雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

チェキとは?使い方や値段、フィルムの種類からレンタルまで総まとめ

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

 

突然ですが、皆さんは「チェキ」というカメラを知っていますか?

 

富士フイルム株式会社は販売しているインスタントカメラなんです。

 

富士フイルムと言えば1980年代に発売された「写ルンです」が話題になりましたよね。あれから30年の月日が流れ、インスタントカメラは時代とともに変化しました。

 

しかし今なお人気を保っています。その人気商品こそが「その場で印刷できる」というスマホにはない強みを兼ね備えたinstaxシリーズ「チェキ」なんです。

 

今回の記事では富士フイルムのチェキをご紹介します。

 

チェキとは何か?使い方から価格、フィルムの種類からレンタルチェキ、ふるさと納税の返礼品でチェキを貰える情報など全てをご紹介します。

f:id:zakkiblog:20190617175856j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

※2019年6月追記

すでに買いたいチェキが決まっている方、チェキのレンタルについて知りたい方、ふるさと納税の返礼品として受け取りたい方は、下記の目次を活用して下さい。

 

 

①チェキとは

f:id:zakkiblog:20190617190315j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

チェキとは、富士フイルムのインスタント写真システム instax(インスタックス)をベースに作られた商品の商標 です。

 

インスタントカメラにプリンターが合体しているのが特徴です。

 

チェキのハイスペックなシリーズになると、シャッタスピードやピントを合わせる機能が付いています。インスタントカメラながら、かなりハイスペックな商品になっています。

 

チェキの人気の秘密

f:id:zakkiblog:20170528212453j:plain

 

ネット社会において、1枚の写真としてプリントできるアナログさが人気の秘密。確かにスマホに写真を保存したまま放ったらかしの画像って結構あります。

 

印刷すると、写真が残るので後で見返すのに良いですよね。

 

富士フイルムの独自調査ではチェキユーザーの7割が女性だそうです。韓国で女優さんがドラマで使用していたりと、日本でもジワジワ人気が高まっているみたい。

 

広瀬すずさんや二階堂ふみさんがチェキとコラボしたり本体を持っているとの情報もあります。それは人気出ますよね!

 

チェキの良い所は世界で1枚だけの写真が撮れるところ。その場でプリントすればその時のたった1枚の思い出になります。しかも複製するにはスキャナーに取り込むしかありません。

 

デジタルカメラの場合はSDカードに保存できますよね。印刷したい時にいつでもプリントできます。でもチェキはSDカードが入りません。

 

思い出はその時しか味わえない。

だからこそ一瞬を大切に。

 

そんな雰囲気を感じますね。チェキ、欲しくなってきた!

 

②チェキの使い方

f:id:zakkiblog:20190617212002j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

では、ここからはチェキの具体的な内容についてです。1つ目はチェキの使い方です。使用方法は通常のインスタントカメラ(写ルンです)と同じ。

 

シャッターを押せば撮れます。

 

本当にこれだけ。簡単ですよね?(笑)

 

カメラ好きの方なら迷わないと思います。ただ問題はインスタントカメラを触ったことがないカメラ初心者。もう少し詳しく書きますね。

 

1.電池を入れます。

2.フィルムをセットします。(裏側に専用フィルムをセット)

3.電源ボタンを押します。 → レンズが出てきます。

4.チェキのモデルによっては、明るさ機能、フラッシュ、ピント合わせ等々を設定します。(オート撮影ならそのままでOK)

5.写真を撮り、印刷スタート!

 

簡単です!

 

基本は「写ルンです」のようなインスタントカメラと同じ要領で撮影できます。ただ今のチェキは新しいモデルが出るたびに、新機能が増えているんです。

 

チェキの他の機能

f:id:zakkiblog:20190617190843j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

例えばこんな機能があります。(モデルによって違います。)

 

・レンズ周りのダイヤルで「屋内・夜間」「曇り・日陰」「晴れ・薄曇」「快晴」など明るさを調整できる。(ホワイトバランス)

 

・レンズの横に小さな鏡が付いている。(セルフィーショット)自撮りする時に大活躍。

 

・撮影シーンに合わせて切り替えるマクロモード・遠景モード。

 

これはチェキの一部の機能です。対応しているモデルは是非使いたい所。

 

