雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

NR-F502XPVの価格最安値は?パナソニック冷蔵庫の特徴

パナソニックは今や日本を代表する冷蔵庫メーカーになりました。その中でもNR-F502XPVは2016年秋に発売されて以来、人気のモデルとなっています。2021年の省エネ基準達成率100%も達成している抜群の省エネ性能を誇るモデルです。

という訳で今回はNR-F502XPV、パナソニック冷蔵庫の特徴と価格についてまとめてみます。

 

 

NR-F502XPVの特徴

このモデルは2016年秋に発売されたモデルで、内容量501Lの大容量タイプの冷蔵庫です。サイズは幅68.5㎝×奥行69.2㎝×高さ182.8㎝。奥行きが69.2㎝と薄型に設計されています。上から冷蔵室、製氷室、新鮮凍結ルーム、冷凍室、野菜室となっています。

カラーはマチューゴールド、オニキスキラー、マチュアブラウン、マチュアホワイトの4種類展開しています。どれも高級感のあるシンプルなデザインです。主な特徴の一つは省エネであること。年間消費電力は280kWhです。180㎝台で300kWhを切っているのは中々ないと思います。

 

思い出すのは日立の高級冷蔵庫「真空チルド」ぐらいでしょうか。

そのぐらい省エネで大きなポイントになる部分です。

他の特徴をまとめると以下の通りです。

 

・野菜室と冷凍室が100%引き出せて、取り出しやすい「ワンダフルオープン」を採用。

・手が届きにくい上段の奥にコンプレッサーを配置することで、さらに広々とした容量に。

・ドアの棚を8㎝下げることで、重いものも無理なく持ち出しできる設計に。

・湿度をコントリールすることで野菜を約1週間も新鮮さをキープできる「Wシャキシャキ野菜室」を採用。

・肉や魚などを素早く微凍結状態にできる「微凍結パーシャル」を採用。

・アツアツごはんもそのまま冷凍できる冷凍室。

・ナノイーでどの室内も清潔!

・全棚がガラス棚を採用しているため清潔、洗いやすい。

・綺麗な氷が簡単に作れる丸ごと洗える「製氷棚」。

 

こう考えるとたくさんの特徴があることが分かります。パナソニックの中でも、ここまでの機能を備える冷蔵庫は珍しいです。というのもこのXPVタイプはパナソニックのシリーズの中でプレミアムモデルと言われている冷蔵庫なんです。

 

NR-F502XPVの価格最安値は?

そんなNR-F502XPVですが気になるのが価格。ここまで機能があるとかなり値段は上がりそうです。そのお値段18万円です。やはりある程度かかりますね。180㎝台のサイズでこの値段はかなり高級なモデルに含まれます。

 

 

ただ機能全般の多さを見ると、間違いなく値段相応だと思います。日立の真空チルドと同じようなデザインと価格なだけに、これからもう少しヒットしてもおかしくモデルだと思いますね。

 

まとめ

 

 

このモデルは間違いなく高級なタイプに入ります。値段で見ても機能で見ても高級感が漂いますよね。デザインもシンプルでスタイリッシュです。「微凍結パーシャル」や「Wシャキシャキ野菜室」は安い冷蔵庫には付いていない機能ですからぜひ使いこなしたいところ。評判も高いモデルですので、もし悩んでいる方は参考にしてみて下さい。