雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

トースト・コーヒー・目玉焼きが作れるブレックファーストメーカー

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

ブレックファーストメーカーという新しい発想のコーヒーメーカーが話題になっているようです。それもそのはず、このモデルただのコーヒーメーカーではありません。なぜならコーヒーメーカー + トースター、目玉焼きの3つが付いているからです。

3台を一つに合体させた家電と言えます。個人的には目玉焼きはよく考えたな、と思いますね。目玉焼きとトーストとコーヒーって朝に最高の組み合わせですから。というわけでこの記事ではブレックファーストメーカーの特徴についてまとめてみます。

ただ組み合わせただけじゃない

このモデルのすごいところは、ただ3つを組み合わせただけではないところ。特に目玉焼きの部分は良くできていますよ。簡単に言うと、オーブントースターの熱を利用して目玉焼きを作るのです。

家電はどうしても熱を帯びます。こればかりは仕方ありません。でも家電と家電を組み合わせれば、その熱を再活用できるというわけ。オーブントースターは500Wで全体のサイズは幅41cm×奥行23cm×高さ25cmです。

コーヒーメーカーとしての機能もばっちり

しかもこのブレックファーストメーカーはコーヒーメーカーとしての機能もばっちりです。3台が一つになると、一台一台の機能が疎かになりがちですけど、このモデルはそんなことはありません。

トースターとしての役割を十分に果たしながら、尚且つ目玉焼きも作れる、しかもコーヒーメーカーとしての性能も十分です。480mlで4杯分のコーヒーを淹れることができます。一つ評判をまとめてみます。

パンの焼き時間は3分と書いてますが私みたいに焼き目をがっつりつけたい方は5分の方がいいかと。珈琲も美味しく入れられ重宝しそうです。 目玉焼きはまだ焼いたことありませんが今後機会あれば作りたいと思います。目玉焼きのプレートは外せて洗えるのもいいですね。
説明書にも書いてますが、目玉焼きを焼く際は油など引かないように注意が必要です。 いろいろ書きましたが独り暮らしにはとてもいい代物です。これから独り暮らしする人にお薦めです。

まとめ 朝には良いけど…

このブレックファーストメーカーの良いところは朝食にピッタリのセットを簡単に作れるということ。つまり裏を返せば朝以外では役に立たないことが多いです。ここが難しいところ。トーストを食べるのはやっぱり朝ですからね。

できれば昼や夜も食べれるように、何かうまく考えてほしいです。でも、目玉焼きを上に載せたトーストを食べながらコーヒーを飲めるのは最高ですよね。デザイン的にはとてもお洒落なので評判も高いのでこれから人気になっていくかな、と感じます。

もし悩んでいる方がいれば参考にしてみて下さい。