雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

ONKYOのE700Mイヤホンが最高!もうやめられません。

初めまして。「ざっきぶろぐ」です。

 

私はこれまで色々なイヤホンを使ってきました。1000円の安いものや、ヘッドホンを買った時もありました。

 

でも満足できるイヤホンは中々出会えません。イヤホンは普段から使うものですから、出来ればずっと使えて満足できるモデルに出会いたい。

 

そんな訳でAmazonや楽天、イヤホンのサイトを色々と調べていました。そして1年程前にやっと、満足できるイヤホンに出会いました。それこそが、今回紹介するONKYOのE700Mというモデルなんです。

 

このイヤホンにしてから、これ以上の満足できる機種にはまだ出会ってません。しかもコードが切れたり音の不具合などは全くなし。丈夫なイヤホンです。それほど病みつきになる高級イヤホンなんです。

 

今回はONKYOのイヤホンE700Mを紹介します。

 

f:id:zakkiblog:20190422184914j:plain

高級イヤホン「ONKYO」のE700M

 

 

E700Mの特徴は?その前に生産終了…

まず初めに残念なお知らせをお伝えします。

このイヤホン、生産終了が決定しました!(涙)

 

それで、今購入したい方は在庫がなくなり次第終了になります。個人的には最高のイヤホンだっただけに本当に残念です。ですが、一度買えば壊れる心配はありません。というのもこのE700M、高級音質、かつ丈夫さがポイントなんです。

 

E700Mの簡単な情報をまとめてみます。

 

E700MB / E700MW SPECIFICATION

タイプ マイク付インナーイヤーヘッドホン
型式 セミオープン
カラー 黒、白
価格 オープン価格
ハウジング アルミ
磁石タイプ 強磁力希土類マグネット搭載ドライバー
スピーカー口径(mm) φ13.5mm
再生周波数帯域 6Hz-40kHz
ハイレゾ ●
最大入力 30mW
感度 108dB/mW
インピーダンス 32Ω
ケーブル長 1.2m
接続端子(コネクタ仕上げ) φ3.5mm金メッキ
ケーブルタイプ ツイストケーブル
コードタイプ Y字
マイク有無 ●
ボリュームコントロール有無 –
Play/Pause コントロール有無 ●
本体質量 18g
付属品 イヤホンチップ(シリコン)S,M,L 各2個、
Comply フォームチップ2個、ポーチ

 

この機種は日本の有名な音響機器メーカー「ONKYO」のハイレゾ対応高級イヤホンです。“あるがままの音”を求めて、繊細な音を再現する為のプレミアムクオリティモデルだそう。

 

 

価格は8,000円から20,000円まで値上がり

気になるのは価格です。私が購入した1年前は8,000円でした。しかし、生産終了が決定した2019年現在、その価格は倍以上の20,000円にまで値上がりしています。

 

ここまで値上がりするのは、生産終了のあおりを受けているから。逆に考えると、値上がりしても購入する人のいる需要の高い人気商品なんです。

 

需要の高い人気商品なら、なぜ生産終了が決定したのか、疑問を抱く方は多いみたい。ヤフー知恵袋で調べてみると、値崩れが原因ではないかと言われています。

 

2015年11月に発売された商品なので3年以上前の製品。メーカー的に次の製品を作るのも致し方ないのかもしれません。

 

ONKYO「E700M」のレビュー

f:id:zakkiblog:20190422185028j:plain

評価の高いイヤホンE700M

 

では早速、E700Mのレビューです。このイヤホンは、Amazonでは4.0、価格.comで4.6という圧倒的な高評価を得ています。価格.comの2016年「イヤホン・ヘッドホン」カテゴリーで金賞(プロダクト大賞)を受賞したモデルです。

 

数え切れないほどあるイヤホンの中で、見事1位に輝いた実力は折り紙付き。しかも高級イヤホンの部類ながらも、1万円以内で購入できるのはかなりのコスパの良さです。(現在は値上がりしていますが)

 

パッケージは1年前なので、どこかに捨ててしまいました。あるのは、イヤホンポーチと、本体、イヤホンチップのみです。特徴は赤と白のコードが絡み合っていること。

 

購入する時、このコードの耐久性に不安がありました。「8000円も払って一瞬でコードが切れたらどうしよう」と不安でした。でも、いざ使ってみると、その心配は全く必要ありません。

 

1年ほど使っていますが、壊れる気配は全くなし。それどころか、変に絡まることもなく、超快適です。

 

f:id:zakkiblog:20190422185150j:plain

音声通話対応のコントロールマイク付き

 

このイヤホンにはコントロールマイクが付いています。スマホの音楽再生から音声通話に切り替えれます。私はスマホに繋げて一時停止・再生ボタンに使っています。パソコンにつなぐ時は、特に使用していません。

 

音質、音漏れに関して

音漏れに関してですが、セミオープン方式なのである程度の漏れはあります。ですが、全く気にならないレベルです。大音量で音楽を聞く場合は別ですが、普段使いなら気にもなりません。

 

音質は、ミディアム(中間)の音が強いです。言ってしまえば、尖っていない普通の音といった感じ。公式サイトでは、「豊かな低域」と表現されていましたが、どっちかというと中間の音域がしっかり聞こえる感じです。

 

毎日使っていますが、音質の劣化もありません。

いまだに現役で使っています。

 

f:id:zakkiblog:20190422185244j:plain

音質、音漏れも問題なし

 

私は毎日、夜寝る時に使用していますが、コードがよじれることもなく快適です。何よりも「丈夫」なのが一番嬉しいポイント。もし仮に壊れても、またリピート購入すると思います。それぐらい満足できる製品です。

 

ただ、もう生産終了でしたね。

そこが残念。

 

総評

f:id:zakkiblog:20190422192655j:plain

ONKYO公式サイト参照

 

このモデルは、バランス力に優れたイヤホンだと感じます。かれこれ1年以上使用していますが、一つ一つのクオリティがとても高いモデルです。例えば、人間工学に基づいて設計されたデザインだそうで、耳にフィットします。一晩ずっと音楽を聞いても耳が痛くなりません。

 

100円のイヤホンやiPhoneに付属のイヤホンとは全く違います。正直少し前までは「安くても高くても所詮はイヤホンでしょ」と安易に考えていました。でもこのイヤホンを使ってからは、質の違いが分かるようになりました。

 

高級なイヤホンは耳につけても痛くならないんです。痛くなるどころか、耳にしっかりフィットするので、違和感を感じません。もうすでに生産が終了していますが、本気でおすすめできるイヤホンです。

 

今回はONKYOの「E700M」イヤホンをご紹介しました。気になる値段や購入はAmazon、楽天でチェックできます。