雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

左の股関節が痛い!原因と対処法を調べたら治ったよ

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

 

私事ですが数日前に左の股関節がとても痛くなりました。

 

最初は「何で痛いのかな~」と軽く考えていたのですが、だんだん痛みは増してきて股を少し開くだけでも痛くなりました。これ結構な重症です。

 

夜も寝返りを打つと痛いのであまり寝れません。(ほんとにきつい)

 

で、「左股関節 痛い」と検索するとまあ出てくる出てくる。

 

その中に思い当たる節が一つ。さっそく実践するとあら不思議。

 

あんな痛かった股関節が

数日後に本当に治りました。

 

てなわけで今回は左の股関節が痛い人向けに記事を書きたいと思います。

もし今、左の股関節が痛い人は参考にしてみて下さい。

 

f:id:zakkiblog:20170517055418j:plain

 

 

原因は変な姿勢、対処法はしっかり座る

先に原因と対処法を書きます。

 

とにかくしっかり座ることです。

 

ネットで調べると、股関節の痛みって原因や病名が色々あるみたいです。

 

ちなみに股関節が痛い場合の病気は「変形性股関節症」や「グロインペイン症候群」の可能性があるんだとか。

 

変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)とは、股関節の軟骨が徐々にすり減って変形してしまう疾患の事です。

 

グロインペイン症候群(鼠径周辺部痛症候群)は、スポーツなどの激しい運動によって、骨盤や股関節にストレスが生じ炎症を起こす病気の事です。

 

他には、妊娠によるホルモンバランスも考えられます。僕は絶対あり得ない...。

 

という訳で、色々調べたのですが、一つ思い当たるものを発見しました。それが、外反母趾(がいはんぼし)からの負担というものです。

 

外反母趾からの負担って?

外反母趾(がいはんぼし)というのは、親指の付け根が痛くなったり、足の先がクの字に曲がる病気です。

 

ハイヒールなどのつま先に負担をかけると起こりやすく、首や腰にも影響を与えるのだとか。

 

つまり、外反母趾から股関節辺りが痛くなることもあるそうです。そしてこの疾患を治すためには「適度な運動と生活習慣が大事」みたいです。

 

言い換えると、運動とか生活瞬間などのバランスが崩れてる時に股関節が痛くなりやすいってわけ。

 

そこで気がつきました。

そういえば

 

最近ちゃんと椅子に座ってないな

 

と。ブログ書く時もベッドの上で変な体勢で書いてました。明らかに姿勢が悪いしお尻に負担をかけているなあ、と気が付いたんです。

 

で、早速次の日からちゃんと椅子に座ってブログを書くようにしました。

 

そしたら本当に数日たって痛みが無くなりました!

 

ビックリですが姿勢ってそんなに大事なんですね。

 

まとめ

病院に行くのって結構面倒ですよね。自分では中々行きたくありません。自分で治せるなら、それに越したことはありません。

 

今回本当に病院に行くかどうか迷いましたが安心しました。まあ、でも安心は禁物なのでもう少し様子を見たいと思います。もし左の股関節で悩んでいる人がいたら参考にしてみて下さい。

 

とにかくちゃんと座る生活習慣を身に付けるのがポイントです

これでまたブログ書けるぞ!(笑)

 

2019年8月 追記

この記事は2017年5月に書きました。約2年前に書いた文章ですね。追記しますが、今も股関節の痛みは全くありません。

 

しっかり座る事、生活習慣を正すこと。たったこれだけで、痛みは和らいで本当に良かったです。参考にして頂けると嬉しいです。それでは。