雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

歴代のコメダ珈琲のかき氷紹介!口コミと値段情報まとめ

こんにちは。『ざっきぶろぐ』です。

 

皆さんは、コメダ珈琲のかき氷を食べたことがありますか?

 

毎年、夏季限定で販売されるのですが「絶品」、「量が多い」とか「インスタにあげたくなる」などの口コミが多く、評判の非常に高い商品として知られています。

 

コメダ珈琲の公式サイトでは「ふわっ、ヒヤッ、じゅわー」の3タイプを味わえるかき氷と表現されていました。

 

今回の記事では、そんな今話題の商品「珈琲所コメダ珈琲店」のかき氷情報についてタップリとご紹介します。

 

歴代のかき氷から口コミ情報も合わせてご紹介しますので是非ご覧ください。*1

コメダ珈琲のかき氷が人気な訳。

コメダ珈琲のかき氷は、株式会社コメダが毎年夏に期間限定で提供するメニューです。量が多く1品だけで満腹になるため「インスタ映えする」とか「コメダの名物商品」とまで言われています。

 

コメダ珈琲と聞くとシロノワールのイメージが強いのですが、かき氷も負けずと夏の風物詩としてすでに大人気なんです。

 

ふわっ、ヒヤッ、じゅわーと呼ばれているのは、ふわふわ&ひえひえの氷にシロップが口の中でじゅわーと広がるから。

 

ちなみに公式サイトを確認すると2014年からかき氷のメニューが載せられていました。

 

毎年メニューを使い回すのではなく新商品が出ていることを踏まえると、コメダ珈琲がいかにかき氷に力を入れているのかが分かります。それでは歴代のかき氷を順番に見ていきましょう。

2014年、カラフルなシロップで彩り豊かに

f:id:zakkiblog:20200126193106j:plain

コメダ珈琲 official website 参照

 

2014年は3種類のかき氷が新発売されました。ラムネ、ぶどう、メロン味です。その他に定番メニューのいちご、マンゴー、抹茶小倉なども販売されました。

 

この時のコンセプトは「ふわっ、ヒヤッ、じゅわー」ではなく、「ふわっ、シャリ、じゅわー」だったようです。

 

かき氷のシャリっとした触感とカラフルなシロップで彩り豊かなかき氷という印象の強い年でした。練乳やソフトクリーム、小倉あんをプラスすることもできました。

 

口コミを調べてみると、ラムネの色が微妙、というレビューをちらほら見かけます。写真ではブルーサワーのような青い色なのですが現実は少し違うようです。中には「カビみたい」と述べている方もいましたが実際は美味しいですよ。(笑)

大人の方が懐かしく感じる味を再現した2015年

f:id:zakkiblog:20200126193132j:plain

コメダ珈琲 official website 参照

 

2015年になると、すいか、キャラメルミルク、はちみつレモンの3種類が新発売されました。大人のお客様に懐かしさを感じてもらうべく、昔ながらの夏の風物詩を取り入れた新商品で勝負した印象があります。

 

口コミでは、すいか氷が「スイカバーを食べているような感じ」「見た目がスイカそのもので可愛い」「塩を掛けると美味しい」といったレビューが多く見受けられました。

 

キャラメルミルク氷の商品も「丼のような器の大きさでびっくりする」「甘くて美味しい」といった口コミが見られます。

 

しかしながら考えてみると、かき氷1つに600円というのはかなり値段が高く感じるかもしれません。ですが実際に注文してみると、その大きさに驚く方が多いようです。コスパ十分で人気になるのも頷けます。

2016年、コメダのコーヒーを使ったかき氷が発売

f:id:zakkiblog:20200126193553j:plain

コメダ珈琲 official website 参照

 

2016年にはまた別の新商品が登場しました。いちご、抹茶、キャラメルミルク氷の他に「コーヒーミルク氷」と「みかん氷」が新たに加わりました。

 

コーヒーミルク氷はコメダの珈琲を使用し、店舗手作りのコーヒーゼリーが使われています。みかん氷は国産の温州みかんを使った懐かしい味で話題となりました。

2017年、新たにピーチティー氷が発売

f:id:zakkiblog:20200126194803j:plain

コメダ珈琲 official website 参照

 

