雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

T-falのコーヒーメーカーの評価や使い方は?スビトって?

こんにちは。『ざっきぶろぐ』です。

 

皆さんはT-fal(ティファール)のコーヒーメーカーを知っていますか。T-falと聞くと電気ケトルをイメージする人も多いと思いますが、実はコーヒーメーカーも販売しているんです。

 

2020年3月現在は『スビト ソリッドブラック』『スビト メタリックルビーレッド』『スビト メタリックノワール』の3機種が販売されています。

 

ところで、スビトって何でしょうね?今回の記事では、そんなT-fal(ティファール)のコーヒーメーカーの特徴やスペック情報、評判に使い方までたっぷり解説していきます。

f:id:zakkiblog:20200323115630j:plain

www.t-fal.co.jp

T-falのコーヒーメーカーの特徴

まずは『T-fal』についてです。日本語ではティファールと呼びますが、会社名ではなくブランド名です。正式には株式会社グループセブ ジャパンという会社で東京都港区南青山に本社があります。

 

これはあくまでも日本法人の会社で、おおもとの本社は「Groupe SEB(グループセブ)」、フランスの家電メーカーなんです。つまり、フランスの世界的メーカーの小型家電ブランドの1つを『T-fal(ティファール)』と呼びます。

 

電気ケトルのイメージが強いと思いますが、実はブランド名なんですね。なのでティファールのコーヒーメーカーやフライパンなども販売されています。

シリーズ『スビト』とは?

f:id:zakkiblog:20200323115433j:plain

Amazon 公式サイト参照

 

※この写真は「スビト」シリーズではなく、「アプレシア」シリーズのモデルです。

 

T-falは、これまでペーパーレスフィルター採用の「アプレシア」というモデルや、カフェポッド用の『ダイレクトサーブ』などを販売してきました。しかし、現在(2020年3月時点)ティファール公式サイトを見ると、1種類のモデルしか販売されていません。

 

その1種類のモデルこそが、2014年3月上旬に発売された『スビト』というシリーズなんです。5杯分のコーヒーを簡単に抽出できるモデルで、経済的なペーパーレスフィルターを採用したコーヒーメーカーです。

1.ペーパーレスフィルターを採用

f:id:zakkiblog:20200323120049j:plain

www.t-fal.co.jp

このペーパーレスフィルターは『スビト ソリッドブラック』『スビト メタリックルビーレッド』『スビト メタリックノワール』の3機種全てに搭載されています。(3種類の違いはカラーだけです。)

 

ペーパーレスフィルターは、言い換えるならメッシュフィルターのような感じです。細かいメッシュ状の繊維でできていて、美味しいコーヒーを抽出してくれます。使わない場合は通常のペーパーフィルターを使用することも可能です。

2.他と異なる5つ穴シャワー

f:id:zakkiblog:20200323133907j:plain

Amazon 公式サイト参照

 

特徴2つ目はドリップの抽出口です。世間ではメリタの1つ穴やカリタの3つ穴のモデルが有名ですが、ティファールのスビトは5つ穴シャワーを採用しています。これにより珈琲粉にまんべんなくお湯を注ぐことができバランスの良い味を抽出できるんです。

3.90℃の適温で抽出できる

f:id:zakkiblog:20200323140434j:plain

楽天市場公式サイト参照

 

特徴3つ目は温度が安定していること。90℃の適温で抽出できます。ぬる過ぎず熱すぎない。美味しいコーヒーをいつでも楽しめます。その他には、しずく漏れ防止機能、保温プレート、ガラスサーバーといった特徴があります。以下にスペックをまとめてみますね。

スペック情報
 
T-fal スビト コーヒーメーカーのスペック情報
品番 CM151GJP CM1538JP CM1518JP
カラー メタリックルビーレッド ソリッドブラック メタリックノワール
外形寸法 幅177mm×奥行187mm×高さ275mm
質量 約1.1kg
コードの長さ 1.5m
容量 0.6L(~約5杯分)
定格消費電力 600W
製品特徴 ■ペーパーレスフィルター(ペーパーフィルターも使用可能)
■まんべんなく抽出できる5つ穴シャワー
■ぬる過ぎず熱すぎない90℃で抽出
■取り外し可能なフィルターバスケット
■しずく漏れ防止キャップ付き
■保温プレート搭載
■耐熱性ガラスサーバーを採用
希望小売価格 7,150円 6,600円 6,600円
通販平均価格 5,000~6,000円 3,000円程度 3,000円程度
 

 

