雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

太陽の光がイメージ?「ルミオ」ネスカフェドルチェグストの特徴

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

 

ネスカフェが新しいコーヒーメーカーを発売しました。発売日は2017年11月1日。太陽の光をイメージしたスマートデザインが特徴的なモデルです。

 

ネスカフェは毎回、奇抜で不思議な形のデザインのモデルを出しますけど、今回も中々のデザインで攻めてきたな、という印象があります。

 

今回はそんな太陽の光をイメージしたネスカフェドルチェグストの「ルミオ」についての特徴をまとめてみます。

 

「ルミオ」の特徴

このモデルは2017年の11月に発売されたコーヒーメーカーで、手ごろな価格が特徴的なモデルになります。コーヒーカプセルをセットするだけで自動で電源が付きます。

 

前から見ると丸い穴が真ん中に空いているので、水の量を確認しやすい、という特徴があります。

 

同じネスカフェのコーヒーメーカーでは「ドロップ」に似ているというレビューがありましたが、個人的にはジュニオ2に似ているな、と感じました。知らない方の為に画像を貼っておきます。下の画像がドロップです。

このドロップは2015年の秋に発売されたもので、奇抜で斬新なデザインで話題になりました。ルミオが太陽をイメージしたのに対し、このモデルは雫をイメージされて作られています。もう一つの種類がジェニオ2。下の画像です。

 

個人的にはこっちのほうがルミオに似ている気がしますね。

 

 

では幾つか、ルミオの特徴に戻りましょう。

 

ルミオのサイズは幅17.6cm×高さ36.8cm×奥行き22.2cm。タンク容量は1000ml。カラーはホワイトとレッドの2種類ラインナップです。先ほど紹介したドロップやジュニオ2よりもスリムに仕上がっています。その代わり高さがあるのが特徴的です。

 

ルミオの価格は5000円以上?

 

 

気になる価格ですが、最安値でも5800円ほどです。Amazonで調べてみましたが6200円ほどしました。もちろん微妙な価格設定は結構差があるので、一概には言えません。ただ5000円以下には今のところならない感じがしますね。

 

できるなら5000円以下で購入出来ればきりが良くて嬉しいですが早々上手くいかないようです。Amazonよりもお店のほうが安い場合も中にはあるので、こまめにチェックするのが良さそう。

 

まとめ ネスカフェの不人気シリーズにはなって欲しくない…

今回のルミオですが、ネスカフェの中でも人気な機種になって欲しいところ。バリスタIなどの人気製品と比べて、ドルチェグストシリーズは売り上げがやや少ない気がします。ホームセンターに行っても置いてあるのはバリスタIばかり。

 

新しい斬新なデザインで爆発的なヒットを狙いたいところでしたが、果たしてうまくいくのか…。今後のルミオに注目です。

 

それではこの辺で。気になっている方はぜひ参考までに。