雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

ラドンナ「Toffyシリーズ」のコーヒーメーカーまとめ

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

 

皆さんは、ラドンナ(LADONNA)というメーカーをご存じですか?

 

「暮らしの中に夢と安らぎを提供する」というコンセプトの下、販売を続ける日本のメーカーです。今、このラドンナのコーヒーメーカーが注目されています。

 

今回の記事では、ラドンナが提供するコーヒーメーカーの特徴を順番にご紹介します。発売日と価格も載せておきますので、気になった方は是非チェックしてみて下さいね。

 

f:id:zakkiblog:20190823201305j:plain

 

 

ラドンナとは何?

まず初めにラドンナとは何かについて。この株式会社ラドンナは創業日が1932年8月(設立は1951年4月)に東京に本社を構える会社です。

 

「商品の企画・販売を通じて、暮らしの中に“夢とやすらぎ”を提供する。」を企業理念とし、主にキッチン雑貨などを扱うメーカーです。

 

そんなラドンナ(LADONNA)が発売するコーヒーメーカーのブランドが「Toffy」というモデルです。2019年8月現在は6種類のモデルが発売されています。

 

4カップコーヒーメーカー(K-CM1)

f:id:zakkiblog:20190823200643j:plain

K-CM1:ラドンナ公式サイト参照

 

K-CM1

発売日 2016年11月29日

容量 650ml

サイズ 約195(W)×255(H)×140(D)mm

価格 ¥4,000

 

 

1度に4杯分のコーヒーを淹れられるコーヒーメーカーです。ラドンナの一番定番のモデルになります。メッシュフィルターを採用しているので、何度も再使用できます。抽出40分後、自動で電源がオフになります。オートオフ機能と保温プレート付きのシンプルな構造です。

 

全自動ミル付コーヒーメーカー(K-CM2)

f:id:zakkiblog:20190823201413j:plain

K-CM2:ラドンナ公式サイト参照

 

K-CM2

発売日 2016年11月29日

容量 220ml

サイズ 約133(W)×238(H)×170(D)mm

価格 ¥8,000

 

 

コーヒー豆と水を入れてスタートするだけで抽出できる、全自動ミル付きコーヒーメーカーです。豆から淹れることも出来ますし、通常通りコーヒー粉からドリップすることも出来ます。ステンレスメッシュフィルターを採用、豆を挽く際も静音設計になっています。 

 

全自動ミル付4カップコーヒーメーカー(K-CM4-RB)

f:id:zakkiblog:20190823202301j:plain

K-CM4:ラドンナ公式サイト参照

 

K-CM4-RB

発売日 2018年10月18日

容量 620ml

サイズ 約160(W)×335(H)×285(D)mm

価格 ¥16,880

 

 

1~4杯分抽出できるコーヒーメーカー。全自動なので、コーヒー豆からも粉からも抽出できます。使い方は、給水タンクに水を入れて豆か粉かを決めます。その後、杯数を押しスタートボタンを押します。内部自動洗浄機能付き、30分の保温機能付き、挽きの粗さは4段階で調節できます。

 

アロマドリップコーヒーメーカー(K-CM5)

f:id:zakkiblog:20190823203059j:plain

K-CM5:ラドンナ公式サイト参照

 

K-CM5

発売日 2019年1月25日

容量 650ml

サイズ 約160(W)×275(H)×200(D)mm

価格 ¥6,380

 

 

ハンドドリップで淹れるような「蒸らし機能」が追加されたコーヒーメーカー。今まで定番モデルだった「K-CM1」に蒸らす機能がプラスされたモデルです。よりコーヒーのアロマをじっくり楽しめます。

 

機能としては、一度に5杯分のコーヒーを抽出でき、メッシュフィルター、保温プレート、30分で電源が切れるオートオフ機能などがあります。蒸らし機能の「間欠抽出」は、マイルド・ミディアム・ストロングの3種類から選べます。

 

カスタムドリップコーヒーメーカー(K-CM6)

f:id:zakkiblog:20190823203907j:plain

K-CM6:ラドンナ公式サイト参照

 

K-CM6

発売日 2019年春

容量 1,000ml

サイズ 約248(W)×430(H)×150(D)mm

価格 ¥25,880

 

 

ハンドドリップの味にこだわったプレミアムなモデルが2019年春に発売されました。渦巻き状に弧を描きながら抽出される今注目の抽出方法を採用しています。

 

水を入れて水温、水量の比率を設定し、ドリップを開始。抽出方法を自分の好みにカスタマイズできる優れものです。もちろん「MANUAL」から「AUTO」に変更すれば、自動で抽出してくれます。

 

他にも抽出開始時間を決められるタイマー機能、自動洗浄してくれるクリーニングモード、お湯を沸かす機能だけを使用する際はケトルモードも付いています。

 

全自動ミル付アロマコーヒーメーカー(K-CM7)

f:id:zakkiblog:20190823205106j:plain

K-CM7:ラドンナ公式サイト参照


K-CM7

発売日 2019年5月

容量 200ml

サイズ 約132(W)×234(H)×168(D)mm

価格 ¥7,880

 

 

ミル付きのコーヒーメーカーです。K-CM2 の「蒸らし機能」が付いたバージョンになります。豆と水を入れてスタートボタンを押すだけで美味しいコーヒーを抽出できます。もちろん粉からのドリップも可能です。

 

他の機能は、ステンレスメッシュフィルター、蒸らし機能、ミルの静音設計、コーヒーがこぼれない「垂れ防止設計」などがあります。注目は容量が200mlと少なめなところ。1杯分しか抽出できないので、1人でプレミアムな時間を過ごしたい人向けです。

 

まとめ

f:id:zakkiblog:20190823205954j:plain

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は、ラドンナ(LADONNA)のコーヒーメーカー「Toffy シリーズ」のモデルをご紹介しました。定番ベーシックモデルから、ミル付きのモデル、蒸らし機能が付いたモデルから、弧を描きながらドリップするタイプなど色々な種類があります。

 

比較的リーズナブルな価格でお洒落なコーヒーメーカーが手に入ります。ぜひ皆さんもお気に入りの1台を探してみて下さい。それでは。