雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

タイガー『ADC-A060』コーヒーメーカーの情報総まとめ

こんにちは。『ざっきぶろぐ』です。

 

皆さんはタイガーのコーヒーメーカーADC-A060という機種を知っていますか。価格が5,000円~6,000円程度で購入でき、尚且つシンプルな形をしているコーヒーメーカーです。

 

一見、どこにでもあるモデルだと思われがちなのですが、調べてみると人気の秘密が見えてきました。

 

今回の記事では、そんなADC-A060の詳しい特徴やスペック情報、ADC-N060との違い、評判や口コミなどをまとめています。以下の目次から気になる項目を読んでみて下さい。*1

f:id:zakkiblog:20200323030636j:plain

www.tiger.jp

タイガー『ADC-A060』とは?

ADC-A060とは、タイガー魔法瓶株式会社が2018年11月21日に発売したコーヒーメーカーです。当初2018年9月に発売を予定していましたが、中国の豪雨の影響もあり発売は延期。発売日を修正し、販売を開始することになりました。

 

しかし、いざ蓋を開けてみるとその人気はとても高く、現在でも価格.comのコーヒーメーカー注目ランキングで上位にランクインするなど、高評価を維持している製品なんです。(2020年3月時点)

 

このコーヒーメーカーを一言で表すと、『ちょっとこだわったコスパ抜群モデル』といった感じです。では一体どこにこだわりがあるのか。順番に解説していきます。

特徴1.テイストマイスター機能

f:id:zakkiblog:20200323052653j:plain

www.tiger.jp

 

特徴1つ目は、テイストマイスターという2段階濃度調節機能を搭載している点です。ドリッパー部分をスライドさせて取り外せます。この上部分(写真では黒いプラスチック部分です)の裏表を変えることで、抽出時の濃さを調節できるんです。

 

マイルドの場合、4つの穴からドリップを行いあっさりした味になります。ストロングの場合は、6つの穴からお湯が注がれて濃いコーヒーに仕上がります。

 

ドリッパーに粉をセットする時に、テイストマイスターを裏表どちらかに置くことで、簡単に濃さを調節できるという訳です。朝はあっさりマイルド、お昼は濃厚ストロングと、時間によって使い分けるのも良さそうですね。

特徴2.丸洗いできるドリッパー

f:id:zakkiblog:20200323053141j:plain

Amazon 公式サイト参照

 

特徴2つ目は、ドリッパー部分の構造にあります。通常のドリッパーは珈琲を抽出した後、ペーパーフィルターだけを取り外します。でもADC-A060の場合は違います。ドリッパー部分を丸ごと洗えちゃうんです。

 

前面のパネルとフィルターケースが一体になっているのでお手入れが本当に楽と評判なんですよね。上の写真だと、”TIGER”と書かれているマークの部分を手前に引っ張ると簡単に取り外せます。

特徴3.マグカップに直接ドリップ

f:id:zakkiblog:20200323054229j:plain

www.tiger.jp

 

3つ目の特徴は、サーバー部分にあります。非常に珍しいと思うのですが、マグカップに直接注ぐことが出来るんです。私自身、色々なコーヒーメーカーを見てきましたがこうしたモデルは珍しいと思います。

 

なぜなら一般的にコーヒーメーカーはドリッパーとサーバー部分に”しずく漏れ防止機能”が付いているからです。この機能のおかげでポタポタ雫が落ちるのを防げるのですが、それをあえて排除して垂れ流しにしているのがこのADC-A060なんです。(笑)

 

なのでサーバーはステンレス製ですが真空2重構造ではありません。しずく漏れ防止機能も付いていません。ただ、その分マグカップに直接注げるので割り切っていて良いと思います。

その他の特徴とスペック情報

f:id:zakkiblog:20200323060222j:plain

Amazon 公式サイト参照

 

その他にも色々な特徴があります。珈琲粉を膨らませて抽出できる深リブフィルターを採用していたり、背面上部にある給水タンクは取り外しができるなどです。こうやって考えてみると値段の割にかなりのこだわりが見られる製品だなと感じます。

 

とりわけ、給水タンクが背後にあるモデルで、取り外しができるのはとてもおすすめです。タンクをそのまま洗面台に持っていきお水を入れてセットできるので便利なんですよね。サイズや重さ、スペック情報を表にしてみました。

 

 
タイガー魔法瓶 ADC-A060 製品スペック
品名 コーヒーメーカー
品番 ADC-A060
発売日 2018年11月21日
消費電力 550W
サイズ 15.4×27.2×30.1㎝
本体質量 1.9㎏
満水容量 0.81L(1~6杯)
カラー サックスブルー(AS)
ダークブラウン(TD)
販売平均価格 5,500円(2020年3月)
メーカー タイガー魔法瓶株式会社
 

 

価格は発売当初こそ6,000円程でしたが、少し値下がりし2020年3月時点では、5,000~6,000円程度で購入できます。また値上がりしているようなので、これ以上下がることはないと思います。できれば5,000円以下で購入できると良いですよね。

