雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

これを読めばジェニオ2プレミアムの全てが分かる!(ドルチェグスト)

ネスカフェドルチェグストのジェニオ2プレミアムが人気のようです。主な特徴は「抽出が自動で止まる機能」です。カップに合わせて自動で止まるので最後まで見守る必要がありません。

 

というわけでこの記事では「ネスカフェドルチェグスト」のジェニオ2プレミアムについてまとめてみます。

特徴、評判、実際に使った感想(写真あり!)、定期便の情報、価格の順番で書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

「Nestle」の「ネスカフェ」の「ドルチェグスト」の「ジェニオ2プレミアム」?

ネスカフェにも色々あり過ぎて悩んでいる方が多いみたいです。それでまずはこの機種の位置づけを簡単に書きたいと思います。「ネスカフェドルチェグスト」はNestle製品の中でも近未来的なデザインが特徴のシリーズです。

 

今回紹介するジェニオ2は「ネスカフェドルチェグスト」の中でも、より使いやすい部類といえます。2012年のジェニオというモデルの改良版です。なのでジェニオ2なんですね。ではこの機種の特徴をいくつか挙げていきますね。

 

特徴1 オートストップ機能

 

オートストップ機能はこの機種の最大の特徴です。こぼれることがなく、ボタン一つで放っておけば良いので便利です。使い方としては以下の通り。

 

1 カプセルのメモリを確認し調節ホイールを回してメモリを合わせる

2 カプセルホルダーをセット

3 ロックハンドルを下げてセット完了

4 抽出ボタンを押しスタート!

 

正直本当に自動で止まるのか不安でしたが口コミを調べてみると、ちゃんと止まるようです。完成度の高さが伺えますね。

 

特徴2 ビックタンクで使いやすい

 

給水タンクが以前のモデルと比べて大きくなっています。一度で1L入るので何度も給水する必要がありません。自分用に、職場用にも活躍できる一台です。(約8杯分)

給水タンクは後ろに配置してあり、上にスライドすると簡単に外れます。給水はとてもしやすいです。

 

特徴3 美味しい専用カプセル

 

ネスカフェのドルチェグストシリーズのカプセルは様々なバリエーションがありますスーパーにも売っているので、簡単に自分の好きな美味しいコーヒーを選べます。バリエーションは15種類以上です。大まかにまとめると以下の通りです。

 

・レギュラーブレンド

・ローストブレンド

・エスプレッソ

・エスプレッソインテンソ

・アイスコーヒーブレンド

・宇治抹茶

・カプチーノ

・チョコチーノ

・ソイラテ

 

などなど。

 

ジェニオ2プレミアムの評判、評価、口コミ

 

評判はとても高いです。やはり人気な分、とてもレビューが多いです。幾つか口コミを調べたので、まとめてみますね。低評価な部分も紹介します。(口コミ内容は多少変えてあります。)

 

レビュー1人目

「1回に1杯分熱いまま飲めるので私に合っています。1日使って夜にパーツを全部洗うだけでお手入れ簡単。コーヒーメーカーと言っても甘いタイプのバリエーションが多くて無糖のバリエーションは少ないなと感じます。

 

座った状態でスイッチを入れるとスタンバイ状態の赤から緑になった事が確認出来ないのが不便。以前の物より音と振動が大きく響きビックリ。夜には使いにくいかもしれません。

 

自宅より職場にあれば使いたい・・・そんなタイプかな?でも、抽出時間が短いので忙しい時にも使えますし、横幅が意外とコンパクトで手入れしやすいので、重宝しています。」

 

レビュー2人目

「ネスレの定期便で利用しています。コーヒーはお店と同等以上の美味しさです。色々な種類(カプセル)があるので、気分によって変えられるのはありがたいです。

 

水がない時にスイッチを押すとカプセルを無駄にしてしまうので、お知らせ機能があれば助かるのですが…。「給水してください」的なボタンがあると分かりやすいんですけどね。」

 

