雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

『チャーハン専用しゃもじ』人気まとめ‼

こんにちは。『ざっきぶろぐ』です。

 

皆さんは「チャーハン(炒飯)の専用しゃもじ」が販売されているのを知っていますか?

 

f:id:zakkiblog:20200314031313j:plain

 

普通のしゃもじと同じじゃん!!と思うかもしれませんが、実は違うんです。フライパンを傷つけない素材を使っていたり、ご飯がパラパラになるように設計されていたりなど、色々工夫が施されているんですよ。

 

今回の記事では、Amazonや楽天市場など通販サイトで購入できる「チャーハン専用しゃもじ」をご紹介します。気になった方はチェックしてみて下さい。

1.アルティス ホームシェフ

f:id:zakkiblog:20200314054021j:plain

楽天市場公式サイト参照

 

最初に紹介するのはアルティス ホームシェフです。このホームシェフというブランドは、チャーハンしゃもじの他にもお玉やトング、パスタフォークなども販売しています。

 

原色のカラーが特徴的でお洒落なので、色々な種類をまとめ買いしてみるのも良さそうです。中でもチャーハンしゃもじはナイロン製で出来ていて210度までOKな耐熱性です。

 

イエロー・レッド・ブラック・オレンジの4種類があります。食洗器にも対応していますし、平たい表面なのでご飯粒をサッとはがすことができます。

2.曙産業 マジックチャーハンヘラ BL-792

f:id:zakkiblog:20200314055411j:plain

楽天市場公式サイト参照

 

2つ目に紹介するのは、曙産業のマジックチャーハンヘラBL-792です。この株式会社曙産業というメーカーは新潟県燕市に本社のあるブランドで、プラスチック製品などのキッチン用品を扱う会社です。

 

そんなマジックチャーハンヘラはご飯がべたつきません。どんなに混ぜてもご飯がパラパラになるので、その名の通りまさにマジックチャーハンヘラなんです。秘密はくっつきにくいように、表面がダブルエンボス加工が施してあること。

 

-20℃から200℃まで使用することができ、値段もワンコイン(500円)以下で購入できるコスパの良さから人気の商品になっています。

 

ちなみに曙産業はマジックチャーハンヘラの他にも、自立型しゃもじやおひつしゃもじ、寿司型しゃもじなども販売しています。

3.パール金属

f:id:zakkiblog:20200314060359j:plain

Amazon公式サイト参照

 

3つ目に紹介するのはパール金属株式会社のチャーハンしゃもじです。パール金属は曙工業と同様、新潟県に本社があります。

 

キッチン・リビング用品など幅広く手掛けている企業で、有名なブランドだとアウトドアの「CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)」も元会社はこのパール金属なんです。

 

そんなメーカーのチャーハンしゃもじは、Wエンボス加工を使用しご飯がこびりつきにくい構造になっています。

 

また、形状的にすくいやすいように設計されているので、チャーハンを炒める時から盛り付け時まで全てこの1本で出来ちゃいます。安心の日本製で食器洗い機もOKです。木製タイプも販売しています。

4.マーナ(MARNA)oicia 計量炒めヘラ K591

f:id:zakkiblog:20200314061454j:plain

Amazon公式サイト参照

 

最後に紹介するのはマーナ(MARNA)の計量炒めヘラです。マーナ(MARNA)は1872年に創業を開始した日本の会社で、現在は本社が東京に、大阪や福岡に営業所があり、米国にも事業所のある生活雑貨メーカーになります。

 

そんなマーナが販売しているブランドoiciaの計量炒めヘラですが、他とは少し異なっています。それは小さじと大さじのメモリが付いていること。まさに名前の通り計量炒めヘラなんです。

 

右利き用に設計されていてフライパンで炒めやすいように作られています。材質はナイロン製で食器洗浄機もOK。耐熱温度は200℃まで可能ですし、値段も1,000円以内で購入できます。

 

チャーハンを炒めるだけでなく、調味料を入れる分量まで計れてこれ1本で料理ができる超便利グッズです。ちなみにカラーはブラックとイエロー(オレンジに近い)の2色があります。

まとめ

f:id:zakkiblog:20200314031248j:plain

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事では『チャーハン(炒飯)専用しゃもじ』を幾つかまとめてみました。ご飯粒がこびりつかないようにWエンボス加工が施してあったり、独自の凸凹の表面により、炒飯がくっつかない工夫もなされていましたね。

 

また、各メーカーによって掬いやすいような設計になっていたり、調味料をはかる計量スプーンと合体した商品まで販売されていました。1本1,000円以下で購入できるので長い目で見ればかなりお得だと思います。

 

それでは今回の記事はここまでになります。最後までお読みいただきありがとうございました。当サイト『雑記ブログ卒業』では、キッチン用品に関する他の記事も書いていますので良ければご覧ください。