雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

ぷらそにかとは?メンバー+おすすめの人気曲を紹介します。

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

皆さんは、”ぷらそにか” というグループを知っていますか?

 

個々で活動するシンガーソングライターが集まって出来たグループなんですが、YouTubeでの動画投稿による活動が話題となり今注目を集めています。

 

2019年9月時点で YouTube 登録者数 は8万人を超えています。

 

10万人達成でYouTube本社から贈呈される「銀の再生ボタン」を獲得する日も近い、話題のアーティスト集団なんです。

 

今回の記事では、そんな今注目株のグループ「ぷらそにか(PLUSONICA)」とはどんなメンバーなのか、人気曲やおすすめ曲から、名古屋を拠点とする「ぷらそにか‐名古屋‐」のメンバーまでたっぷりご紹介します。

 

f:id:zakkiblog:20190918062035j:plain

ぷらそにか 公式Twitter参照

 

 

ぷらそにかとは?

ぷらそにか(PLUSONICA)とは、個々に活動を行うアーティスト達が集合し毎週金曜日に動画配信サイトに投稿を行う実力派シンガーソングライター集団です。*1

 

2016年8月に、新人アーティスト養成講座「the LESSON」を受講したメンバーと、VAZ所属のクリエイターで構成されるメンバーで活動を開始したのが始まりです。

 

この「the LESSON」は、ソニーミュージックグループ(Sony Music)が主催する養成講座です。

 

一方の「VAZ(株式会社VAZ)」は2015年6月21日に設立されたマーケティング企業です。

 

つまり、ボーカル養成講座として定評のある「Sony Music」からのメンバーと、YouTuberとの販売事業にも定評のある「VAZ」のメンバーが合わさって構成されたのが「ぷらそにか」なんです。

 

ぷらそにかの活動内容

通常、メンバーはシンガーソングライターとして個々の活動を行っており、ボーカルのみに限らず多種多様な楽器を演奏できる一面も持っています。

 

YouTubeに上げる動画はカバー曲がメインですが、時たまオリジナル楽曲を制作し配信も行っています。

 

また、東京を拠点とする「ぷらそにか」とは別に、名古屋で活動する派生グループ「ぷらそにか名古屋」も発足。「ぷらフェス」「ぷらそにカーニバル」など積極的なライブ活動も行っているグループです。

 

おすすめ曲「ドラマ C&K(cover)」

私自身、カバー曲でここまでハマったのは久しぶりな気がしますね。たまたま動画を見ている時に発見したのですが、その当時の衝撃は今も覚えています。

 

「何だか良い雰囲気だな」と感じたのが第一印象です。その時に聞いた楽曲がこちら。

 

youtu.be

 

C&K「CLIEVY(クリビー)とKEEN(キーン)」という2人組ボーカルのグループが2018年8月15日に16枚目シングルとして発売した「ドラマ」という楽曲のカバーです。

 

このカバーを聞いてからC&Kが好きになりました。ちなみにこの歌は、日本テレビ系列のドラマ「サバイバル・ウェディング」の主題歌として書き下ろされた曲です。

 

「人生をドラマ」に例えているのですが、何とも言えない爽快感と病みつき感が癖になります。

 

もちろん本家が歌うのが一番良いのかもしれません。しかし「ぷらそにか」の魅力は本家とは違う雰囲気のテイストで「良い歌だな」と思わせてくれるところ。

 

儚い雰囲気を感じさせる楽曲も多く、何とも言えないメンバーの魅力が詰まっています。

 

メンバーが入れ替わる特殊なグループ

「ぷらそにか」は、各々がアーティストとして活動を行っている故にメンバーが入れ替わります。

 

脱退したり加入したりの繰り返しにより、20名前後のアーティストが所属しているようです。(※人数が変わっている可能性もあります。

 

それで、楽曲が金曜日に配信される度に「今日はどのメンバーがカバーしているかな」と楽しみに待てるんですね。

 

YouTube概要欄に載せられている2019年9月現在のメンバーは以下の通りです。

 

ぷらそにかのメンバー一覧

ぷらそにか

幾田りら、上野正明、久保琴音、小玉ひかり、早希、suzu、高村風太、Chie、月川玲、てつと、菜摘、西山晃世、Foi、水谷 怜、元松美紅 


ぷらそにか-名古屋-

ちはな、仲井 陸、西浜拓馬、miku卍、璃宮、kanamё、西松由紀穂

 

知っているシンガーソングライターはいますか?

