雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

ビタントニオのコーヒーメーカーVCD-200の特徴

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

ビタントニオが2017年10月の上旬に新しいコーヒーメーカーを発売するそうです。

ミル内蔵の全自動コーヒーメーカーで4杯抽出できます。

個人的にはビタントニオというメーカーを知らなかったのですが、調べてみるとすごくコンセプトがしっかりしているメーカーだなと感じました。

今回はそんなビタントニオのコーヒーメーカーVCD-200についての詳しい情報をまとめてみます。

ビタントニオとは

まずはビタントニオというメーカーについて少しだけ。

この会社は1999年に日本の調理家電メーカーとして生まれた会社でキッチングッズを専門に作っています。

シンプルで使いやすく長く愛せるものを作ることがコンセプトだそうです。

すごく良いコンセプトですよね。

VCD-200コーヒーメーカーの特徴

そんなビタントニオのコーヒーメーカーは香り高い味わいのコーヒーを抽出するのに最高の機種です。

特徴は幾つかあります。

まず1つ目はミル内蔵の全自動であること。

コーヒー豆と水をセットしスイッチを押すだけで簡単にコーヒーが出来上がります。

またステンレスフィルターを使用しているので経済的で、豆の成分を存分に抽出できるんです。

しかも、ステンレスサーバーを使用しているので、保温もばっちりです。

2つ目の特徴はコーヒーミル

豆の挽き具合を2段階で調整できます。

全自動コーヒーメーカーという名ばかりの機種ではないんですね。

ちゃんとコーヒー豆の粗さまで調節できるのは大きい特徴だと感じます。

水タンクは着脱でき、4杯分を約5分で抽出できます。

スペック

スペックをまとめてみます。

こう見ると結構シンプルな作りです。

サイズ 約W178×D305×H288mm

重量 約2.6kg

付属品 計量スプーン

カラー アイボリー、ブラウン

気になる価格は・・・

やっぱりこう見ると気になるのが値段ですよね。

調べてみると相場は13000円くらいでした。

個人的には10000円以下で買えるとお得だと感じます。

少し高いかな~という印象がありますが、丁寧に仕上げるビタントニオのコーヒーメーカーなのでしょうがない部分もあるかも。

ただビタントニオのコンセプトが長く愛される商品を作ることなので、一度購入すれば長期間ずっと何年も使えると思いますよ。

コーヒーメーカーってそんなに毎回たくさん買わないと思うんです。

僕も数年に一回買い替えるぐらいですしね。

それだったら、新しい機種が良いに決まっています。

これからの数年をビタントニオのコーヒーメーカーで一緒に過ごすのも良いかもしれませんね。どんな部屋にも馴染むデザインなのでおすすめです。

それでは。