2017年に新発売された商品はピーチティー氷です。ピーチティー氷は、国産の桃を使用したシロップに紅茶ゼリーがトッピングされています。

 

一緒に食べるとシロップとゼリーが絡まってピーチティーのような味になります。その他にも、コーヒーミルク氷、みかん氷、いちご氷、抹茶氷など、これまでのラインナップも変わらず販売された年でした。

 

口コミでは「大人の味がする」「毎年違う味を楽しめる」「今年は絶品」「ゼリー入りで一味違う口当たりになる」といったレビューが見られます。

ついにシロノワールとコラボした2018年

f:id:zakkiblog:20200126195546j:plain

コメダ珈琲 official website 参照

 

2018年はコメダ珈琲の中でも一味違う新発売の年だったと思います。新発売されたかき氷の名前は「シロノワール氷」です。看板メニューのシロノワールとコメダ名物かき氷のコラボ商品です。

 

メープル入り特製シロップやソフトクリームなど、シロノワールの良いところはそのままにかき氷とのドッキングに成功したわけです。

 

その他にカフェオレ氷、マンゴー氷、いちご氷、抹茶氷のラインナップもそのまま販売されています。

 

コメダ珈琲に来たからにはシロノワールが食べたい、でも暑い猛暑でかき氷も食べたい、という方にピッタリです。

 

コメダ看板メニューとコメダ名物を良いとこどりできましたが、個人的にはすでに知っている味だったので新発見したという真新しさは少なかったと思います。

2019年、キウイ氷とりんご氷が発売

f:id:zakkiblog:20200126200643j:plain

コメダ珈琲 official website 参照

 

2019年は、キウイ氷とりんご氷の2種類が新発売されました。甘酸っぱくてジューシーな味を楽しめるキウイ氷と青森県産のりんご果汁を使用した甘い味が特徴のりんご氷。この他に、カフェオレ氷、いちご氷、抹茶氷も販売されました。

 

口コミを調べてみると「キウイの味が甘酸っぱくて美味しい」「分量が多い」「氷の粒が細かいので頭が痛くならない」「ソフトクリームとキウイは新鮮な組み合わせ」「キウイの果肉が酸っぱくて美味しい」といったレビューが見られました。

2019年のかき氷メニューの値段情報

せっかくなので2019年のかき氷情報だけさらに詳しくご紹介します。販売されたのは全部で5種類、キウイ氷・りんご氷・カフェオレ氷・いちご氷・抹茶氷です。

 

計5種類のシロップのラインナップがありますが、その他にソフトクリーム、小豆、練乳をトッピングすることができます。

 

2019年は一般的に4月25日に販売をスタート(地域によって異なる場合あり)し、9月下旬~10月の初め頃まで販売が行われました。

 

正確な期間開始・終了日は店舗によって異なります。詳しくは公式サイトで店舗検索を行ってみてください。そんな2019年の5種類のかき氷ですが、値段をまとめると以下の通りになっています。

 

①キウイ氷 630円(ミニ530円)

②りんご氷 630円(ミニ530円)

③カフェオレ氷 630円(ミニ530円)

④いちご氷 520円(ミニ420円)

⑤抹茶氷 620円(ミニ520円)

 

これは単品で注文した時の値段です。

その他にトッピングを付けるとさらに値段が高くなります。

 

・ソフトクリーム+120円

・練乳+70円

・小倉あん+110円

・コーヒーゼリー+110円(カフェオレ氷専用)

 

例えば、キウイ氷にソフトクリームと練乳をのせた場合は820円(キウイ&練乳・ソフト氷)となります。

 

カロリーはキウイ氷の場合176kcalです。これはトッピングなしの普通サイズのカロリーになります。かき氷なので、そこまで高くありませんよね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今回の記事では、歴代のコメダ珈琲のかき氷をまとめてみました。2014年以前も販売していますが、コメダ珈琲の公式サイトでは2014年までしか載せられていませんでした。

 

2020年はどんなかき氷が発売されるのか今から楽しみですね。詳しい情報が分かり次第、追記したいと思います。それでは今回の記事はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当サイトではコメダ珈琲に関する他の記事も書いていますので是非ご覧ください。それでは。