レビュー3人目

「全体的に満足です。ただ、使っている内に味が飽きてきました。私はコーヒーをよく飲むのですが、あまり味に違いを感じなかったです。コーヒーの香りもあまり感じられない。中身は粉末コーヒーですからしょうがないですけど。

 

手軽にサッといれられるのは魅力です。カップに入ったコーヒーはいかにも美味しそうに見えます。ただ毎日365日ずっと飲むのはどうかな…。本気のコーヒーを飲みたいならNestleではなくデロンギを選ぶのも良いような気がします。」

 

 

全体的に高評価が目立ちます。以前のモデルと比べてジェニオ2プレミアムは改良された点が多く素晴らしい、という意見が多かったです。

 

「カプセルが楽でいい!」という意見と「本気のコーヒーならカプセルじゃなくてコーヒー豆を抽出できるモデルのほうが良い」、という2つの意見がありました。

 

個人的にはカプセルは忙しい朝にピッタリなので良いと思いますよ。毎日飲んでいると飽きるという方もいますが、飽きたらその日は別のコーヒーを飲めば良いですしね。

 

スペック

スペックは以下の通りです。

電源は100Vで、50/60Hz、定格消費電力1460Wです。サイズは幅16.5㎝×高さ29.6㎝×奥行25.7㎝で重量2.7kg。使用できる温度は5℃から45℃。ポンプ圧力は最大15気圧。

 

 

実際に使ってみた

ではここからは実際に使ってみた感想を書きたいと思います。私自身、ビジネスホテルに泊まった時にジェニオ2プレミアムが置いてあったので使ってみました。

 

f:id:zakkiblog:20180504113503j:plain


まずはコーヒーカプセルをジェニオ2にセットします。

下の画像が、コーヒーカプセルです。

ホテルにはカプセル2つだけしかありませんでした。

 

カプセルは意外と軽いです。中身はいっているのかな?(笑)上から見るとキレイな円型ですが、横から見ると何とも言えない不思議な形をしています。今回はマイルドブレンド「ルンゴ」を飲んでみます。

 

まずは給水タンクに水をいれます。タンクは上にあげるとすぐに取れます。隙間に水を投入。給水タンクは自立するので簡単に水を入れれます。

 

f:id:zakkiblog:20180504113226j:plain

 

入れづらいという口コミもあるみたいですが、「言われてみたら確かに…」ぐらいですね。逆にそこまで気にならない人も多いはず。水の入れやすさはその程度です。

 

水を入れました。今回は1杯しか飲まないのですが、少し入れすぎたかな?

 

f:id:zakkiblog:20180504113324j:plain

 

いざ電源ON!電源を入れると、スイッチ部分が点灯しました。またメモリの部分が緑色に光りました。カッコいい。その後、シルバーのレバーを上に持ち上げます。するとコーヒーカプセルをセットできるようになります。

 

ではコーヒーカプセルをセットしましょう。カプセルはピッタリ入ります。これは楽ですね。カプセルはあける必要はありません。そのままセットして元に戻し、シルバーのレバーを下に下げます。

 

f:id:zakkiblog:20180504113054j:plain

 

その際にカプセルの左部分にあるメモリをよく見ておきましょう。

ちなみに「ルンゴ」はメモリ4つ分でしたね。

 

メモリ部分を4つ分に設定します。上部分にある十字キーのようなシルバーのレバーを奥に押すとメモリが上に、手前に傾けるとメモリが下になります。ルンゴの4つ分に設定。この後は十字キーを右に傾けてスタートです。

 

十字キーを右に傾けてスタートさせるとあっという間に抽出が始まります。速いですね。ほんの数秒で抽出が始まりました。

 

そして数十秒で完成です。早速飲んでみましょう。でも飲んだら苦い!私はてっきりカフェラテのような味だと思ってました。でもバリバリの苦いコーヒーの味。予想と違ったので少し驚きました。(笑)

 

f:id:zakkiblog:20180504113123j:plain

 

その後シュガーを入れて混ぜ混ぜ。もう一度飲んでみると美味しい!丁度良い味になりました。なんというかハンドドリップで淹れるのとはまた違う味です。

 

