雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

睡眠をとらないというギネス記録。最長何時間寝なかった?

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

皆さんは、睡眠をしっかり取っていますか?

 

睡眠不足になると、慢性疲労や肩こり、免疫力の低下等々、良い事がありません。しかしながら、睡眠をとらないでいつまで耐えられるのかを挑戦した無謀なチャレンジャーがいます。

 

今回はそんな断眠のギネス記録を作った男の熱き物語です。

 

f:id:zakkiblog:20191010054447j:plain

 

 

舞台はアメリカ、ランディー・ガードナーの雄姿

舞台はアメリカ合衆国のカリフォルニア州サンディエゴ。1964年、当時17歳の高校生だったランディー・ガードナーという青年が断眠記録に挑戦しました。

 

この挑戦には、スタンフォード大学の教授であるウィリアム・デメント氏が立ち会っており、信ぴょう性のある挑戦として報告されています。

 

ちなみにこのウィリアム・デメント氏ですが、アメリカの睡眠研究の第一人者として知られている教授です。そんな方が立ち会っている訳ですから、寝たふりは出来ませんね。(笑)

 

という訳でまだ睡眠研究が詳しく解明されていない1964年。このランディー青年の断眠の挑戦が始まったんです。

 

結果は、264時間12分断眠し続けました。

 

健康的に問題はなかった?

これが大樹立の記録であるのは誰が見ても明らかです。

 

日にちで換算すると、11日間と12分間、ずっと起きていたという事になります。一般人なら勝手に目を瞑ってしまいそうですけど、ここまで起きていると恐ろしく感じます。

 

ただ、11日間断眠するのは楽ではなかったようです。最初の数日間は眠気や怠さ、その後に妄想や幻覚が生じ、記憶障害にも陥ったそうです。

 

その後は元の生活に戻り身体面・精神面でも全く後遺症は無かったそうですが、幻覚、記憶障害などが生じている時点で健康面で非常に危ない状態であるのは確かです。

 

この記録でギネスに認定された訳ですが、実はその後も断眠の挑戦者が幾度となく現れています。

 

しかし、明らかに身体に異変が起きていることを危惧して、ギネスブックでは断眠記録を載せていません。やはり、睡眠を取らないと、極度の不眠症や慢性疲労、免疫力低下など健康に害を及ぼします。

 

実験動物ラットで試すと...

もしも動物が睡眠できない状態に陥ったらどうなるのでしょうか。ランディー青年が264時間(11日間)という断眠の大記録を樹立したその十数年後。

 

1980年代~90年代にかけて実験動物を用いて長時間断眠させる研究が行われました。この時に使われたのは、野生のドブネズミを改良して作られたラットというネズミです。

 

医学実験に良く用いられる小型動物なのですが、このラットを特殊な装置でプレッシャーを与え続け眠れない環境を作りました。

 

その結果は2週間足らずで死んでしまったそうです。全身の感染症が原因だったと言われていますが、言えることは適度な睡眠は不可欠であるという事ですね。

 

今後、断眠のギネス記録が更新されることは無い?

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事では、睡眠を取らなかったギネス記録をご紹介しました。現在の断眠記録は、ランディー・ガードナーさんですが、今後記録が塗り替えられることは無いだろうと言われています。

 

ギネス側が拒否している限り、ギネス認定員が送り込まれることもありませんし、ギネスブックが更新されることもありません。でも断眠のリスクを考えると、十分納得できる判断だとも感じましたね。

 

今回はここまで。最後までお読みいただきありがとうございました。