雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

マウスを使わずにパソコンの文字サイズを変更する方法(キーボードで)

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

皆さんは、パソコンで文章を読むことがあるでしょうか。

ネットの閲覧をする時、文字が小さい事はありませんか?

 

まさにこんな感じです。

 

f:id:zakkiblog:20180609103200j:plain

 

文字を大きくしたい。でもマウスがない。

そんな時にキーボードだけで簡単に文字サイズを変更する方法をまとめます。

 

キーボードで文字サイズを変更する方法

方法はとても簡単です。

 

Ctrl + 「+」 で文字が大きくなります。

Ctrl + 「ー」 で文字が小さくなります。

 

たったこれだけで、文字のサイズが変わりました。

 

f:id:zakkiblog:20180609103204j:plain

 

分からない方のためにさらに詳しく説明すると、

Ctrl は大抵キーボードの「左下」と「右下」にあるキーです。

+は「L」と「*」の間に位置しています。

ーは「0」と「~」の間です。

 

マウスがある状態ですと、

Ctrl + マウスのスクロール で文字サイズを変更できます。

 

ちなみにこれらの方法は、文字サイズを変更できますが、周りのプラットフォームも大きくなってしまうので、そこは致し方ない部分ではあります。

 

余談

私自身、マウスがない時に、文字のサイズの変更方法がよく分からず四苦八苦した記憶があります。その当時は必死になって、コントロールセンターと呼ばれる設定や、システム奥深くまで潜り込んで、やっと文字を変えられると思い込んでいました。

 

システムエンジニアと呼ばれるのか、SEと呼ばれるのかは分かりませんが、そういう類のよく分からないコンピューターのような人間だけが、選ばれし文字サイズの変更を行えると思い込んでいたんです。

 

まるでハッカーのようなエンジニアが昼夜問わずパソコンの奥深くに潜入し、何らかの配線を切って何かが起こり、文字サイズの変更がやっとできるようになる、と思い込んでいたのです。ですが、この考えは時の流れと共に、忘れていきました。

 

確かに、昔流行ったガラケーも文字サイズの変更の仕方をとっさにやれとなると出来ない自分がいます。子どもの頃よく遊んだゲーム機の文字サイズを変更するなんて考えもしませんでした。

 

しかし今になって、文字サイズを変更できることのありがたみがよく分かります。パソコンの前で猫背になりながら目を細めていたあの頃の自分はどこにもいません。キーボードの左下と右下にこっそりと位置し周りを支える Ctrl キーを少し操作するだけで文字のサイズが変わるのですから。

 

パソコンのキーボードをコントロールし制御する。それこそが Ctrl キーの由来なのかもしれませんね。(詳しくは知りませんが)という訳で長々と書いてしまいました。本文よりも余談が長くなってしまったので、ここで終わりにします。

 

 by ざっきぶろぐ