雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

生ごみ処理機パナソニックのMS-N53の特徴と価格、電気代について

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

皆さん、突然ですが「生ごみ処理機」って知ってますか?

知らない人も多いはず。生ごみ処理機とは一言で表すと、「生ごみを家庭でもリサイクルできる機械」のことです。又の名を「生ごみリサイクラー」とも呼びます。中でもパナソニックの生ごみ処理機は評判が高くコスパが抜群だと人気なんですよね。

 

という訳でこの記事ではパナソニックの生ごみ処理機、「MS-N53」についてまとめてみます。特徴と価格、電気代について順番にまとめていますので。気になった方は是非参考にしてみて下さい。

 

 

パナソニックMS-N53の特徴

このモデルは2009年の4月に発売されたものですが、いまだに生ごみ処理機の中で人気を誇っています。まず気になるのは「生ごみをどう処理するのか」ですよね。使い方と一緒にまとめると以下の通りです。

 

1. パナソニックの生ごみ処理機に生ごみをポイッと入れます。

2. 温風乾燥で生ごみが除菌・脱臭されます。生ごみの量は7分の1まで減るんだとか。

3. この時点で生ごみではなく、有機質肥料となります。

4. 有機質肥料で自分の家の家庭菜園の土の肥料にし、野菜を作れるというわけ。

 

この4つの工程は最高のリサイクルだといえます。料理してキッチンに出た生ごみが別の野菜を作る肥料へと生まれ変わるのですから。個人的には「生ごみ処理機」自体の認知度がまだまだ少ない気がしますね。

 

このパナソニックの生ごみ処理機MS-N53には他にも特徴があります。

パナソニック独自の「プラチナパラジウム触媒」により脱臭能力が向上しています。「ソフト乾燥モード」で生ごみを温風で簡単に肥料へと変えることができます。サイズは幅26.8㎝×奥行36.5㎝×55㎝、重さは12キロあります。カラーはシルバーのみ、2~6人用です。

 

比較的スタイリッシュというよりかは、シンプルな作りですね。

生ごみを処理する機械なので、お洒落さを求める必要もないかもしれませんが。

 

MS-N53の価格はいくら?

気になるのが価格ですよね。これで10万とかしたら誰も買わないですから。(笑)このモデル、パナソニックの生ごみ処理機MS-N53の価格相場は55000円です。Amazonだと55000円以下で買えるかもしれません。

 

 

ただあくまでも相場なので値段に差があります。こまめにチェックしてみて下さい。ワンタッチでポンと押すだけで簡単に開けることができ、生ごみ用のゴミ箱としてそのまま活用できるのが便利なところ。

キッチンのシンク周りに生ごみの三角コーナーを置く必要がありません。

 

電気代が高いのは本当?

口コミで多いのが電気代です。「生ごみ処理機」は電気代が高いという噂が多いみたいですね。僕も色々調べてみましたが、結論から言うと毎月電気代が1000円程度かかります。

これを高いと考えるか安いと捉えるかは人それぞれです。ただ言えることは他の「生ごみ処理機」も同等の金額が掛かるという点。パナソニック製が電気代がかかるという訳ではなく、そもそも「生ごみ処理機」はどのメーカーも1000円程度掛かります。

ただ個人的には「生ごみを捨てるゴミ袋」、「ゴミを捨てにいく手間」を考えれば安いと思いますけどね。

 

悩んでいる方は是非チェックしてみて下さい。

Amazonのベストセラーにもなっているのでおすすめできる一台ですよ。

それでは。