雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

KINTOのコーヒードリッパーの口コミや評判(コラム)

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

KINTOのCOLUMNというコーヒードリッパーをこないだネットで見つけました。

結構面白い形のコーヒードリッパーなんですよね。

実際の画像がこれです。

これ、こう見えてドリッパー。

どうやって使うんじゃ!

というわけでKINTOのコーヒードリッパーの特徴や評判、口コミについて今回はまとめてみたいと思います。

KINTOコーヒードリッパーの特徴

まずはこのドリッパーの特徴から。

一言でまとめると、どこでも一杯分のコーヒーを抽出できるドリッパーですね。

カップの上にこのドリッパーを載せればどこでも抽出できます。

値段は1300円ぐらいで、サイズは径98×高さ70mm。

まあまあ良いじゃないですか?

しかもメッシュフィルターで経済的。

上から順番に

計量スプーン

フィルター

ホルダー

受け皿

が重なっています。旅行とかアウトドアにも便利だこりゃ。

KINTOコーヒードリッパーの口コミ、評判

少し気になるのがこのKINTOのコーヒードリッパーの評判ですよね。

確かに使いやすそうだし、旅行先で活躍するし、しかも1300円ですから。

まあまあ評価は高いと思います。

実際にAmazonや楽天で調べても、高評価でした。

いくつかまとめてみます。

低評価

ドリップしたコーヒーは、表面にテラテラと油が浮いた見た目もラーメンスープみたいでどうかと思ったし、底の方に細かい粉が残っていてまたそれも微妙。でもコクがあって、冬場はもしかしたら美味しく感じるかなという気もします。

ちょっと。

ラーメンスープって!

コーヒーの油分だよ!

もしかしたらメッシュフィルターだからでしょうね。

メッシュフィルターはペーパーフィルターと違ってコーヒーの油分も抽出されるので好き嫌いがあるかもしれません。個人的には好きです。ラーメンスープとは違いますが。(笑)

高評価

周りのケースは要らないかも、 それだけ頻繁に活躍しています。 わずらわしいフィルター交換も無し、 ずっと使えて便利!

確かに使い勝手は良いと思います。特に旅行先とかアウトドアで活躍するでしょうね。

まとめ

試してみる価値はありですね。でも個人的にはアウトドアに行かないので、家で飲むなら別の抽出法のほうが良いと思います。家でゆっくり飲めるのに、わざわざこれを買う意味がないですからね。

ただ評判は高いほうなので、買って損はないでしょうね。

コンパクトなコーヒードリッパーは他にもあるので、もし悩んでいる方は色々探してみると意外と良いものが見つかるかも。おしまい。