雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

「実機レビュー」マウスのノートパソコンが爆速!「17.3型Wシリーズ」

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

最近、色々悩んだ挙句、ノートパソコンを購入しました。今回購入したのはマウスコンピューター(mouse)のノートパソコンです。型番は「m-Book W875SN1-M2S5-KK」というものでWindows10搭載2018年発売の機種になります。

 

マウスコンピューターのパソコンはTVCMでも放送されている通り、コストパフォーマンスが高い事で知られています。今回は、そんなマウスのノートパソコンの「実機レビュー」です。

 

f:id:zakkiblog:20190416213414j:plain

マウスコンピューター公式サイト参照

 

 

「17.3型Wシリーズ」今回購入したマウスのノートパソコン

今回、私が購入したマウスのノートパソコンがこちらになります。

 

f:id:zakkiblog:20180630215056j:plain

 

一見大きく見えますよね。本当に大きいです。というのもこのモデル、「m-Book W875SN1-M2S5-KK」はマウスコンピューターの中で、Wシリーズと呼ばれているモデル。サイズが17.3型のフルHDノートパソコンです。

 

17.3型はピンとこないかもしれません。サイズは、418.5×288.7×27.4㎜ (折り畳み時/ 突起部含まず)です。横幅が約42㎝。高さが約30㎝なので、かなり大きいです。

 

f:id:zakkiblog:20180630215119j:plain

 

実際に開封して見た時の印象はやっぱり大きいな~という感じ。そして、東芝のdynabook(ダイナブック)やアップルのMacbook(マックブック)と比べると、デザインがシンプル。

 

本当に飾り気がなく、華がないです。(笑)業務用の大型ノートパソコンという感じがしました。ですが私的には、どこか持ち運ぶわけでもないですし、デザインに拘っていた訳でも無かったので、全く問題はありませんでした。

 

キーボードも打ちやすい

f:id:zakkiblog:20180630215132j:plain

 

外観のインターフェースですが、HDMIが1つ。USBが左側に2つ、右側に1つ。その他、ヘッドフォンジャック、SDカード、イーサネットなどが付いています。

 

キーボードは普通に打ちやすいです。ただ、右側の「Shift」キーが小さいので何度も押し間違えてしまいます。ここら辺は慣れれば問題ないかと。また、「Fn」キーと「F4」キーを同時に押すことでキーボードにバックライトをつける事もできます。

 

f:id:zakkiblog:20180630214744j:plain

 

薄暗い中でも作業ができるので、このパソコン一つあれば何でもできますね。ただ私がビックリしたのは、このパソコンの中身(スペック)です。予想以上のハイスペックに驚きました。

 

5秒で立ち上がる驚異のハイスペック

今回購入したモデル「m-Book W875SN1-M2S5-KK」は価格.com限定モデルだったので、今はすでに完売しています。

 

ですが、マウスコンピューター(mouse)はBTOパソコンと言って、自分でカスタマイズすることが出来ます。購入するときにメモリを8GBから16GBにしてみたり、HDDとSSDを組み合わせてみたりなど。

 

私の場合、以下のようにカスタマイズして購入しました。

 

Windows 10 Home 64ビット

CPU プロセッサー インテル® Core™ i7-7700HQ プロセッサー

メモリ 標準容量 16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)

ストレージ M.2 SSD 512GB

 

つまり、「Core i7」でメモリが16GB。そして保存は「SSD512GB」です。HDDも考えたのですが、SSDは爆速だという話を事前に聞いていたので、このようにしました。

 

実際に使ってみて一番驚いたのは、電源入れた後のスピードです。

立ち上がりが爆速です。

 

f:id:zakkiblog:20180630215201j:plain

 

パスワードを入力する画面になるまでに、僅か5秒でした。(遅めに表現しても10秒以内)もちろん、アプリや重いものをあまりダウンロードしていないのは確かですが、それにしても爆速です。

 

電源を入れる時から、快適スムーズな感動を体験できます。この時点で、購入して良かったな、と本気で思いました。画像編集やブログを更新する程度なら、間違いなく超快適です。

 

ちなみに、今まで使っていたパソコンは台湾製のノートパソコンで、「Core i3」、メモリが4GB、HDD500GBでした。それに比べると何倍も使いやすいです。というよりも一度この立ち上がりスピードを体験すると、以前のパソコンにもう戻れません。

 

実際に使ってみて気が付いたこと

f:id:zakkiblog:20180630214815j:plain

 

ワードやエクセルを使う分には十分すぎます。そして動画を見るのも快適です。もちろん、HD対応ですので、きれいな画質で楽しむことが出来ます。ただ、使っているうちに少し気になる面も出てきました。実機レビューですので、改善点もしっかり書いておきますね。

 

個人的に思った改善点一つ目は、サイズが中途半端であること。先程もサイズは書きましたが、(418.5×288.7×27.4㎜)使ってみると何とも言えない微妙なサイズ感なんです。

 

デスクに置くには少し大きい、

でも、外部入力で液晶モニターを使うほどでもない。

だからと言って、持ち運び用には大き過ぎる。

 

もし、購入を考えている方がいるなら、サイズ感を事前にイメージしてから買う事をおすすめします。机に置くと意外と大きいです。液晶モニターを使うのであれば、マウスコンピューターの小さいパソコンを買ったほうが快適だと思います。

 

そしてもう一つ気になったことがあります。それは、液晶モニターがどうも検出されない事。ネットで調べてみると、Windows10の最新の更新にすると、どうやらディスプレイを検出しないようです。

 

f:id:zakkiblog:20180630215231j:plain

 

ですので、私の場合、液晶モニタに出力するためにパソコンを以前のバージョンに戻す必要がありました。ですが、以前のバージョンに戻してもインターネットに繋げると勝手に更新されてしまうので、また液晶モニターが検出されなくなってしまいます。

 

設定が間違っているのかもしれませんが、もし液晶モニターを使用することを考えているなら、少し注意してほしい点だと感じました。

 

ただ、はっきり言って、それ以外のデメリットは見当たりません。この2つ以外はハイスペックパソコンで何をしても固まることは一度もありませんでした。(流石に画質のいいゲームはどうか分かりませんが)

 

部屋用(業務用)で探しているならおすすめ

いかがだったでしょうか?

 

ザックリですが、マウスのノートパソコン(17.3型のWシリーズ)の実機レビューをしてみました。今回、総額約14万円弱で購入できましたが、カスタマイズできるので、さらに安くできます。

 

メモリを下げたり、HDDの容量を減らせば、12万円ほどで購入できるかもしれません。ただ、個人的には、メモリを16GBにして良かったと思っています。本当に快適ですし、動画をHDで見たり文章を書いたりする程度なら、全くと言っていいほど、超快適に作業できます。

 

気になった方はぜひチェックして見て下さい。マウスコンピューター公式サイトで、カスタマイズして購入することが出来ます!それではおしまい。

 

マウスコンピューター公式サイト