雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

私はお風呂で歯磨き派!良いと言える理由と効果的な方法

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

 

今回の記事は、お風呂で歯を磨くと良いと言える理由をご紹介します。皆さんの中に、お風呂で歯磨きする方はいるでしょうか。

 

シャワーを使ってそのまま口の中も洗い流せるので意外と便利なんですよね。でも、中にはこう考える人もいるようです。

 

「衛生上汚いんじゃない?」「なんとなく良くないんじゃないか」と。

 

今回の記事では、お医者さんも勧めている「お風呂で歯磨き」をしても良い理由をご紹介します。今、悩んでいる方は参考にしてみてください。

お風呂で歯磨きするのが良いと言える理由

f:id:zakkiblog:20200203125801j:plain

私は、ここ数ヵ月になってお風呂で歯磨きするようになりました。お風呂場に歯ブラシを置いて、すぐに使えるようにしています。歯ブラシを洗う時もシャワーが目の前にあるので、すぐに綺麗にできます。

 

でも、調べてみると風呂場で歯を磨くのが良い理由には医学的な根拠があるんです。この後詳しく書きますが、血行が良い状態で歯を磨くため、汚れが落ちやすくなります。

 

また、通常よりもリラックスした状態で歯を磨くので、時間をかけて綺麗にできます。若返り効果も期待できダイエットや疲労回復にも繋がると言われているんです。では早速順番に見ていきましょう。

①口内の血行が促進されるため

湯船につかると、体の中は血の巡りが良い状態になります。血の巡りが良くなると、体のコリがほぐれたり肌が綺麗になったり髪の毛の質が良くなったり様々な良い影響を与えます。

 

口の中の血行も同じです。血行が良くなると口周りの筋肉がほぐれ、歯肉や歯茎がゆるみ掃除しやすい状態となります。その時に歯ブラシを入れることでより短時間で、軽い力で汚れをかき出すことが出来るという訳です。

 

また、ゆるんだ状態の歯茎に歯ブラシを入れることで歯周病効果も期待できます。よく、歯周病に効く薬や歯磨き粉などが販売されていますが、歯茎のゆるんだ時に歯磨きを行うというのも、手軽にできる歯周病予防の1つです。

②若返り効果を期待できる

パロチンという成分をご存じでしょうか。耳下腺(じかせん)というところから出る唾液に含まれるホルモンのことです。

 

このパロチンは、皮膚の代謝を改善する成分として知られています。ちなみにこの成分を発見したのは日本人で、病理学者の緒方知三郎さんという方です。

 

具体的にどんなメリットがあるのかというと、骨や歯の表面を活性化させてくれます。この成分があると新陳代謝が良くなるので、シミ改善や顔の皮膚が引き締まった状態になります。

 

こうやって考えるとパロチンをいかに引き出すかが重要になってくるわけです。ポイントはこの成分が唾液に含まれていることです。お風呂で歯を磨くと良いと言われる理由はここにあります。

 

唾液を多く分泌する温かい風呂場でゆっくり歯を磨くことにより、新陳代謝を促進させるパロチンを多く分泌させることが出来るんです。

③ダイエット・疲労回復に効くため

このパロチンという成分は他にもメリットがあります。先程の新陳代謝とも関係がありますが、体内に含まれる古い老廃物を排出する役割も果たしています。

 

また、肩こりの原因となる蓄積された乳酸を排出するよう促してくれます。パロチンはストレスや加齢が原因で分泌量が徐々に減っていく傾向にあります。

 

疲れが溜まってきたな、と感じる30代、40代のサラリーマンや主婦の方は、ゆっくり体を休める時間がないですよね。私もその1人です。(笑)

 

忙しくなってくると、お風呂をシャワーだけに済ませたり、すぐにお風呂から上がってしまいます。でも実はそれは、疲労回復に繋がるパロチンを分泌させる機会を逃しているのと同じなんです。

 

その証拠に、レモンや梅干しなど酸っぱいものを食べると元気が出てきますよね。

 

唾液が多く出てくる状態を維持することでパロチンが分泌されるので、疲労回復やダイエットに繋がるんです。(レモンや梅干しはクエン酸も含まれているのでこの成分も疲れに効きます。)

④歯の汚れが落ちやすいため

この後の「効果的な方法」のポイントでも考えますが、お風呂で歯磨きするのに歯磨き粉は必要ありません。理由は、すでに歯肉・歯茎がゆるまっており、汚れが取れやすい状態になっているからです。

 

豆知識ですが「唾液」には、質の良い唾液と質の悪い唾液があるのをご存じでしょうか。人は1日に1L~1.5Lもの唾液を分泌すると言われています。その成分のほとんどが水分です。

 

健康状態の良い時にはサラサラとした唾液が分泌されます。しかし風邪気味の時や具合の悪い時に分泌される唾液はベタベタした成分です。それで、質の良い唾液をいかに作り出すかが重要になります。

 

