雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

ミル付きコーヒーメーカー「カフラーノ」の口コミや評判、価格

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

 

皆さんは ”カフラーノ” (Cafflano)というコーヒーメーカーをご存じでしょうか?

 

ドリップケトル、ミル、ドリッパー、タンブラーが集合したコーヒーメーカーです。

 

つまり、カフラーノ1台+お湯さえあればどこでも挽き立てのコーヒーが飲めるという優れモノ。

 

コンパクトで持ち運びもスムーズ(サイズは直径9㎝×19.5㎝)なので、登山やアウトドア用に購入する方が多いようです。

 

今回の記事では、カフラーノの特徴について、口コミや評判についてご紹介します。買おうかどうか迷っている方は参考にしてみて下さい。

 

f:id:zakkiblog:20190717231755j:plain

カフラーノ(Cafflano)Amazon 公式サイト参照

 

 

カフラーノってなに?

まるで水筒のような形をした「カフラーノ」(Cafflano)ですが、一体どんなコーヒー器具なのでしょうか?

 

簡単にまとめると、"持ち運べるミル付きコーヒーメーカー" と表現できます。

 

お湯を注ぐためのドリップケトル、珈琲豆を砕くためのミル、淹れる為のドリッパー、コーヒーカップとなるタンブラー、の4つがこの筒型の入れ物にまとまっています。

 

その革新的なデザインで特許も取得(特許6319431号)し、数々の賞も受賞した実績のあるコーヒーメーカーで、またの名を ”オールインワンコーヒーメーカー" とも言われています。

 

お湯と珈琲豆さえあればコーヒーを淹れられ、1万円以下で購入できることから話題になっている商品なんです。

 

カフラーノをチェックする

 

カフラーノ(Cafflano)のスペック

f:id:zakkiblog:20190717233737j:plain

カフラーノ(Cafflano)Amazon 公式サイト参照

 

スペックは、直径約9㎝ × 高さ19.5cm 、重さは 470g です。淹れられる容量は250ml(抽出時)。

 

その他の特徴

・繰り返し使えるパーマネントフィルター採用

・容量250ml

・コーヒー豆の挽き具合の調節が可能

・タンブラーの底はシリコンゴムで安定感抜群

 

選べるカラーバリエーション、使い方

f:id:zakkiblog:20190718030723j:plain

カフラーノ(Cafflano)Amazon 公式サイト参照

 

カラーはレッドとブラックの2色展開しています。

 

使い方は、

①珈琲豆を約15g~20g、ミルに投入し挽いていきます。

②ドリップケトルでお湯をドリッパーに注ぎます。

③コーヒーがタンブラーに溜まってきたら、ドリッパーを分離します。

 

評判・口コミ

f:id:zakkiblog:20190718031331j:plain

カフラーノ(Cafflano)Amazon 公式サイト参照

 

カフラーノの評判はとても高いです。Amazon 、楽天市場、Yahoo!ショッピングでも全て4.5以上を獲得しています。(期間によって評価の変動あり)

 

高評価のレビュー

高評価のレビューをご紹介します。

 

会社でも美味しいコーヒーが飲みたいと常々思っていたところYOUTUBEでこの商品を知り、買ってみました。

 

給湯室でゴロゴロ豆を挽くのは、多少恥ずかしさみたいなものはありましたが、慣れてしまえば気になりません。

 

私は金属フィルターは使った後の豆の掃除が面倒で、いつもペーパーフィルターです。

 

この商品は金属フィルターなのでうまいことペーパーフィルターがはまってくれないかなと思っていたところ、カリタのウェーブフィルターがいいとの情報を聞き、ウェーブフィルター155を買ってはめてみたところ、ほぼぴったりでした。

 

豆を挽いてみてもウェーブフィルターからこぼれることはありません。豆を捨てる時も、ウェーブフィルターごとゴミ箱にポイできて楽です。

 

この商品で淹れられるコーヒーは300mlぐらいですが、コンビニのコーヒーぐらいでちょうどいいです。

 

難点は、蓋の部分にお湯を入れるのですが、この部分が熱くなってしまうこと、こぼして火傷する恐れがあることです。私も一度お湯を手にこぼしてしまい、痛い思いをしました。

 

そこを気をつければ、自分の好きなコーヒー豆からコーヒーを淹れることができ、仕事の息抜きに最高です。

Amazon 公式サイト参照

 

公式ではありませんが、代用品としてペーパーフィルターを使用することができます。

 

元々のステンレスフィルターの場合、繰り返し使用できるというメリットがありますが、微粉末が入ってしまたり、使い始めは金属臭がしたりと苦手な方もいるようです。

 

ペーパーフィルターを使用したいという方は「カリタ(Kalita)のウェーブフィルター155」がぴったりフィットします。

 

カリタ(Kalita)ウェーブフィルター155

 

低評価のレビュー

低評価のレビューをご紹介します。

 

オフィスの休憩時間に使おうと思い購入。レビューを見て、スゴく簡単に挽きたてのコーヒーが飲めると勘違いしてしまいました!

 

はっきり言うとかなり面倒くさいです。仕事の30分休憩に使おうとしましたが、30分じゃ足りません。

 

・豆を挽くのに時間がかかる、音がうるさい為、周りの目が気になる

・作り始めから片付けが終わるまでに30分くらい時間がかかる

・使い終えた豆を捨て、綺麗に洗うという作業がかなり面倒くさい

 

以上の理由から、オフィスで使うのはオススメしません。そして家で使うなら他の商品の方がいいと思います。

 

ただ、コーヒー自体はスゴく美味しくできますし、自分で挽いてる感は気持ちが良いです!スタイリッシュでカッコよく、サイズ感も良いので持ち運ぶのは楽チンです。

 

ですので、アウトドア等でたっぷり時間があって、ゆっくり自分の手で挽いて作りたい、という時には良いと思います。

 

話題性もあります。完全な自己満足な商品なので、よほどのコーヒー好きではない限り、使用シーンを考えてから購入しましょう。

Amazon 公式サイト参照

 

数少ない低評価のレビューですが、その多くは利用目的がカフラーノのコンセプトと異なっていることが要因となっています。

 

オフィスや自宅で使用するには手間が掛かりますし、今の時代1万円あれば全自動コーヒーメーカーを購入できます。

 

キャンプ、登山などアウトドアで本領を発揮する製品ですので、購入用途を考えて使用することをおすすめします。

 

まとめ

f:id:zakkiblog:20190718033323j:plain

カフラーノ(Cafflano)Amazon 公式サイト参照

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は評価の高いミル付きコーヒーメーカー「カフラーノ」についてご紹介しました。コンパクトで電池や電気も使用しないので経済的です。

 

キャンプでコーヒーを飲む時、ついインスタントコーヒーをコンビニで買ってしまいますよね。それはそれで良いのですが、お気に入りの豆を自分で挽いて飲むコーヒーも格別ですよ!

 

カフラーノ(Cafflano)はそんなアウトドアの夢を叶えてくれる1台です。

 

カフラーノをチェックする