『ADC-A060』と『ADC-N060』の違い

f:id:zakkiblog:20200323060112j:plain

www.tiger.jp

 

さて、よく間違われるのが『ADC-N060』です。これもタイガーが販売しているのですが見た目がそっくりなんですよね。(上の画像がADC-N060)いったい何が違うのでしょうか。

 

ADC-N060はまずカラーと発売時期が違います。ブラックの限定商品です。つまり、いつまでも販売されることはなく、一定の期間だけの販売になっています。ですので市場ではあまり出回っておらず店頭で購入するのは少し難しいかもしれません。

 

カラーがブラックである、そして限定商品であること、この他にも違いがあります。それは、テイストマイスターが付いていないという点です。これが一番の違いになりますね。テイストマイスターについては冒頭で解説した通りです。

口コミと評判(レビュー)

f:id:zakkiblog:20200323063435j:plain

楽天市場公式サイト参照

 

最後にADC-A060の評判をまとめてみます。価格.comのコーヒーメーカー注目ランキングで上位に表示されているので、お分かりかと思いますがずばり評価は高めです。

 

でも星5つの満点というよりも、あまり口コミ数は少なく星4程度が多い、という印象を受けました。いくつか気になったレビューをご紹介します。

ステンレスサーバーと保温プレート

f:id:zakkiblog:20200323063450j:plain

Amazon 公式サイト参照

 

5杯,6杯分と淹れますがある程度の量になるまで、注ぐとぼたぼたとこぼれます。

 

以前に使っていたものがメリタの保温ポットのもので、パッキンの不具合で多量に漏れてきたためこちらに買い換えました。

 

でも、こちらもさほど変わらずに漏れ、私の仕事は減りませんでした。なおかつ保温のためにポットの下は鉄板のヒーターがあるために高温です。

Amazonレビュー参照

 

やはりステンレスサーバーが保温性ではないという部分に対してのレビューは多いです。一般的に保温プレートが付いているモデルはガラスサーバーが多く、保温プレートがないモデルは真空ステンレスサーバーを使用しているモデルが多いですよね。

 

でもこのADC-A060はステンレスサーバーなのですが保温プレートが付いています。それならガラスサーバーでも良かったのでは?と感じてしまいます。と思い調べていると、結局ガラスサーバータイプも販売していました。

 

 

それが上のADC-B060です。『ADC-A060』と『ADC-B060』の違いについては、カバコッティさんという方の記事が参考になります。(以下の記事)

wtnotes0201.com

お洒落なデザインに満足

f:id:zakkiblog:20200323063642j:plain

楽天市場公式サイト参照

 

自分の部屋のデスク横で淹れながら飲めるコーヒーメーカーを探しました。カップに直接落とせる物は他にもあったけど、レビューを見るとどれもイマイチな感じで…。

 

でも、こちらはタイガー製でシャワードリップとストロング、マイルドで選ぶことが出来るので決めました。ちゃんとしたコーヒーメーカーの造りですが四角でコンパクト!デスク横にピタッと収まりました。

 

百均で水差しを買って水を入れておいて、お茶セットも棚に配置して、ちょっとしたコーヒータイムを楽しんでいます。

 

お手頃価格で味も、扱い方も不満はありません。大きめのマグカップをセット出来てたっぷり飲めます。他にも百均でミニごみ箱や水切り用のミニカゴなども揃えカフェコーナーを満喫しています。

 

これからの季節、氷もプラカップに入れて持って来てアイスコーヒーも楽しんでおります。パーツを全部外せるので、洗うことが出来て衛生的です。

Amazonレビュー参照

 

ADC-A060のメリットは価格の安さとコスパの良いデザイン面、そして手入れのしやすさにあります。値段が安い割に使いやすいこだわりのある設計なので、満足できる製品なんです。

 

給水タンクは上から取り外しできます。ドリッパーの取り外しも前面からです。ですので本体のサイドに物を置いても支障がないんですね。これは画期的なデザインだと思います。中々タイガー考えましたね。(笑)

まとめ

f:id:zakkiblog:20200323064224j:plain

www.tiger.jp

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事では、タイガー魔法瓶株式会社が2018年11月21日に販売を開始したコーヒーメーカー『ADC-A060』の詳しい情報について解説してきました。

 

数年前のモデルながらいまだに人気を維持しているのは理由があります。それは「コスパ抜群ながらちょっとこだわったモデル」だからです。

 

給水タンクの配置といい、ドリッパーの洗いやすさといい、使いやすいように設計されています。しかもマグカップに直接注げて、真空ステンレスサーバーを放棄したという潔さも割り切っていて良いと思います。

 

悩んでいる人がいたら参考にして頂けると嬉しいです。それでは今回の記事はここまで。最後までお読みいただきありがとうございました。ADC-A060は以下からチェックできます。

ダークブラウン

 

サックスブルー

*1:この記事の画像出典

ADC-A060 | タイガー魔法瓶