雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

のんくら本「マネタイズの教科書」を読むとサイト更新意欲がUPした

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

私はこのサイト(ブログ)を2年以上更新しています。ですが、一時的に更新意欲が無くなった時がありました。恥ずかしい話、他の仕事などで忙しくて、気が付くと半年以上サイトを更新していませんでした。

 

見る見るうちにアクセスは減り、100,000PV以上落ちてしまいました。このままでは、ブログ自体終わってしまう、と焦ったのですが、無事半年ぶりにサイトを更新することができました。

 

モチベーションを向上できたのは、ある本を買って読んだからです。その本こそが、今回紹介する「Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]」という訳。今回はモチベ不足で悩んでいる全てのブロガーにこの本をおすすめします!

 

f:id:zakkiblog:20190506000346j:plain

サイト更新意欲がUPする「マネタイズの教科書」

 

 

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]とは

この本は、著者が早川修(のんくら)、a-ki、石田健介、染谷昌利の4人で書かれたGoogle AdSense で稼ぐための方法がまとめられた一冊です。2018年11月20日に発売されて以来、何度も重版されている人気本なんです。

 

Amazonでの評価はとても高く、サイトを更新している多くのブロガーも高評価の口コミを載せるほど。通称「のんくら本」とも言われSNSで拡散し、Googleアドセンスで稼ぐための現時点最高の本とまで言われています。

 

本当なの?と思った方はAmazonのレビューを実際にチェックしてみてください。口コミの高評価に驚くと思います。

 

 

概要

f:id:zakkiblog:20190506000459j:plain

コーヒータイムに読んでます。

 

実際に読んでもらいたいので、内容はなるべく伏せますね。でも、大体の概要はご紹介します。この本(のんくら本)は6つのChapter(章)に分かれていて、アドセンスのノウハウが順番にまとめられています。

 

Chapter1 テーマの選び方

Chapter2 SEO戦略

Chapter3 サイトの構築方法

Chapter4 稼ぎ続けるために

Chapter5 信頼されるサイトを作る

Chapter6 安定して稼ぐ

 

Chapter1 サイトの作り方を一から学べる

最初の章では、サイトの作り方を一から学べます。例えば、「数より質」。一昔前は「数うちゃ当たる」と言われましたが、今は違います。高品質の記事をいかに更新するかが重要になるという訳。

 

他にも「テーマによって稼げるかが9割決まる」という考え方も新鮮でした。雑記ブログを更新してきた私にとっては、全てが崩壊するような冒頭でした。サイト運営するにあたって、稼ぎ方が間違っていたという事実を真正面から突き付けられた気がしました。

 

もし、サイト(またはブログ)を一から始めることを考えているなら、この本を読んでから開設することをおすすめします。

 

Chapter2 検索ユーザーだけではダメ⁉

この本を読むと、全ての考え方を改めさせられます。例えば、私は今まで検索を意識した更新を続けてきました。ブログサービス内(はてなブログ)のファンを集めても、Google検索で上位に食い込まなければ意味がない...。そう考えていました。

 

でも、この本を読んでから見方が変わりました。サイトを安定させるのは、Google検索とサイトのリピーター(ファン)である事に。検索を意識した更新を続けても、記事が増えるにつれ頭打ちする時が来ます。

 

500記事、1000記事と記事数が増えても、アクセスが比例して伸びない時があります。それは、リピーターが少ないからです。いくら検索を意識した記事を書いても、ファンの存在は絶対に疎かにしてはいけない、という事を意識させられました。

 

Chapter3「記事の内容で勝負!」は時代遅れ?

f:id:zakkiblog:20190506001240j:plain

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

 

私はこれまで他サイトよりも多くの文字数で書こうと、努力してきました。文字数で勝てば、検索順位で勝てると思い込んでいました。ですが違うようです。というのも時代は変化していきます。

 

文字数だけではなく、デザイン、ページ速度、サイト構造など全ての面で評価を上げなければ、検索順位では勝てません。また、記事の内容によっては、Googleが正しく判断しないこともあります。

 

自分は別のことを書いているつもりでも、同じ内容を書いていると判断される場合もあるんです。つまり、サイトに同じ内容の記事が重複していると認識されてしまうのです。これを知ってから、私は当サイトのリライト(再編集)をしようと決めた訳です。

 

Chapter4~「PDCAでアクセス急上昇」

ここで初めて Google AdSense のノウハウが出てきます。昔、他のサイトを見て「どうしてこんなに収益が出ているんだろう?」と疑問を持ったことがあります。でも今は分かります。サボらずに「PDCA」を怠らなかったからだと気が付きました。

 

つまり、

 

Plan(計画)

Do(実行)

Check(評価)

Action(改善)

 

この繰り返しを怠った瞬間から、アクセスは減っていきます。私はずっとPDを繰り返していました。新しいネタ記事を計画し、記事を書いて終わり...その繰り返しでした。だから上手くいかなかったのかもしれません。

 

ちなみに、この本を読んでから当サイトもPDCAを行い100記事以上削除しました。ですが、アクセスは減るどころか安定して上がり始めています。

 

Chapter5とChapter6では、安定して稼ぐための方法が続いていきます。続きは実際に読んでみてください!

 

 

「マネタイズの教科書」を読むとどうなるか

f:id:zakkiblog:20190506000452j:plain

Amazonでの評価が高い一冊

 

私は、普段本を買いません。数年に一度、気になった小説を1冊だけ買う程度です。今回数年ぶりに「Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]」を買いました。本屋さんに行った時、ふと「サイト運営に役立つ本がないかな?」と思い、見つけたのがこの本でした。

 

結果的に買ってよかったと思います。あとからAmazonで調べて驚きました。「のんくら本」とも言われるこの本はAmazonでの評価が高く、ベストセラー商品に選ばれたことのある、人気の一冊だったんです。

 

この一冊のおかげで、私は半年ぶりにこのサイトの運営をリスタートしました。もちろん、この「のんくら本」が全てではありませんが、サイト運営のモチベを上げるキッカケになったのはこの本です。

 

この本を読めば毎月安定して稼げる。

いいな、と思ったのは、Google AdSense のノウハウだけでなく、サイト運営のやり方を一から説明しているところ。アドセンスの広告の貼り方などは冒頭では出てきません。

 

最初はテーマ選びから、つまりどんな記事を書くか、戦略的にサイト運営を始めることができます。続くChapter(章)でも全て論理的で戦略的です。これは稼げるな、と納得しました。

 

しかも一時的に稼ぐトレンドブログのような運営方法ではありません。本の帯にも「プロが教える、10年先も安定して稼ぎ続ける」と書かれています。一気にガッツリ稼ぐのではなく、コツコツ毎月安定して稼ぐ方法がまとめられている一冊です。

 

サイトを途中で辞めてしまった方に是非読んでもらいたいです。更新意欲がUPしますよ!それでは!