他にも、口臭予防に繋がったり、殺菌消毒作用でウイルスを撃退し風邪をひきにくくする、といった効果もあります。お風呂で歯を磨くと良いと言える理由は沢山あるんです。

お風呂で歯を磨く時のポイント

f:id:zakkiblog:20200203134750j:plain

では、ここからはお風呂で歯を磨く時のポイントをご紹介します。これからお風呂場で歯を磨くための環境を整えましょう。

①歯磨き粉は使わない

お風呂場で歯を磨く際には歯磨き粉は使用しなくても問題ありません。その理由は、口内がすでに汚れが落ちやすい状態になっているからです。わざわざ汚れを落とすための研磨剤が入った歯磨き粉を付けなくても、汚れは十分に落とすことが出来ます。

 

想像して頂くと分かりますが、口の中を歯磨き粉でいっぱいにしてしまうと、お風呂のお湯に歯磨き粉が落ちてしまいかねません。ゆっくりお湯に浸かりたいのに口内が慌ただしくなってしまうと、色々と面倒です。

 

それで爽快感を得たい場合は、お風呂から上がった後に歯磨き粉を付けて軽く磨いたり、マウスウォッシュでゆすぐことも出来ます。

②自分に合った歯ブラシを使う

当然のことながら歯ブラシにも色々な種類があります。ちなみにブラシの固さはJIS規格によって「やわらかめ」「ふつう」「かため」と分類されています。JIS規格とは日本の国家標準の1つです。日本全国で同じ基準に統一するために設けられた規格です。

 

ですから、各メーカーごとにブラシの固さが曖昧、という事はないんですね。システマ、クリニカ、ビトイーン、シュミテクト、サンスターなど、どれを選んでも固さの基準は統一されています。

 

何度も書いていますが、風呂場で使う時にはすでに歯茎が緩んでいます。それで普通タイプがおすすめです。わざわざ固いブラシを使わなくても汚れを落とすことが出来ます。ちなみに私が使っている歯ブラシはLIONのクリニカです。

③歯ブラシの保管場所に注意!

お風呂で歯を磨いて実際に気が付いた点なのですが、歯ブラシの置き場所に困ります。シャンプー台に立てかけることも出来るのですが、歯ブラシの形状的に傾いて倒れてしまい汚れてしまうこともあります。

 

風呂場の細菌が付いた状態の歯ブラシを使うのは、衛生上良いものではありません。どうしたらよいか調べてみると、どうやら2つの方法があるようです。

 

1つ目は、お風呂の度に毎回歯ブラシを持っていく方法です。面倒ですが、衛生上一番きれいな状態の歯ブラシを使えると言えます。

 

そしてもう1つの方法は歯ブラシを置くスタンドを購入するという方法です。「歯ブラシ お風呂」で検索してみると、沢山の歯ブラシスタンドを見つけることが出来ます。以下はその一例です。

 

簡単なスタンドもありますし、上の画像のようなお風呂場でも除菌できるようなスタンドまで売っているんです。風呂場に置きっぱなしにするのが心配な方にも安心できるモデルです。

④公共の場所では周りに気を遣うべし

1つ注意点として、公共の場所で歯を磨く方を時々見かけます。銭湯や温泉施設など、他の人も使用する場所での歯ブラシの使い方には注意が必要になります。

 

むやみやたらに浴槽に持ち込んで歯を磨くのは衛生上良くありませんし、マナー的にもあまり好ましくありません。

 

それで、使用する際には、浴槽内ではなく体を洗う時に椅子に座りながら歯を磨くなど、周りの人に気を遣い歯を磨くことをおすすめします。

⑤マッサージでさらにパロチンを分泌させよう

最後に、歯を磨きながら浴槽でできるパロチン分泌を促すマッサージ法をご紹介します。とても簡単な方法です。以下にまとめますね。

 

まず、親指以外の4本の指を使い、頬っぺたと耳たぶの間に手を置きます。

→奥から前に円を描くように優しくマッサージします。

→唾液が出てきたらマッサージ終了です。

 

この方法は食前にも出来ますしお風呂に入る前にも使えます。このマッサージを行うと新陳代謝が促され、歯の汚れが落ちやすくなるパロチン成分が分泌されます。

 

私もやってみたのですが、奥歯の根本付近から本当に唾液が出てくるのを実感できました。「出てきた出てきた!」と実感できるので結構面白いです。(笑)時間がある時にやってみてくださいね。

まとめ

f:id:zakkiblog:20200203143624j:plain

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事では、お風呂で歯を磨くと良い理由と効果的な方法をまとめてみました。お風呂にいる時はリラックスしていてパロチンが分泌され歯の汚れが落ちやすい状態になっています。

 

それで、研磨剤の入った歯磨き粉を使ったり、固い歯ブラシを使用したりせずに、歯を磨くことが出来るんです。ただ衛生面も考えて、保管場所には気を配るようにして下さい。できれば歯ブラシスタンドがあるとGOODです。

 

今まで、私はお風呂で歯を磨くのは良くないことというイメージがありましたが、お風呂で磨くようになってから、効率が上がりました。わざわざ歯を磨く時間をとらなくても良いので朝の忙しい時間がグンと楽になりました。

 

もし参考になった方は今日の夜からやってみてください。それでは今回の記事はここまでになります。最後までお読みいただきありがとうございました。当サイト「雑記ブログ卒業」は健康・ライフスタイルに関する他の記事も書いていますのでぜひご覧ください。