雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

満杯の財布をすっきりさせる方法「不要なカードを分けて中身綺麗!」

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

財布がパンパンになっていたり、レシートでごっちゃになる時ってありますよね。整理しようと思いつつ放ったらかしにしてしまう事もあります。

 

という訳でこの記事では、満杯の財布をスッキリさせる方法をご紹介します。

 

レシートを片付けるだけでもすっきりしますが、不要なカードを整理したり、小銭の量を減らしたり出来る事はまだまだありますので、ぜひやってみて下さい。

 

f:id:zakkiblog:20190607152040j:plain

満杯の財布をスッキリさせる方法

 

 

だめポイント1「カード類の枚数に注意」

財布の中身をカテゴリー毎に分けると、主に3種類に分かれます。「カード類・お札や小銭・レシート」です。

 

そのうち、財布を気が付かずに膨らませてしまうのがカード類です。クレジットカードやポイントカード、診察券、保険証、免許証等々...。

 

ポイントカードは簡単に作れる分、財布の奥にしまい込む危険があります。

 

だめポイント2「小銭の貯まり過ぎ」

常にレジでお札を出していると、小銭(硬貨)が溜まっていきます。小銭は厄介で、増えるほど財布がずっしり重くなり分厚くなります。

 

豆知識ですが、10円玉の厚さは約1.5㎜です。50円玉、100円玉は約1.7㎜と規定されています。500円玉に至っては約1.8㎜で7gの重さがあるんです。

 

だめポイント3「レシートの分別」

レシートはその人の購入記録となります。保証書にもなりますし、返品する際の証拠ともなります。

 

ですが、だからと言って財布に入れっぱなしはNG。お札よりもレシートの方が多くなってしまいます。

 

整理ポイント1「必要なカード類だけを入れる」

f:id:zakkiblog:20190607153424j:plain

財布をスッキリさせるためのポイント

 

まずは、財布から全ての「カード類・お札や小銭・レシート」を抜き取ります。

 

財布に入っているカード類には主に3種類あります。

 

①ポイントカード・クレカ

②免許証・保険証など

③その他のカード

 

①クレカは最低数を持ち歩く

1つ目のポイントカードについて。期限切れになっているなら処分します。よく行くお店のポイントカードだけ持ち歩くようにします。

 

クレジットカードは最低数を持ち歩きましょう。沢山持ち歩くと防犯的にもよくありません。

 

財布に入れないカード類は、カードケースにしまい自宅に保管しましょう。自宅に保管する時にも、いつでも取り出せるように整理しておくことをおすすめします。

 

カードケースを使うのがポイントです。今はお洒落なカード収納ケースが販売されているので、カード類の整理整頓も楽しくできます。

 

 

②免許証・保険証

免許証や保険証など、重要なカード類は必ず手元に置く必要があります。必ず財布に入れておきます。

 

③その他のカード

いるかいらないか判断する上で難しいのがこのカード類です。例えば、クーポン券やQUOカード、商品券や各地域の名刺などがあります。

 

判断基準とするのは、有効期限です。もし期限がギリギリなら、財布に入れて早めに使うようにしましょう。

 

でも、有効期限が特になく使う目途が立たないのであれば、財布にわざわざ入れる必要はありません。

 

整理ポイント2「小銭は貯金箱、お札は必要枚数」

f:id:zakkiblog:20190607155105j:plain

小銭は貯金箱へ、気が付くと大金が貯まっているかも?

 

カード類を整理したなら、次は「小銭・お札」類の仕分けです。

 

お札の場合は必要枚数財布に入れればOK。その際に、向きを揃えて財布に入れると見た目がよりスッキリします。

 

厄介なのは小銭(硬貨)です。これは普段からお釣りが来ないような支払いをしていないと、どんどん増えていきます。

 

530円なら1,030円、221円なら521円で支払うなど、毎日の積み重ねで小銭はあっという間に減らせます。

 

財布をスッキリさせる為の鉄則は「支払いは小銭から行う事」です。

 

もし現段階で小銭がパンパンに詰まっているなら、それは貯金箱に入れましょう。

 

整理ポイント3「不要なレシートは処分」

f:id:zakkiblog:20190607160214j:plain

不要なレシートは貰わない

 

最後に、レシート(領収書)を仕分けします。

 

個人事業主やフリーランスの方の中には、毎年の確定申告の為にレシート(領収書)を整理している人が多くいます。

 

でも、経費として落とせない、不要なレシートもあります。そうした不要なレシートは最初から貰わないのがポイントです。

 

そもそも、レシートは支払い後に受け取るものなので、財布の中に必要ありません。レシートは必ず財布から取り出し、処分するなりファイルに保管するなりしておきましょう。

 

新しい財布を新調する。

f:id:zakkiblog:20190607160849j:plain

NEW財布で身も心もスッキリ

 

ここまでで、満杯の財布をスッキリさせる方法をご紹介しました。

 

カード類を仕分けて、小銭から支払うようにし、レシートは早めに財布から取り出す。これだけで、財布の中は綺麗になります。

 

心機一転、新しい財布を新調するのも一つの手です。身も心もスッキリさせるために、最初から薄い財布を選ぶ方が増えています。

 

1.高橋真麻さんの財布「BALENCIAGA」

 

2019年2月19日に放送された情報番組スッキリ!!で、高橋真麻さんが小さな財布を紹介したことが話題となりました。

 

メーカーは「BALENCIAGA」(バレンシアガ)。「手のひらサイズの3つ折り感」が話題となり、品薄・完売する人気商品です。

 

2.グッドデザイン賞受賞「abrAsus」(アブラサス)

f:id:zakkiblog:20190607173254j:plain

薄い財布「abrAsus」

 

小銭とカードが重ならないようにデザインされ、薄さ僅か13mmを実現させた話題の財布です。その新発想でグッドデザイン賞(GOOD DESIGN AWARD)も受賞しました。

 

約5枚のカードと小銭、お札が入ります。小銭は500円玉1枚、100円玉4枚、50円玉1枚、10円玉4枚、5円玉1枚、1円玉4枚の約合計15枚入る設計です。(999円)

 

詳細はこちら

 

3.Bellroy Note Sleeve Wallet

f:id:zakkiblog:20190607185750j:plain

BELLROY(ベルロイ)

 

BELLROY(ベルロイ)はオーストラリア発の本革レザー財布ブランドで、LOFTや東急ハンズに出展している今注目のブランドです。

 

カード類は10枚ほど収納でき、紙幣は折らずに入れる事ができます。

 

少額の小銭も入りますし、重さはたったの40g。ボールペン4本分の重さで、あまりの軽さに驚く人も多いんだとか。

 

日本上陸!オーストラリア発の本格革財布ブランド【BELLROY(ベルロイ】

 

 

まとめ「お金が貯まる財布を目指す」

f:id:zakkiblog:20190607191526j:plain

目指せ!財布の中身スッキリ!

 

「財布の中身がすっきりしている人は、お金を貯めるのが上手な人」とよく言われます。

 

財布の管理は生活全体の管理に繋がる、という訳です。

 

不要なカード類は自宅のカードケースに保管したり、小銭から支払いを済ませ、レシートはこまめに管理するようにしましょう。

 

目指せ!財布の中身スッキリ!