雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

鼻づまりでお悩みの方!脇にペットボトルを挟むだけで解消されるよ

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

鼻づまりで悩んでいる人は多いです。鼻づまりが原因で睡眠障害や呼吸器系の問題を抱える人もいます。たかが鼻づまりですが、呼吸困難に陥る可能性もある事を踏まえると侮れない問題です。

 

ですが、簡単に解決できる一つの方法があります。今回の記事はその方法をご紹介します。つまり、鼻詰まりを解消したい反対の脇にペットボトルを挟むという方法です。

 

f:id:zakkiblog:20171123082028p:plain

 

 

なぜ鼻づまりが起きるのか(原因)

そもそも、鼻づまり(鼻詰まり)はなぜ起きるのでしょうか。それは鼻の粘膜による炎症によって起こります。花粉やウイルスなどの菌が鼻の内部に付着すると、粘膜が膨張血管が広がり鼻腔が塞がれてしまいます。

 

これが鼻づまりの原因です。

 

つまり、鼻の粘膜が炎症を起こしたり血管が拡張しやすい生活をしていると、鼻づまりが起きやすくなります。例えば、飲酒は鼻詰まりの原因の一つです。アルコールは血管が広がり鼻の粘膜を乾燥させてしまいます。

 

鼻づまりを解決するには幾つかの方法があります。例えば、鼻を蒸しタオルで温めたり、運動すると効果的です。ハッカの成分が含まれたのど飴も効果があります。

 

そしてもう一つ、鼻づまりの解消法として知られているのが、ペットボトルを脇に挟むという方法なんです。

 

ポイントはしっかり挟むこと(方法)

これは私も風邪をひいた時に試しましたが、効果はあります。本当に鼻詰まりが軽減されましたね。ただ完璧には治らないので、あくまでも応急処置、一次的な方法です。やり方は至ってシンプルです。

 

まず、500mlのペットボトルを用意します。

空のペットボトルではなく中身が満タンのペットボトルを使います。

 

鼻づまりを解消したい逆の脇にペットボトルを強く挟むだけです。(左の鼻詰まりを治したいなら右側の脇に、右の鼻詰まりを治したいなら左側の脇に。)しっかりギュッと強く挟むことがポイントになります。

 

どうして効果があるのか

ペットボトルを脇に挟むだけでどうして鼻づまりが治るのでしょうか?それは、脇と鼻が密接に結びついているからです。鼻詰まりの原因は鼻の内部で粘膜が炎症を起こし生じます。

 

つまり文字通り鼻が詰まっている状態の事。これを解消するには物理的な方法で鼻腔を広げることが必要になります。つまり、左の鼻の交感神経を高める為には右の脇、右の鼻の交感神経を高める為には左の脇がツボって訳。

 

ペットボトルを脇に挟むことで交感神経を刺激し、鼻腔を広げる事ができるのです。

 

本気で悩んでいるなら、別の方法を使う

f:id:zakkiblog:20171123082154j:plain

 

ただ、やはり本気で鼻詰まりを治したいなら薬や治療が一番です。ペットボトルを脇に挟むというのはあくまでも一時的な方法にすぎません。その日、鼻腔が広がったとしても次の日には、また元の状態に戻ってしまいます。

 

それで、ペットボトルでも鼻づまりが治らない方は他の物で代用します。Amazonや楽天で鼻づまり解消グッズが販売されているのをご存じでしょうか。

 

例えば、一番オーソドックスな解消法グッズは鼻腔拡張テープです。

 

 

鼻腔を物理的な方法で広げる鼻腔拡張テープです。夜寝る前にテープを鼻に付けるだけで快眠できます。鼻づまりに悩んでいる方は一度試してみる価値ありです。もし拡張テープでも効果がないなら、体の内部から治す鼻づまり改善薬を使います。

 

 

いかがだったでしょうか?

今回の記事では、ペットボトルを脇に挟んで鼻づまりが解消できる、という裏技についてご紹介しました。もし鼻づまりで悩んでいる方がいたら、試してみてください。