイトから注文するようにして下さい。

場所:ISETAN 伊勢丹新宿店本館
住所:160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
電話:03-3352-1111
公式サイト:伊勢丹 新宿店

展示のみ。販売はしておりません。

 

まとめ

f:id:zakkiblog:20200310063801j:plain

VEJRHØJ OFFICIAL SITE 参照

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事では、『VEJRHØJとは?腕時計ヴェアホイの店舗情報まとめ』という内容でヴェアホイの腕時計をご紹介しました。

 

デンマークのお洒落なデザインが日本でも受け入れられつつあるのが頷けます。それもそのはず、木製とステンレスを融合したこのデザインは間違いなくガジェット好きには堪らないデザインです。

 

気になった方は参考にしてください。それでは今回の記事はここまでになります。最後までお読みいただきありがとうございました。当サイト『雑記ブログ卒業』は他の海外製腕時計の情報も紹介していますので良ければご覧ください。

 

 

他の腕時計に関する記事

「木製時計」WOODSTONE Watchesとは?世界に一つだけの腕時計!

天然木の腕時計「MAM Originals」とは?特徴とラインナップ紹介

当サイトの腕時計の記事をすべて見る

海外の腕時計情報記事一覧