 

例えば、てつとさんは、2017年12月10日にテレビ朝日系列で放送されたテレビ番組「今夜、誕生!音楽チャンプ」に出場しています。

 

他にも、テレビ東京系列の番組「THEカラオケ★バトル」に出場したメンバーもいます。粒ぞろいの実力あるアーティストが揃っているんです。

 

人気曲ランキング

登録者数8万人弱の「ぷらそにか YouTube チャンネル」ですが、人気曲はいずれも話題の楽曲ばかりです。100万再生越えの動画も幾つかありますのでご紹介します。

 

第3位 Flamingo / 米津玄師 (cover)

すでに100万再生を越えているぷらそにかのカバー楽曲です。

 

動画に出ているメンバーは、上野正明、にしな、Foi、幾田りら、Chie、小玉ひかり、suzu、早希、西山晃世、月川 玲、の10名。

 

この「Flamingo」という楽曲は米津玄師が2018年に動画配信サイトにアップした一曲です。

 

すでに1億回再生を突破している話題の楽曲で、SONY が発売する完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP900」のCMソングのタイアップを獲得しました。

 

動画はこちら

Flamingo / 米津玄師 (cover) - YouTube

 

第2位 白日 / King Gnu (cover)

”ぷらそにか” の中では珍しい、冒頭から終わりまでモノトーンで統一されたカバー曲。敢えて動画をモノクロにする事で、楽曲そのものの雰囲気をより味わうことができます。

 

歌っているメンバーは、にしな、高村風太、Foi、てつと、早希、suzu、上野正明、幾田りら、の8人です。

 

この「白日(はくじつ)」は、2013年に結成した King Gnu(キングヌー)の曲です。2019年2月22日に配信限定でリリースされて以来、一気に話題となりました。

 

動画はこちら

白日 / King Gnu (cover) - YouTube

 

第1位 Pretender / Official髭男dism (cover)

2019年5月24日(金)に配信された Pretender のカバー。

 

僅か数か月の間に100万再生を突破し、まだまだ伸びそうな勢いを見せています。ぷらそにかに限らず、2019年の傾向として Pretender のカバーは再生数が伸びやすいようです。

 

メンバーは、高村風太、幾田りら、Chie、suzu、西山晃世、早希、Foi、にしな、上野正明、菜摘、の10人で歌っています。

 

Pretender(プリテンダー)は、Official髭男dismの2枚目シングルとして2019年5月15日に発売されました。

 

つまり、ぷらそにかメンバーは新曲発売日の次の週にカバーした事になります。

 

シンガーソングライター集団だからこそすぐに歌えるんでしょうね。動画の投稿は金曜日だけですが、旬な楽曲のカバーをすぐに聞けるのは嬉しいポイントです。

 

動画はこちら

Pretender / Official髭男dism (cover) - YouTube

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事では、今話題の注目グループ「ぷらそにか」についてご紹介しました。チャンネル登録者数は日を追う毎に増えています。

 

話題になるのも時間の問題かと思います。

 

シンガーソングライターが集まったグループだからこその楽曲を楽しめます。例えば、ギターやキーボードだけではなく、カホンやベース、シンバルなど様々な楽器を演奏したりと見所が多いです。

 

わたし的には、公式のWEBサイトを作って頂けると嬉しいなあと感じました。(笑)もっと知りたい人がたくさんいると思います。

 

ちなみに現在は、シンガーソングライターを応援する為のポータルサイト「After School」から問い合わせることができます。

 

この記事で初めて「ぷらそにか」を知った方はぜひカバー曲を聴いてみて下さい。毎週金曜日が楽しみになるはずです。

 

それではこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

おすすめの動画がこちら

youtu.be