雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

マウントレーニアのコーヒーの由来、種類まとめ「蓋はコースターに」

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

 

f:id:zakkiblog:20190521153147j:plain

チルド飲料「マウントレーニア」

 

今はどのコンビニに行っても、マウントレーニア(Mt.RAINIER)がありますよね。マウントレーニアは森永乳業が販売するチルド飲料のブランドの一つです。

 

1993年にマウントレーニア カフェラッテが生まれて以来、コンビニ、スーパーで必ず目にする商品になりました。

 

今回の記事では、マウントレーニアのコーヒー飲料の名前の由来、種類(ラインナップ)をご紹介します。蓋をコースターにできる豆知識も実際にやってみます。

 

 

マウントレーニア(Mt.RAINIER)とは

f:id:zakkiblog:20190521153243j:plain

森永乳業の人気商品

 

マウントレーニアとは、森永乳業が生産しているチルド飲料です。森永乳業株式会社は東京都港区に本社を構える日本の大手乳業メーカーです。同様のチルド飲料 "リプトン" や "森永ココア" と同じく森永の人気商品となっています。

 

マウントレーニアは約60ヶ国のコーヒー原産地から厳選した豆を使用し、焙煎・抽出にもこだわり徹底した品質管理を行っています。

 

また、UHT殺菌という方法を採用。短時間+超高温で管理する方法で、牛乳が数秒間に120~150℃で短時間殺菌、その後急速に冷却されます。チルド飲料としては有名な殺菌方法です。

 

マウントレーニアが売れている理由は、厳選豆を使用し、正しい殺菌方法で処理しているからなんですね。

 

マウントレーニアの由来

f:id:zakkiblog:20190521153329j:plain

シアトルから生まれたマウントレーニア(Mt.RAINIER)

 

マウントレーニアの由来が公式サイト(マウントレーニアについて | Mt.RAINIER)に載せられています。以下は引用です。

 

25年以上愛され続けている、シアトルの味

マウントレーニア 誕生の物語

 

日本で生まれて、ずっと親しまれ続けてきたマウントレーニア。その誕生は、1990年代初頭にまでさかのぼります。

 

90年代はじめ、アメリカの都市・シアトルから、森永乳業がひとつのコーヒー文化を日本へと紹介しました。それは、エスプレッソにミルクをたっぷり加えた「カフェラテ」。

 

エスプレッソのほどよい苦味とミルクのやさしさがリフレッシュと安らぎをもたらしてくれる、全く新しいコーヒーでした。

 

当時のシアトルでは、コーヒーを街中や図書館に併設されたショップで買って持ち歩きながら飲む、というスタイルが主流。一方その頃の日本でコーヒーといえば、自宅や喫茶店などで座って飲むものでした。

 

そんな中、1993年に森永乳業から生まれた「マウントレーニア カフェラッテ」は、持ち歩いて飲めるスタイルと、フレッシュなおいしさで、人々の目にとても新鮮に映りました。

 

こうしてマウントレーニアは、今では私たちの生活にも馴染み深いチルドカップコーヒーのパイオニアとなったのです。

 

商品には、“マウントレーニア“の名前がつけられました。それは、レーニア山(マウントレーニア)がカフェラテ発祥の地・シアトルの象徴であること、そして都会の中に顔をのぞかせる山が、そこに住む人々の安らぎのシンボルだったことに由来しています。

 

そんなマウントレーニアも、日本に生まれて25年以上の歳月が経ちました。今でも、毎日にふっと安らげるひとときをもたらし、人々を満ち足りた気持ちにしてくれる存在として、広く愛され続けています。

 

分かりやすくまとめると...

 

・マウントレーニアは90年代初めにシアトルから日本にやってきた。

 ・喫茶店で飲むスタイルから、歩きながら飲むチルドカップの新スタイルで話題に。

・シアトルの象徴、レーニア山(マウントレーニア)がパッケージに。 

 

ロゴ、デザインはスターバックスに似ている?

パッケージにはレーニア山が描かれていますが、緑のロゴに丸いデザインがスターバックスに似ていると話題になった時期がありました。

 

実際、スターバックスが「ロゴが似ている」という事で森永乳業に訴訟を起こした経緯があります。結局は「ロゴに類似性はない」という判決が下り、事なきを得たようです。

 

種類(ラインナップ)

f:id:zakkiblog:20190521153428j:plain

左からスターバックス(カフェラテ)、ワールドクラフトラテ、濃厚エスプレッソ、カフェラッテ

 

そんな大人気のマウントレーニア(Mt.RAINIER)ですが、今は多くのラインナップがあります。最初に日本にやってきたのは、カフェラッテ。エスプレッソとミルクがブレンドされた、オーソドックスな商品です。

 

ただ最初はそこまでヒットしませんでした。チルドカップ飲料という商品枠がそこまで浸透していなかったのが主な理由だそうです。でもその後、同じシアトル系のライバルでブランド力のあったスターバックスがチルド飲料に参入し始めます。

 

スタバがコンビニに進出し、チルドカップ飲料が認知されるにつれ、マウントレーニアも共に売り上げを伸ばし始めます。

 

現在は、エスプレッソ、ディープエスプレッソ(濃厚エスプレッソ)など、濃い味のエスプレッソ系も販売。クリーミーラテ、キャラメルナッツ、などよりスイーツ系の種類も生産されています。

 

SUNTORY の BOSS がクラフトボスを発売してからは、多くのメーカーが「手作り感」を重視し始めます。いわゆるクラフト感っていうやつです。コカコーラ の GEORGIA に至ってはクラフトマンを販売。名前もクラフトボスにそっくりですよね。(笑)

 

そして森永乳業も、ワールドクラフトラテを発売しています。この味は5ヶ国の豆を使用したこだわりの1杯なんだとか。

 

蓋はコースターにできる?

最後に一つ、豆知識を検証してみます。マウントレーニアの蓋がコースターになるという話です。以前ネットのネタとして話題になりましたが、本当なのか?実際に検証してみると...

 

f:id:zakkiblog:20190521153625j:plain

水滴が落ちる心配もありません。

 

ぴったりです。ジャストフィットするので、こぼれる心配もありません。ちなみに調べてみると、この形状はコースターとして使用するためではないそうです。シアトルのテイクアウト用のカップを参考に作ったそう。

 

他の製品(スターバックス)でも、ちゃんとコースターになります。水滴が落ちないので、机を汚しません。コースターの役割を完ぺきに果たしているんですよね。終わった後は蓋をしてそのまま捨てられます。

 

まとめ

f:id:zakkiblog:20190521153724j:plain

チルドコーヒー飲料界を盛り上げた2つの企業

 

いかがだったでしょうか。

 

今回はマウントレーニアのコーヒー飲料ができた歴史、由来について、ライバルのスターバックスと競合しチルドカップコーヒーを盛り上げた事、蓋がコースターにできる豆知識をご紹介しました。

 

今でこそ、コンビニでチルドカップコーヒーを多く見ますが、その第一人者と言える商品なんですね。この記事の写真のためにマウントレーニアをたくさん買ったので、これから順番に飲みたいと思います。(笑)

 

マウントレーニアのまとめ買いはこちらから。