ハンドドリップの場合はコーヒーの本来の味を楽しむもの。このドルチェグスト「ジェニオ2」はいかにもネスカフェらしい味だな、と感じます。美味しいです。

 

f:id:zakkiblog:20180504112952j:plain

 

あとはレバーを上にあげて、コーヒーカプセルを捨てるだけ。

 

飲んでみた感想は「手軽」

f:id:zakkiblog:20180504110344j:plain

 

今回飲んでみて一番の特徴は、「手軽さ」。とても簡単にコーヒーが飲めます。正直な話、ジェニオ2プレミアムよりも美味しいコーヒーはいっぱいあります。ハンドドリップで淹れる喫茶店の味と比べると、やっぱりジェニオ2の味は落ちますね。

 

ですが手軽さを考えたときに圧倒的にこのモデルは楽です。抽出スピードやコーヒーカプセルのセット等の手軽さを考えた時に、ついジェニオ2プレミアムを選んでしまう理由が良く分かります。この手軽さでこの味は丁度よいバランスですね。

 

 

カプセル定期便がお得?

最後にカプセル定期便の情報をまとめてみます。簡単にまとめると、カプセル定期便でドルチェグストを買うと、本体が無料になるという情報。

本当かなあ?と思い実際の公式サイトを調べてみたので、まとめてみます。

 

この記事の詳しい情報はNestleサイトで見れます。

ネスカフェ ドルチェ グスト/ネスレ

 

 

ドルチェグストとは?

f:id:zakkiblog:20171023161227j:plain

 

まずそもそもの話、ドルチェグストってなんじゃ?という方のために少し説明します。ドルチェグストとは、ネスレ製品の中の近未来的なデザインで注目されているコーヒーメーカーのモデルです。

 

分かりやすく言うと、トヨタの中のレクサス的な感じですね。Nestle製品の中でもコーヒー事業に力を入れて一歩先を進む機能美を兼ね備えたモデルがドルチェグストモデル、という訳です。

 

では本題に入ります。

どうして本体を無料で貰えるのか?って話です。

 

カプセル定期便なら本体無料

 

ご存知の通り、ドルチェグストはコーヒーをカプセルで抽出します。

コーヒーカプセルの定期便にすることで、一定の年数が経過すれば本体が無料でも、Nestle側が元を取れるという訳です。

 

でもこれだと、買う側にメリットがない。

そう感じる方!

ちょっと待って。

実は買う側のメリットもいっぱいあるんですよ。

 

カプセル定期便はやっぱりコーヒーカプセルが安い

カプセル定期分の場合、コーヒーカプセルが安くなるというメリットがあります。

実際に調べてみました。

 

カプセル定期便で購入する場合

本体~無料

カプセル~1箱16個入りで876円(カフェオレ)

もし、6箱以上お届けコースなら831円になります。

 

Amazonで購入する場合

本体~8200円(価格の変動あり)

カプセル~1箱16個入りで924円(カフェオレ)

 

楽天で購入する場合

本体~8800円(価格の変動あり)

カプセル~1箱16個入りで870円(カフェオレ)

 

Amazonと楽天で実際にチェックしてみる

あくまでも相場ですが、明らかにカプセル定期便は安いんです。

本体無料で、しかもコーヒーカプセルに至ってはAmazonや楽天よりも安い。

美味しいコーヒーが手軽に飲めるという点を踏まえると、かなりお得な情報だと感じますね。

 

まとめ

f:id:zakkiblog:20171023162329j:plain

 

手軽に美味しいネスカフェシリーズを楽しみたい!

会社のオフィスに一台コーヒーメーカーを設置したい!

自宅で簡単にコーヒーを飲みたい!

コーヒーカプセルを買う時間がない!

 

そんな方は試してみる価値ありです。

もし、悩んでいる方がいたらぜひ試してみて下さい。

 

この記事の詳しい情報はNestleサイトで見れます。

ネスカフェ ドルチェ グスト/ネスレ

 

 

ドルチェグスト「ジェニオ2」を無料で買うことも出来ます。

ネスカフェ ドルチェ グスト/ネスレ