雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

おすすめの爪切りを紹介「貝印・匠の技」

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

f:id:zakkiblog:20190426202505j:plain

いい爪切りは切れ味が違います。

 

皆さんは、自分専用の爪切り(つめきり)を持っていますか?意外と安い爪切りを使っている人も多いはず。私も以前はそうでした。でも2年前に、いい爪切りを買ってからその使いやすさに感動したんですね。

 

安いモデルと違い「パチンッ」と切れるので、爪を切るのが楽しくなりました。

 

という訳で今回の記事では、まず爪切りを買うポイントを紹介、その後に、おすすめの爪切りを厳選して紹介します。全てAmazon、楽天で購入できるので、是非チェックしてみてください。

 

 

爪切りを買う時のポイント「種類を見極める」

爪切りには幾つかの種類があります。

 

一般的なテコ型(グリップ型)爪切り、ニッパー型爪切り、ハサミ型爪切りです。テコ型は一番オーソドックスな爪切りとして知られ、テコの力を使って爪を切ります。カバーのあるモデルが多いので切った爪の処理も楽です。

 

ニッパー型爪切りは、テコ型よりも軽い力で爪を切ることができます。主に医療や美容で用いられるため一般的にはマイナーな製品かもしれません。

 

普通の爪切りを探しているなら、オーソドックスなテコ型爪切りがおすすめです。この記事でこれから紹介するのは、全てテコ型の爪切りです。

 

サイズの確認も忘れずに

爪切りを買って後悔した口コミの多くは、「サイズが小さかった」というもの。思っていたより爪切りが小さくて切るのに時間が掛かった、というレビューも多くあります。

 

Amazonで確認すると分かりますが、買う時に「Sサイズ」「Lサイズ」と大きさを選べるブランドがあります。手足の小さい人、大きい人は、間違えないように確認してから買うようにしてください。

 

コンビニやホームセンターでは、サイズを選ぶことができません。ネットで買うとサイズやレビューをチェックして買えるのでおすすめです。

 

貝印の爪切りは100年以上の歴史

f:id:zakkiblog:20190426204154j:plain

貝印公式サイト参照

 

最初に紹介するのは、カミソリ、包丁、ハサミ等刃物製品を世に送りだしてきた「貝印」。100年以上歴史を持つ故に、刃物の切れ味は折り紙付き。

 

このKAIグループ(貝印ブランドを含む日本の大手企業)は岐阜県からスタートし、今では東京に本社を構える有名メーカーです。爪切り以外にも髭剃りやハサミなど、切れ味に定評があるメーカーとして知られているんですよね。

 

貝印公式サイト

 

100円の安い爪切りだと挟んだ時に刃が少しずれる事があります。2回カチカチとなる現象の事です。これを「二段打ち」と言い、爪切りの世界ではなるべく避けたい不具合なんだそう。

 

貝印は、職人の手で微調整を行っているので、刃の切れ味に関しては、信頼できます。Amazonのベストセラーにも選ばれたこともあり、安定して売れている製品です。

 

似ているモデルが多いですが、爪切りの裏面やパッケージに「KAI」の文字がある製品はKAIグループのモデルです。

 

貝印のブランド「匠創」

f:id:zakkiblog:20190426205156j:plain

2年以上使っても全く壊れません。

 

ちなみに私が使用しているのも貝印です。「匠創」という文字が刻まれていますが、裏側には「KAI」の文字が書かれています。かれこれ2年ほど使用していますが、全く壊れる心配はなく、今も「パチンパチン」と切れます。

 

壊れたり不具合が起きたりする気配がないので、買って本当に良かったです。1000円ぐらいですが、一生使うことを考えると安いと思います。サイドには爪やすりが付いていますが、使っていません。

 

 

GREEN BELL(グリーンベル)匠の技

f:id:zakkiblog:20190426210151j:plain

GREEN BELL 公式サイト参照

 

もう一つご紹介します。GREEN BELL(グリーンベル)は大阪に本社を置く企業で、貝印と同じく、刃物を中心に製品を取り扱う会社です。そんな GREEN BELL ですが、爪切りの中の有名なブランドがあります。

 

それが「匠の技」です。ステンレス製高級爪切りとして、ネット以外にもホームセンターやコンビニでも売っている有名なシリーズですよね。

 

刃はステンレス刃物鋼を使用し、高硬度焼入れと二度刃付け技術により耐久性と鋭利性に優れています。また指をかけるテコ部分は亜鉛ダイカスト製法で肉厚になっているため、加えた力が確実に伝わり硬い爪も無理なくカットできます。

GREEN BELL 公式サイト参照

 

重みがあり切った時の「パチッ」という音が中々高級感があると人気です。「匠の技」を扱う GREEN BELL は「貝印」と並ぶ爪切りの2台ブランドです。それ程、安心して購入できます。

 

 

まとめ

f:id:zakkiblog:20190426212550j:plain

 

いかがだったでしょうか?

今回は爪切りを買う時のポイントと、おすすめの爪切りをご紹介しました。

 

「たかが爪切り」と考えがちですが、一生使うものですから、後悔したくないですよね。妥協するのではなく、自分の満足できる爪切りを買いたいところ。

 

KAIグループの「貝印」、GREEN BELL の「匠の技」はどちらも信頼できるメーカーで、安定して人気のあるモデルです。悩んでいる方は是非チェックしてみてください。それでは。