雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

NPSとは?おしゃれなセルフドリッパースタンドの紹介

どうも、「ざっきぶろぐ」です。

 

ドリッパーとサーバーを支えるスタンド、ドリッパースタンドが流行っています。どういう機能なのかというと、ドリッパーとサーバーを載せるだけでセットが完了し、コーヒーを注げば美味しいコーヒーを飲めるというスタンドです。写真で見た方が分かりやすいですね。

 

 

今は色々なメーカーから販売されていますが、今回の記事ではお洒落なインテリアとしても有名なNPSのセルフドリッパーセットを紹介したいと思います。

 

NPSとは?

まず気になるのは、NPSとは何かです。この会社は1966年に設立された、金属やステンレスを加工する日本メーカーです。本社は滋賀県に位置、日本で製作する事を重要視している、伝統あるメーカーです。

 

こだわりの日本製ですので、中国製のように不良品や壊れた商品が届くという事はなく、安心して使えます。デザインにも拘り抜いているので、ドリッパーがずれないような仕組みになっておりコーヒーを安定させて注ぐことができるのも特徴です。

 

NPSセルフドリッパースタンド

 

このセルフドリッパースタンドは、コーヒーマイスターが監修したプロダクト商品です。高台のサイズは65㎜以内のドリッパーなら、置くことができるように作られています。また、サーバーの高さは、65㎜~85㎜以内であれば、使用可能です。

 

ハンドドリップの方法が書かれた、しおりも付いてくるので、コーヒー初心者にも嬉しいです。ただ個人的には、コーヒー中級者が使ったらよいかな?という感じがしました。というのも、このスタンド、値段がちょっと高めなんです。

 

ステンレス製で拘り抜いているので、高いのは当たり前なんですが、値段は1万円ちょっとします。コーヒー初心者にはちょっと高めの金額設定です。ですので、コーヒードリップに慣れてきた人で、もう少し高級なスタンドを探している、という方にピッタリだと思います。

 

 

サイズは、一人用です。W130×H140×D140mmとなっています。下の受け皿は網上になっていて、コーヒーをこぼしても取り外して洗うことができます。デザインだけではなく、使いやすさも重視しているんですね。

 

まとめ 高級コーヒースタンドの部類に入るのでは?

このモデルはコーヒースタンドの部類では、高級なカテゴリに入ると思います。私も色々なコーヒースタンドを見てきましたが、安いモデルだと、3000円ほどで買えるスタンドもあります。楽天やアマゾンを見ると結構安くて評価が高いものもありますよね。

 

でもどうせ買うなら、こだわったスタンドが欲しい、という方も多いはず。

お洒落で高級感があり、満足できる一台を探しているなら、NPSのセルフドリッパースタンドをチェックしてみるのはいかがでしょうか。それでは。