雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

キッチンエイドのコーヒーメーカーKCM4212SXの特徴

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

キッチンエイドが新しいコーヒーメーカーを2018年2月21日に発売しました。このモデル、なんと冷蔵庫のように冷えた入れ物からアイスコーヒーを抽出できる全く新しいタイプのコールドブリューコーヒーメーカーです。

 

キッチンのシンク周りに置くことだってできます。またはアウトドアに持っていきキャンプのご飯の時に冷えたアイスコーヒーを飲めるんです。最高ですね。というわけで今回はキッチンエイドのコーヒーメーカーKCM4212SXの特徴をまとめてみます。

 

キッチンエイドのKCM4212SXの特徴

このモデルはお湯ではなく水で抽出します。なので時間はかかりますが、その分美味しい味を抽出できるんです。使い方はとても簡単。コーヒー豆250gに水1Lを注いで待つだけ。抽出時間は8時間から24時間。紅茶や緑茶でも使えます。

 

ステンレスフィルターを使用しているので、何度でも使用できます。サイズは17.8cm(幅)×17.5cm(高さ)×20.3cm(奥行)、重さが2.5㎏。

 

大容量が高評価のポイント

 

実はこのモデル、意外と売れていてAmazonでは在庫切れの時もあるそうです。かなり需要が高いみたいです。

 

確かに考えると、今まで色々なコールドブリューコーヒーメーカーが発売されてきましたが、ここまでの大容量のモデルは初めてかもしれません。スポーツドリンクのように沢山飲めるのが高評価のポイントのようです。

 

使い勝手抜群!

このモデルは大きいですが、それ以上に使い勝手の良さもポイントなんです。通常大きければ大きいほど扱いにくくなるのが普通です。ですがこのモデルは、コーヒー粉を入れて水を注ぎ待つのみ、というシンプルな使い方をそのままに、手入れしやすい構造で設計されています。

 

素材は全てステンレスとガラスで出来ており、分解することができます。しかも食器洗浄機もOK。これは大きいですね。時々きれいにするときは食器洗浄機で簡単に洗い、細かな手入れは分解して洗えばいつでも清潔なアイスコーヒーを楽しめます。

 

コーヒーの粉と水の量、待ち時間で味を自由自在に変えられるので、とても楽です。ガラス製の中に銀色の部分が見えますが、これがステンレスフィルター。

 

ステンレスフィルターなのでゴシゴシスポンジで洗うことも可能です。ぜひ悩んでいる方は人気なのでこまめにチェックしてみて下さい。