雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

LOWYAの「人をダメにするベッド」の特徴と口コミをまとめたよ

最近「人をダメにするベッド」が流行っています。

 

f:id:zakkiblog:20190416193815j:plain

LOWYA公式サイト参照

 

LOWYAというメーカーのベッドですが、ネットで話題急上昇になるほど人気だとか。楽天市場のインテリア・寝具・収納部門のデイリーランキングでも1位を獲得したことがあります。

 

「使い勝手がよく、これ一台あればベッドの上から動かなくていい」と多くのレビューが寄せられました。口コミ評価でもLOWYA公式サイトでは4.3と高評価です。

 

そこで今回の記事では、LOWYAの「人をダメにするベッド」の主な特徴を挙げてみます。その後に口コミと評判をご紹介します。すでに何度か売り切れになっているので、気になっている方は、ぜひお早めに!

 

 

 

特徴1 ベッド・机一体型で動く必要なし!

「人をダメにするベッド」の特徴の一つは、ベッドと机が一体型であることです。睡眠、勉強を同時に行うことができます。もちろん「人をダメにするベッド」として売り出しているので、勉強が捗る訳ではありません。勉強に集中したいなら、机と椅子を購入した方が効率的です。

 

f:id:zakkiblog:20190416194450j:plain

LOWYA公式サイト参照

 

このLOWYAのベッドは、なるべく人が動かなくて良いように設計されています。ベッド後方の机部分には2口のコンセントが設置されています。机の幅は100㎝、奥行きが40㎝です。奥行きがあるのでパソコンを楽々置けます。

 

ベッド前方の机は幅が101㎝、奥行きが15㎝と省スペースです。目覚まし時計やスマホ、観葉植物、眼鏡など小物を置くのに適しています。ベッド前方部分の机にはコンセントが付いていません。

 

特徴2 ハンバーラック、ベッド上部・下部にも収納スペースがある

1つ目の特徴は二つの机がベッドの前後に備え付けてある、という点でした。ここからは、2つ目の特徴「収納スペース」についてです。この「人をダメにするベッド」は欲しい物にすぐ手が届くように、収納スペースが多くあります。

 

f:id:zakkiblog:20190416200216j:plain

LOWYA公式サイト参照

 

まず、上部の棚は、幅が200㎝、奥行きが40㎝あります。主に、帽子やカバン、収納ボックスなど、用途に合わせて置けます。棚の高さは150㎝なので、通常の背丈の方なら誰でも手が届きます。

 

次にハンガーラックです。

 

このラックの幅は152㎝です。明日の朝着る衣類を掛けることができます。しかし幅いっぱいに衣類を掛けてしまうと、起き上がる時に頭が当たってしまうので、そこまで多くの衣類は掛けれないと思った方が良いです。公式サイトに載せられている画像はどれもトレーナー2,3枚でした。

 

f:id:zakkiblog:20190416201044j:plain

LOWYA公式サイト参照

 

最後はベッド下の収納スペースです。ベッド横部分の床下の高さは約24㎝です。下に収納ボックスをしまうことができます。ワンルームなどの一人部屋で「収納」に困っている方には嬉しいポイントです。

 

特徴3 部屋を広く見せることで、ロフトベッドでは実現できない空間を。

特徴3つ目はベッドの高さです。床面までの高さは約29㎝。通常のシングルベッドとそれ程変わりません。収納スペースを兼ね備えつつ、低重心のベッドに設計されています。

 

私は以前に、ロフトベッドを使用したことがありました。ロフトベッドとは、階段が付いていて高い位置で眠るベッドの事です。当然、ベッドの下は全て収納スペースになります。多くの物を入れられるので、とても便利です。

 

でも、部屋が以前よりも暗くなり、圧迫感が出てしまいました。その結果、すぐにロフトベッドは辞めました。(笑)家具の中でも大きな面積を使うベッドが高い位置にあるのは、部屋のコーディネートの中でもタブーなんだそうです。

 

狭い部屋であれば猶更、低めのベッドの方がおすすめです。

 

f:id:zakkiblog:20190416202044j:plain

LOWYA公式サイト参照

 

 

LOWYA「人をダメにするベッド」の口コミ、評判をまとめてみた

ここまでで、LOWYAの「人をダメにするベッド」の特徴をご紹介しました。2つの机がベッドと一体化している、ベッド上部・下部、ハンガーラックなど収納スペースが豊富、ロフトベッドでは実現できない空間を作り出せる、という点です。

 

ここからは、口コミや評判をご紹介します。一言でまとめると、LOWYA公式サイトが概ね4、楽天市場が3.5、Amazonが3、といった所です。意外かもしれませんが、高評価が多いわけではありません。

 

良いレビュー

「購入から発送までちゃんと連絡もいただいて早目に発送してもらえた」

「パイプベッドなので大きくても部屋が狭く感じない」

「部屋が広く使える」

「普通の人なら2時間で完成できると思います。」

「もうここから出たくありません。本当に人をダメにするベッド。」

 

悪いレビュー

「ハンガーラックは案外低いので、過度の期待は禁物」

「全体的に工作精度が悪い。所定の位置にパーツをセットしてもネジ穴がぴったりと揃わない。」

「パーツが別途で梱包されている為、配達員が可哀想だった」

「机の位置を調整できれば尚良い」

「寝返りがひどい人は足元の机にぶつかる」

「寝ている時、宮棚の隙間から枕が落ちる」

「他の人の口コミにもあった通り組み立てがかなり大変だった」 

 

Amazonと楽天市場の評価が低い理由は主に2つです。組立構造の難しさと、製造品質の低さです。このベッドは他の製品に比べて組み立てるのが非常に難しく、2人以上での作業が勧められています。

 

一人で組み立てた人の中には、3,4時間掛った人もいたようです。これに関しては、友人を呼ぶか、覚悟を決めて一人で組み立てるかしかありません。

 

製造品質は「ネジ山が入らない」という口コミが多いです。組み立てる段階で形がゆがんだ可能性もあります。品質に問題ないという方もいますので、値段相応のベッドと考えるのが一番妥当な結論です。

 

配送に関して・価格・スペック

配送は個別包装を採用しています。それでLOWYA公式サイト、楽天市場、Amazonのどこから購入しても商品が個別に包装されて届きます。商品が大きいだけに配達時の受け取りは少し手間取る場合があります。

 

価格は公式サイトで税込み33,990円。(値段に変動あり)送料は基本無料です。

 

私は以前にもこのベッドの特集記事を書いたことがあるのですが、2017年頃の値段は24,990円でした。それを踏まえると、今も人気急上昇中のベッドであることが分かります。この1,2年で約10,000円値上がりしています。

 

LOWYA「人をダメにするベッド」

サイズ 213×107.5×150㎝

重量 42㎏

カラー ホワイト、ブラック

梱包サイズ 2梱包

209×46×13㎝ 106×106×15㎝

f:id:zakkiblog:20190416205452j:plain

LOWYA公式サイト参照

 

ワンルームにお住まいの方、これから一人暮らしする方にはピッタリです。もし悩んでいる方がいたら是非チェックしてみてください。それではこの辺で。おしまい。

 

By ざっきぶろぐ