雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

どうコーヒーを淹れる?カミラの直火式エスプレッソメーカーEMK010BK

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

「カミラ」の直下式エスプレッソメーカーをご存じでしょうか。

 

これ実は見た目が凄く変わっていて、最初どうやって使うのか分からないんです。私も画像を見る限り全く使い方が分かりませんでした。

 

というわけで今回はどうやってコーヒーを淹れるのか気になる直下式エスプレッソメーカー「カミラEMK010BK」についてまとめてみます。

 

 

 

どうやってコーヒーを淹れるの?

まず最初に気になるのがこのエスプレッソメーカーはどういう仕組みなのか?という話。簡単に説明すると以下の通りです。

 

クレマ(泡)がいっぱいのエスプレッソを簡単に作れる直下式のエスプレッソメーカー。直下式の場合、通常のエスプレッソメーカーと違い強い圧力をかけれないため、キレイなクレマは上手に作れないのが普通です。

 

でもこのカミラのエスプレッソメーカーは違います。直下式なのに独自の構造で強い圧力をかけられる仕組みになっているんです。その結果美味しいエスプレッソが簡単に抽出できるってわけ。

 

道理で不思議な形をしているわけです。

 

最初見た時、本当にコーヒーを淹れられるのかなあ?と疑問に思いましたが、それも全て強い圧力をかけるための形。このデザインだからこそキレイな細かいクレマを抽出できるんです。

 

 

どうやって使うの?

もう1つ分からないのは、このコーヒーメーカーの使い方です。

 

一体どうやって使うのかが凄く不思議です。調べてみると2つのハンドルを上手に使うそう。1つは水の量を調節するバルブ、そしてもう1つがコーヒーの粉をセットするハンドルです。

 

この動画がとても参考になります。

 

 

使い方は以下の通り。

 

1 水をタンクに入れます。(1杯分はタンクの半分、2杯分はタンク全部)

2 レバーを開けて水を中に入れていきます。

3 コーヒーの粉をハンドルにセットし

4 下から火をつける(直下式)

5 エスプレッソが出てきたら火を止めて完成。

 

多少簡単に説明していますが大体の流れはこのような感じです。

 

特徴は泡(クレマ)の量です。動画でもすぐに分かりますが、思った以上にキレイなクレマができていますね。しかもかなりの量です。本格的な美味しいエスプレッソが楽しめると思います。

 

カミラ直下式エスプレッソメーカーの口コミ・評判

では次に気になる評判や口コミについて。

 

このカミラの直下式エスプレッソメーカーは、珍しいデザイン、使い勝手などから、大ヒットしている商品ではありません。

 

当然の事ですが、やはりあまり口コミは多くないです。でも少ない口コミを見ると結構、高評価なレビューが多いんですよね。幾つか紹介します。

 

味に関して

これまでビアレッティのモカ・エキスプレスを使っていたのですが、同じ豆で淹れるとレベルの違う味がします。

 

カミラで淹れるとコクが違うだけでなくコーヒー豆からでる甘みを感じます。

 

本格的なエスプレッソマシンを持っていないので比較できませんがモカ・エキスプレスとの比較であれば価格に見合う価値があると感じました。

 

やっぱり美味しいみたいです。ただ、本格的なエスプレッソマシンと比べるとそこまで大差はないような気がします。直下式エスプレッソメーカーの中だけで見ると間違いなく美味しい部類だと思います。

 

ちなみに比較されているビアレッティのモカ・エキスプレスとは下の写真のエスプレッソメーカーです。直下式エスプレッソメーカーの第一人者的な存在ですが、それと充分渡り合える実力がある、それがカミラのモデルなんです。

 

 

もう一つ口コミを紹介します。

 

使い勝手に関して

(カミラ直下式エスプレッソメーカーは)IHでもOKでした。ただ、説明書はガス仕様なので工夫が必要です。ガスコンロの出力も各家庭、都市ガス、プロパンで異なるため、何回か試行が必要です。

 

うちのIHの場合は10段階ですが、説明書どうりだと圧が高すぎるのでしょうか。飛び散ってうまく行きません。 4のレベルのままで最後までボイルすると綺麗な泡がデミタスカップにちょうど良い高さまで満タンになります。

 

ただ、説明書の水の量は少なすぎるので、水の受け皿の高さ75パーセント程度の容量でちょうどいいです。また、コーヒー粉は押さえつけないようにと書いていますが、雑に入れると中に空洞ができてうまく抽出できません。

 

私はスプーンで押さえず、切るようにして粉を何回かに分けて入れています。粉を入れる容器の淵に粉が残らないようにしないと蒸気が漏れてうまくいきませんので、うちでは長いスプーンの取っ手で粉を水平にしています。

 

最初は色々と工夫は必要ですが、そこが楽しいし、一度うまくいけば後は同じことを繰り返すだけです。

 

他の方も書かれていますが、連続使用時は、少し冷ましてからがいいようです。交換部品はシリコンのパッキングくらいだと思いますので、複雑な機構のポンプ付きマシンに比べると維持費はとてもお安いと思います。

 

このコーヒーを飲むと他のコーヒーが飲めなくなります。 深い味わいと香りは、とても贅沢な感じです。

 

やはり使い方が難しいみたいです。特に「エスプレッソ初心者」だと、まず苦戦すること必至です。(笑)説明書もそこまで詳しく書かれていませんので、自分の淹れ方を見つけていくタイプのコーヒー器具だと思います。

 

一度、自分の好みの抽出を覚えれば「病みつき」になる事必死です。このエスプレッソを飲むと、他のエスプレッソが飲めなくなる、とも言われる位ですから、上手く抽出できれば最高の1杯を完成させることができるんです。

 

まとめ

f:id:zakkiblog:20190824212001j:plain

EMK010BK:Amazon公式サイト参照

 

コーヒー器具は、「誰でも簡単にコーヒーを淹れられるモデル」「その人しか出せない味を作れるモデル」の2つに分かれます。

 

このカミラの直下式エスプレッソメーカーEMK010BKは「その人しか出せない味を作れるモデル」の最高峰ですね。

 

初めは苦労しますが使っているうちに自分の好みの味が出せるようになります。そうなったらこっちのもんです。納得のいく味を出せるまでぜひ挑戦し続けて下さい。

 

詳しくは 楽天市場 か Amazon でチェックできます。