雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

「マナー」食後に割り箸の袋を折るのは常識?箸置きも作ってみた!

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

f:id:zakkiblog:20190612190952j:plain

食後に割り箸の袋を折るのはどうして?

 

皆さんは、食後に割り箸をどうしていますか?

 

元々入っていた割り箸の袋に戻す方もいれば、割り箸を折るという方もいます。中には「特に何も考えていなかった」という方も多いと思います。

 

でも、日本人として割り箸の後始末を知っているだけで、ちょっぴり大人の気分になれますよね。

 

今回の記事では、意外と知られていない「食後に割り箸の袋を折り曲げる」マナーについてご紹介します。

 

 

食事のマナー「袋の半分を折り曲げて割り箸を戻す」

f:id:zakkiblog:20190612222427j:plain

割り箸を袋に入れて折り曲げる。

 

食事を終えた後、割り箸の片付け方の正しいマナーは、割り箸を袋に入れて1/3(または半分)を折り曲げます。

 

箸袋がない場合は、お皿の手前に割り箸を置いて、箸の使用した先端が見えないようにします。

 

時々、食後の割り箸をパキッと半分に折ってしまう人もいますが、一般的に言われるマナーとは少し異なります。

 

もちろん「折った方がゴミ箱に捨てやすい」という話もありますよね。確かに自宅では特に深く考えず折っても問題ないのかもしれません。

 

ですが、重要な方との会食など大事な場面では、割り箸を袋に入れて先端を折り曲げるのが一般的なマナーです。

 

どうして 1/3(半分)折るのか?

f:id:zakkiblog:20190612194811j:plain

 

では、どうして先端を折り曲げるのでしょうか。主に3つの理由があります。

 

①使用済みであることを区別する為。

②箸先を見せないようにする為。

③片付けを行う方への配慮。

 

袋を折り曲げていると、使用済みであることがすぐに分かります。

 

また、割り箸の先は必ず汚れますので、食後に汚れた部分を隠す為に袋に入れます。片付ける方への配慮にもなる訳です。

 

他にもたくさんある箸のマナー

箸のマナーは他にも沢山あります。

 

周りが見て不愉快に感じる使い方を「嫌い箸」と言います。「嫌い箸」とは、やってはいけない箸の使い方のことです。

 

「嫌い箸」の例

ねぶり箸:箸の先を口で舐める仕草。

渡し箸:箸と箸でやり取りをする事。

そら箸:一度取った食べ物を元に戻すこと。

にぎり箸:箸を握りしめて食べる持ち方の事。

二人箸:同時にお皿に箸を入れる事。

差し箸:箸で突き刺して食べる事。

迷い箸:どの料理を食べるか箸を動かしながら迷う仕草。

指し箸:箸で人を指す仕草。

たて箸:ご飯に箸を突き刺して立てる事。

 

どれも考えると常識的な事柄ばかりです。でも、重要な会食や緊張する場面であればあるほど、今までの育ちが出るのも事実ですよね。

普段から箸のマナーに気を配っていると、いざという時に役に立つかもしれません。

 

「箸置き」割り箸の袋で作ってみよう

f:id:zakkiblog:20190612201956j:plain

割り箸の袋で「箸置き」を作ろう。

 

お店によっては箸置きがない場合もありますよね。そんな時は、割り箸の袋で箸置きを作ることができます。袋で箸置きを作るのはマナー的に問題ありません。

 

ですが、元々箸置きがあるお店では、わざわざ作る必要はありませんよね。しかも食後に袋に戻すことを考えると、シンプルな箸置きを作りたいところです。

 

ネット上では、割り箸袋で作る「犬」や「うさぎ」など凝った箸置きの作り方が紹介されています。

 

でも、今回の記事では、お店で箸置きが無かった場合の対処法なので、シンプルで作りやすい箸置きを紹介します。

 

1.簡単な箸置き

f:id:zakkiblog:20190612221806j:plain

定番の箸置き

 

①横に半分に折る。

②縦に半分に折る。

③両端に山と谷の折り目を付けて完成。

 

2.船

f:id:zakkiblog:20190612221845j:plain

「舟」の箸置き

 

①縦に半分に折る。

②横に3つ折りにする。

③端を片方の端に入れる。

④上部を凹ませて完成。

 

3.結び目

f:id:zakkiblog:20190612221651j:plain

「結び目」の箸置き

 

①縦に3つ折りにする。

②結び目を作る。

③両端をそれぞれ結び目に入れて完成。

 

番外編.白鳥(鶴)

f:id:zakkiblog:20190612221933j:plain

「白鳥」の箸置き

 

①横半分に折り目を付け、真ん中に折り合わせる。

②もう一度真ん中に折り合わせる。

③7㎜位の幅で段折にする。

④最後のヒダを重ねて頭を作り完成。

 

白鳥の作り方は少し難しいので、写真付きで説明します。

 

①横半分に折り目を付け、真ん中に折り合わせる。

 

f:id:zakkiblog:20190612223731j:plain

 

②もう一度真ん中に折り合わせる。

 

f:id:zakkiblog:20190612223818j:plain

 

③7㎜位の幅で段折にする。

 

f:id:zakkiblog:20190612223849j:plain

 

④最後のヒダを重ねて頭を作り完成。

 

f:id:zakkiblog:20190612223921j:plain

 

割り箸袋で箸置きを簡単に作れると、会食やパーティーで盛り上がること間違いなしです。

 

他にも色々な箸置きの作り方がネットにはたくさん載せられています。でも、あまりにも凝り過ぎてしまうと、箸置きの本来あるべきマナーを越えてしまうので、注意してくださいね。

 

まとめ

f:id:zakkiblog:20190612210800j:plain

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事では、食後に割り箸の袋を折り曲げるマナーについてご紹介しました。簡単に作れる箸置きもぜひ試してみて下さい。

 

最後に紹介した箸置き「白鳥」(鶴)は少しレベルが高いので、パーティーなどの話題作り程度に作ってみて下さい。

 

重要な会食では、流石に白鳥は作らないでくださいね。(笑)それでは。