雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

勝手に評価!サッカー日本代表歴代監督の一覧(オシム、アギーレ等)

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

最近サッカーが盛り上がっていますね。なんか年々盛り上がってる気がします。サッカーが日本に浸透してきた証拠です。

 

ところで、ふと疑問に思ったことがあります。歴代の日本代表監督ってどんな人だったかな~と。

 

というわけで今回の記事では歴代のサッカー日本代表監督の情報と僕が覚えている歴代監督の評価をまとめます!

 

f:id:zakkiblog:20170331121654j:plain

 

 

※在任期間は初采配の試合開始月と最後に行った試合の日付でまとめています。

 

ハンス・オフト(オランダ)

在任期間は1992年5月~1993年10月。

 

1994年W杯予選でドーハの悲劇を経験した監督。あの時は可哀そうだったと思います。私も動画で何度も「ドーハの悲劇」を見ました。あれ以来日本代表は粘り強くなりました。

 

「絶対に負けられない戦いがそこにはある」という言葉を聞くと「ドーハの悲劇」を思い出す人も多いのでは。結局負けちゃいましたけどね。

 

パウロ・ロベルト・ファルカン(ブラジル)

在任期間は1994年5月~1994年10月。

 

ハンスオフトはオランダ出身。対して新しく日本代表に就任したファルカンはブラジル出身。

 

新しい風を吹かせようとして新監督を任命したんでしょうね。だって日本はドーハの悲劇で落ち込んでいる最中だったから。

 

でも全然ダメ。全く強くなかった。アジア大会では韓国よりも上に行けず、なんと5カ月で解任。早過ぎる。(笑)この頃は「ドーハの悲劇」の印象が強すぎてテレビでもほとんどファルカン監督の姿は放映されていない気がする。

 

加茂周(日本)

在任期間は1995年1月~1997年10月。

 

「オランダ出身もブラジル出身もだめだな、やっぱり日本の監督がいいべさ!そうだ加茂さんにお願いしようだべざ!」

 

ってなわけで監督になった加茂さん。

 

横浜マリノスを強豪に引き上げた名監督だそう。加茂さんは個の力ではなく組織で勝つことを教えました。もしかしたら今の日本代表は加茂周が作り上げたのかもしれない。

 

岡田武史(日本)

在任期間は1997年10月~1998年6月。

 

ここら辺から覚えている人も多いはず。この期間に日本代表は初めてのワールドカップ出場を果たす。すごいね。ここまで来るとは思っていなかった。

 

やっぱり個より組織のほうが日本は合っていたのでしょうね。

で、いざワールドカップ本選。

 

「あれ?弱い・・・3戦全敗で、岡田ダメだな。」

 

そして解任。悲し過ぎる。

 

フィリップトルシエ(フランス)

在任期間は1998年10月~2002年6月。

 

この時、名古屋グランパスの監督だったアーセン・ヴェンゲルが推薦したらしい。

 

「アーセナルに行く前に日本に監督を招聘します!」なんて言って。(言ってない)

 

とにかくこの決定は大当たりだった。初めての自国開催ワールドカップでグループリーグを突破したのだ。前回は3戦全敗のグループリーグ。今回は見事グループリーグを突破。ある意味歴史的な監督となりました。

 

ジーコ(ブラジル)

在任期間は2002年7月~2006年6月。

 

ここら辺で日本は気づき始めた。

 

「やっぱり外国の監督最高!」って。そこで名選手を監督にすることに決めたのだ。その人物こそが監督経験のなかったあの「ジーコ」だ。でもちょっと心配だった。

 

だって監督経験がないんだもん。

結局アジアカップは優勝したけどワールドカップはグループリーグ最下位。

 

イビチャオシム(ボスニアヘルツェゴビナ)

在任期間は2006年8月~2007年11月。

 

日本が次に目を付けたのがジェフ千葉で初タイトルをもたらしていたイビチャオシム。

 

最後は調子が悪くなり緊急入院して辞めてしまったけど「考えて走るサッカー」を提言し続けた個人的に好きな監督。

 

まだまだ続けられたと思う。終了後には「ジーコを惜しむ」という名言?も飛び交った。

 

岡田武史(日本)

在任期間は2008年1月 - 2010年6月。

 

オシムが急に指揮をとれなくなった時に白羽の矢が立ったのが前監督の岡田監督だ。

 

「なんでまた岡田なんだ!」という意見が多かったみたい。でも結果はワールドカップグループリーグ突破。国外のワールドカップでは初めてのこと。

 

オシム監督への思いも相まって、意外と好成績を残した。

 

ザッケローニ(イタリア)

在任期間は2010年10月~2014年6月。

 

「岡田監督のあとはどうする?やっぱりヨーロッパで経験を積んでいる監督が良いよね!」

 

ってなわけで選ばれたザッケローニ監督。

 

3バックシステムを採用したり新たな風を吹かせた監督だ。ここからアギーレとハリルホジッチと続いていくわけだが、あんまり変わらない印象を受けてしまう。

 

アギーレ(メキシコ)

在任期間は2014年8月~2015年2月。

 

八百長疑惑が問われ監督の仕事が出来なくなり途中で解任。解任なのか自分から辞めたのかは分からない。事実上、契約解除といったところだろうか。

 

これからだぞ、て時に解任だったから正直あんまり深い印象はない。

 

ハリルホジッチ(ユーゴスラビア)

在任期間は2015年3月~2018年4月7日。

 

そして新監督が招聘された。

 

その監督こそがハリルホジッチだ。新しい選手も積極的に採用しチームの若返りを図った。原口元気、清武弘嗣などの若手を積極的に使い、チームに新しい風を吹かせ続けた。

 

とりあえず問題は、2018年のロシアワールドカップだろう。本選出場したとしてどこまで進めるか。僕の個人的な予想はグループリーグ突破して終了、ぐらいかな?

 

全然成長していない気がする。ベスト8ぐらいまでいってほしいなあ~。

 

西野朗(日本)

在任期間 2018年4月9日~2018年ロシアW杯まで(約2か月)

 

とここでまさかのハリルホジッチ監督解任。

 

その後、すぐに行われたW杯で結果を出したのが西野朗監督。チームの立役者。2018年ロシアワールドカップでまさかのコロンビアに勝利。セネガルに引き分け、グループリーグ2位通過を果たす。

 

ベスト16で惜しくもベルギーに敗れはするが、スリリングな試合展開で多くの観客を沸かせました。計算されたオフサイドトラップは見事でしたよね。

 

森保一(日本)

2018年7月26日に西野朗の後任として日本代表に選ばれた。

 

ザッケローニ、アギーレ、ハリルホジッチと外国人監督が続いていただけに日本代表監督は最高!という想いが現在。

 

というのも、アギーレは「八百長疑惑」、ハリルホジッチは「コミュニケーション不足」と問題だらけ。

 

クリーンで真面目な日本人という雰囲気が出ています。このままキリンチャレンジカップで成果を出したいところ。

 

まとめ

実際に調べてみて思ったことが2つあります。

1つ目は結局グループリーグ突破してもすぐに負けること。

 

どうしてなんだろう。まだ経験が足りないのかな。すぐに負けてしまう。グループリーグと一発勝負のトーナメントは雰囲気も違うんだろうね。でも今の日本はグループリーグ突破で喜んでいる場合じゃない。

 

2つ目は日本の監督と海外の監督が交互に入れ変わっていくこと。

多分、森保監督の次はまた外国の監督になりそうな気がする。

 

これからどうなっていくか、今から楽しみで仕方ありません。

 

それでは。