雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

NC-A57が発売!NC-A56との違いは?(パナソニックのコーヒーメーカー)

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

Panasonic(パナソニック)の 全自動コーヒーメーカー NC-A56 は大人気のコーヒーメーカーとなりました。

 

2014年に発売されて以来、徐々に話題になり、2018年までに Amazon のコーヒーメーカー部門でベストセラー商品・売れ筋ランキング第1位に選ばれるなど高い評価を受けています。

 

価格.com でも人気売れ筋ランキング第1位に輝いた、Panasonic 最高の製品となりました。

 

そんな NC-A56 ですが、新機能を搭載したNC-A57が2018年9月1日に発売されました。今回は、そんな新モデル "NC-A57" の新機能や、今までとの違いについてまとめます。

 

f:id:zakkiblog:20190817000253j:plain

NC-A57:Panasonic 公式サイト参照

 

 

NC-A57とは

NC-A57とは、2018年9月1日に発売された全自動コーヒーメーカーです。豆を挽くところから抽出、保温まで、すべて全自動です。

 

前モデルは ”NC-A56” で、2014年に発売されました。約4年ぶりのリニューアルとなります。しかしながら、リニューアル後も人気を維持し続けているのが、このモデルの凄い所。

 

価格.com ではコーヒーメーカー部門の売れ筋ランキングで堂々の第1位Amazon の売れ筋ランキングでも第1位楽天市場のコーヒーメーカー人気ランキングでも、デイリー・週間ともに第1位獲得中の大人気商品なんです。

 

NC-A57のスペック、NC-A56との違い

NC-A57のスペックと使い方については以下の公式動画をご覧ください。

 

youtu.be

 

NC-A56 との大きな違いは、デカフェ豆コースがあるかないか。この「デカフェ豆コース」とは、カフェインレスコーヒーを使用する際のボタンです。

 

カフェインレスの粉・豆は、味が薄くなりがちです。でも「デカフェ豆コース」で淹れると、コクのあるコーヒーを抽出できます。

 

NC-A56 との細かな違いは、消費電力が790Wから800Wに上がった事。そして、重さが2.9㎏から3.0㎏に変わった事だけです。

 

つまり、「デカフェ豆コースの有無」によって買うモデルを選ぶと良いと思います。しかし、価格と評判はどちらもほぼ変わらないので、最新モデルの ”NC-A57” の方がおすすめです。

 

~Panasonic NC-A57~

発売日 2018年9月1日

評判 ★★★★★

容量 1~5杯(最大670ml)

サイズ 22.0cm×24.5cm×34.5cm

重さ 3.0㎏

消費電力 800w

価格 ¥16,000

 

 

NC-A56、NC-A57の特徴

新機能「デカフェ豆コース」

”デカフェ豆” とはカフェインレスコーヒーの事です。(NC-A57のみに搭載)

 

カフェインレスコーヒーを抽出する時に味が薄くなってしまうのを防ぐ為、このボタンが搭載されました。デカフェ豆コースを選択すると、薄くなりがちなカフェインレスのコーヒーがより深い味で抽出できます。

 

しかもこのコーヒーメーカーは豆からもOK、粉からもOKと、抽出スタートが幅広いので使い勝手抜群です。ちなみにカフェインレスコーヒーを使用する際には、中細挽きフィルターが推奨されています。

 

f:id:zakkiblog:20190817003053j:plain

NC-A56にはデカフェ豆コースのボタンがありません。

 

本体ボディーの色が若干違うように見えますが、デカフェ豆コース以外の大きな違いはありません。サイズも 22.0cm×24.5cm×34.5cm で NC-A56、NC-A57 どちらも同スペックです。消費電力・重さが少しだけアップしたのみです。

 

容量は5カップ(670ml)抽出でき、スタートボタン一つでコーヒー豆から全自動で抽出することが可能です。保温機能も付いているので温かいコーヒーを楽しめます。

 

煮詰まり軽減保温

f:id:zakkiblog:20190817004657j:plain

Panasonic 公式サイト参照

 

NC-A57(NC-A56も同様)は「煮詰まり軽減保温」機能を搭載しています。抽出後30分間は保温機能が働きます。ですが、その後は温度をさらに下げて保温します。コーヒーが煮詰まらない工夫がなされています。

 

沸騰浄水機能

コーヒーメーカーで淹れる際に問題になるのが水道水特有のカルキの臭いです。カルキは正式名称「次亜塩素酸カルシウム」と言い、水道水の消毒としても使用されています。

 

それで、水道水を使ってコーヒーを淹れると必然的にカルキの臭いが残ってしまう訳です。カルキの臭いを消すには水を沸騰させる事が必要です。

 

NC-A56、NC-A57 はあらかじめ沸騰させたお湯を活性炭フィルターに通した後に抽出するので、カルキを90%カットすることができます。

 

 

日常的に使用するならNC-A56で問題ないの?

f:id:zakkiblog:20180625121857j:plain

 

今回のリニューアルはデカフェ豆コースが搭載されただけです。(消費電力と重さも少々変更あり)

 

カフェインが苦手な方にとっては嬉しいですが、そうでない方は無理に NC-A57 にしなくても良いのでは?と感じますよね。

 

NC-A56でも十分美味しいコーヒーが飲めますし、圧倒的な高評価を受け続けている実績がありますので、どちらを買っても大満足できるモデルなのは確かです。

 

ですが、購入するなら NC-A57 をおすすめします。その理由1つ目は「価格」です。2019年8月現在、NC-A56、NC-A57 どちらも値段は変わりません。それならデカフェ豆コースが付いている方が良いですよね。

 

もう1つの理由は「発売日」。2014年発売のNC-A56に対し、NC-A57は2018年発売です。同じデザインであるとはいえ、4年間のリニューアルでは、新モデルのほうが良いですよね。

 

気になった方は是非チェックしてみて下さい。下のサイトから、Amazon か 楽天市場 でチェックできます。それでは。

 

Amazon、楽天市場でチェックする