注目ポイントは値段です。CM151GJP(メタリックルビーレッド)だけ、少し高めに設定されています。それに伴い、現在販売されている製品もレッドだけ価格が高くなっています。それだけ人気があるのかもしれません。

T-falのコーヒーメーカーの評判・口コミ

さて、いくつか気になる口コミがあったので紹介しますね。2014年3月に発売された商品で今から6年も前の商品のためレビュー数も相当あります。ちなみにAmazonでは400件以上の口コミが投稿されており、評価は★4つといったところ。

味に関して

デザインは悪くないと思います。注ぎにくいとか、洗いにくいなどといったレビューもありますが私は全く気にならないです。問題は味。美味しいコーヒーが淹れられないのなら他が良くても無意味です。

 

とにかく早く抽出されます。これが問題だと思います。今までも安いコーヒーメーカーしか使用したことがありませんが、お気に入りの豆が薄くて風味が無い感じです。しかし、以下2点を試したらかなり解消されました。

 

1.スイッチを押してから、しばらくの間ポットを装着するのを待ち、粉を蒸らしてからポットを装着する。

2.ペーパーレスフィルターを使わず、紙フィルターを使用する。

 

メーカーに問い合わせたところ、紙フィルターを使用する場合、「ペーパーレスフィルターと重ねて使用してください」とのことでした。

 

また、コーヒーが若干ぬるい気がしていましたが、抽出後約3、4分ポットを温め続けていても味が落ちることはなく、熱いコーヒーを入れることができました。

Amazonレビュー参照

 

味に関して、高級なコーヒーメーカーの抽出を求めるのは酷かもしれません。あくまでも数千円で買える程度のモデルなんですね。抽出が速いのはメリットでもありますが、美味しい珈琲を淹れられていない証拠でもあります。

 

少し良いモデルになると「蒸らし機能」が搭載されていて抽出に時間が掛かる分、美味しいコーヒーができるのですが、このモデルにはその機能が付いていません。スビトのモデルに高級感のあるコーヒーの美味しさを求めるのは無理があるかもしれませんね。

お洒落なデザイン性はGOOD

f:id:zakkiblog:20200323162857j:plain

www.t-fal.co.jp

 

コーヒーメーカー何台も使ってきましたが、これは一番見た目がいいです。気に入ってます。

挽いた豆をフィルターの紙を使わず、使えるのですがその後洗うのにはバタバタ洗うのが面倒なので、ロシを使っています。毎日使う物ですから値段もですが、デザインが気に入った物だといいと思います。

Amazonレビュー参照

 

デザイン面に関しては高評価が多いです。特に価格の割高なCM151GJP(メタリックルビーレッド)は、フィルター部分が真っ赤なカラーになっていて、キッチンにおいても映える製品に仕上がっています。

使い方はとても簡単で誰でもOK

最後にこのコーヒーメーカーの使い方を解説します。使用方法は一般的なモデルと変わりません。最初にメモリ分の水を入れて珈琲粉をドリッパーにセットし、スイッチをONにするだけです。

 

豆知識としては、このコーヒーメーカーは蒸らし機能が付いていないので、こっそり自分で蒸らすという方法があります。(公式ではないですが)

 

やり方は、最初にガラスサーバーを置かずにスイッチをONにするだけです。サーバーを置かないと、しずく漏れ防止機能によりコーヒーの雫は落ちてきません。ある程度お湯が溜まったらガラスサーバーを本体にセットします。

 

つまり、蒸らし機能を手動でやるという訳です。少し強引なやり方ですが、気になった方は試してみて下さい。

 

他にも、美味しいコーヒーを淹れるためにはペーパーフィルターを使うのが良いとも言われています。ペーパーレスフィルターの上に紙のフィルターを重ね合わせて使うと、より深みのある味に仕上がるそうです。これも気になった方はやってみて下さいね。

まとめ

f:id:zakkiblog:20200323162928j:plain

www.t-fal.co.jp

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事では『T-falのコーヒーメーカーの評価や使い方は?スビトって?』と題し、特徴やスペック情報をまとめてきました。現在は数千円で購入できるので、コスパの良い商品だと思います。

 

でも、5杯分淹れられる+数千円で買えるコーヒーメーカーは他にもたくさんあります。どうしてもT-falが好きな方や、デザインに惹かれた方にはおすすめできますが、とりあえず飲めればよい、という程度なら他製品も調べてみるのが良いと思います。

 

それでは今回の記事はここまでになります。最後までお読みいただきありがとうございました。

CM151GJP(メタリックルビーレッド)

 

CM1538JP(ソリッドブラック)

 

CM1518JP(メタリックノワール)

 

同価格帯で5杯分の他モデルはこちら