雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

三菱の冷蔵庫MR-RX46Aの特徴、口コミまとめ

三菱の大容量シリーズの冷蔵庫が人気です。

特に「置けるスマート大容量」シリーズは、大容量なのにコンパクトでスリムなので人気があります。今回紹介する三菱冷蔵庫「MR-RX46A」も置けるスマート大容量シリーズです。三菱と聞くとかなり冷蔵庫のCMをやっていますよね。今、冷蔵庫に力を入れているのだと思います。

という訳で今回の記事では三菱冷蔵庫「MR-RX46A」の特徴と口コミ、価格について調べてみました。

 

 

「MR-RX46A」の特徴

このモデルの特徴は幅65㎝のスリムタイプなのに461Lも容量が入る大容量タイプであること。見かけによらずいっぱい入るというのは嬉しいですよね。奥行きは67.5㎝、高さは181.2㎝です。

 

上から冷蔵室、製氷室、瞬冷凍室、冷凍室、野菜室と並んでいます。通常の冷蔵庫のモデルと同じ中身ですね。ただ気になったのは瞬冷凍室。27Lの大きさなんですが、あまり聞いたことない人も多いはず。この瞬冷凍室というのは瞬間的に冷凍できる優れものです。熱い物もそのまま入れることができます。

 

そしてもう一つ注目なのが、消費電力です。2021年の省エネ基準達成率に向けてどのメーカーも試行錯誤を繰り返す中、このモデルは264kWhを達成しています。これ、実は省エネ基準達成率100%なんです。

 

正直色々なモデルの冷蔵庫を見てきましたが、この消費電力の少なさはあまりないです。確実にこのモデルの特徴と言えます。少ない電力で済むので電気だも安く済みますね。

 

口コミはあまりない?

 

 

このモデル、実は口コミがあまりありません。2017年1月に発売されたばかりなので、これから評判が増えていくものと思います。ただ数少ない口コミを調べてみると評判は中々高いものが多い感じがします。

 

・ドアに磁石が付いて楽。

・野菜室が下にあるので楽な人は楽。慣れていない人は最初大変かも。

・静かで動作音が全く気にならない。

 

価格は14万円。10万切れば安いけど…

最後に価格をまとめます。やはり180㎝サイズの高さのモデルは10万以上する冷蔵庫が多いですね。15万ぐらいが相場なのかもしれません。ただ個人的にはもう少し安くしてほしいな、と感じました。せっかく買うなら安いに越したことはないですから。

 

 

最安値だと136000円の店舗がありました。

ですが価格は変動するので、悩んでいる方はこまめにチェックするのが良いかもしれません。

 

まとめ スマートで大容量

このモデル、「MR-RX46A」の特徴はスマートで大容量という点です。CMでもやっていますが、三菱はスリムだけど容量の入る冷蔵庫を目指しているのだと思います。でも面白いのは、それと同時に「省エネ」も他メーカーの上をいっていること。

省エネに関しても他メーカーに引けを取らない、いや、他メーカーよりも圧倒的に優れています。流石、三菱という感じがしました。コスパが良く思わず「憎いね三菱!」と言いたくなるのも頷けます。(笑)それでは。