インスタントカメラなのに機能が充実していますよね。世界でたった1枚の写真を、より失敗せず撮影できる機能が増えています。

 

では早速、チェキのラインナップをご紹介します。機能と値段(価格)も載せておきますので参考にしてみて下さい。

 

③チェキラインナップ(価格)

f:id:zakkiblog:20190617190106j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

2019年6月現在、チェキは12種類のラインナップがあります。

 

オーソドックスなモデルから高級路線のチェキまで幅広い種類があるのは嬉しいポイント。自分に合ったモデルが選んでくださいね。

 

1.チェキ instax mini シリーズ

1つ目に紹介する「チェキ instax mini シリーズ」はプリントサイズが 54×86mm のカードサイズの写真を印刷できるモデルです。

 

本体もコンパクトなのでポケットにすっぽり入ります。ラインナップは8種類です。

 

チェキ instax mini LiPlay

f:id:zakkiblog:20190617184539j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

価格18,900円(公式サイト参照)

 

2019年6月に発売された最新機種。このモデルはシリーズ史上最少・最軽量です。(サイズ 82.5mm×122.9mm×36.7mm、重量 約255g)

 

最新モデルなので、内蔵メモリーに45枚保存でき、microSD(または microSDHCメモリーカード)を入れることも出来ます。

 

 

チェキ instax mini 90 ネオクラシック

f:id:zakkiblog:20190617185841j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

価格20,366円(公式サイト参照)

 

2013年9月に発売されたモデル。主に男性をターゲットにしたクラシック風なデザインが特徴です。サイズは113.4 × 91.9 × 57.2mm、重さは296g。プリント時は持ち手の左から写真が出てきます。

 

大人のガジェットをテーマにしたチェキです。主な機能は、二重露光モード・バルブモードシャッター・マクロ撮影モード・キッズモード・パーティーモードなどがあります。

 

 

チェキ instax mini 70

f:id:zakkiblog:20190617190657j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

価格14,990円(公式サイト参照)

 

「撮るを遊ぼう」 をコンセプトに楽しく撮影することを中心に考えられたシリーズで、カラーバリエーションが最も豊富なモデルです。(ホワイト・イエロー・ブルー・レッド・ブラック・ゴールド)

 

主な機能は、セルフィーモード・セルフショットミラー・背景きれいフラッシュなどが搭載されています。

 

 

チェキ instax mini 25

f:id:zakkiblog:20190617194838j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

価格10,265円(公式サイト参照)

 

チェキの中でもリーズナブルな価格が特徴のモデルです。2013年に発売されたモデルで「タテ撮り」「ヨコ撮り」2つのシャッターボタンが付いています。

 

機能は、背景きれいフラッシュ・濃淡コントロール機能・セルフショットミラー・接写レンズ 等々です。

 

 

チェキ instax mini 8+

f:id:zakkiblog:20190617195853j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

価格9,590円(公式サイト参照)

 

この「チェキ instax mini 8+」は以前、広瀬すずさんが公式ホームページに採用され、若い女性に人気の定番モデルです。評価も高く、コンセプトは世界で一番かわいいカメラ。

 

機能、値段、デザイン、どれをとっても、お洒落で癖のないシンプルなチェキです。主な特徴は、ハイキーモード・セルフショットミラー等々があります。

 

 

チェキの中での可愛さ担当のモデル。学校でみんなとバシャバシャ撮りたい!という人向けです。修学旅行とかで盛り上がりそうですね。(笑)カラーは「バニラ・ミント・ストロベリー・ハニー・ココア」の5種類です。

 

チェキ instax mini HELLO KITTY

f:id:zakkiblog:20190617200737j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

価格10,670円(公式サイト参照)

 

2014年11月に発売された、チェキとハローキティとのコラボ商品です。美白機能、自撮りミラー機能などが搭載されています。

 

キティちゃん好きの方向けです。

 

 

チェキ instax mini 25 リラックマ

f:id:zakkiblog:20190617204711j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

価格10,265円(公式サイト参照)

 

チェキ instax mini 25 のリラックマバージョンです。背景きれいフラッシュ、タテ撮り・ヨコ撮りの2つのシャッターボタンがあります。他にもセルフショットミラー機能があります。

 

 

チェキ instax mini 8 ぐでたま

f:id:zakkiblog:20190617204346j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

価格9,590円(公式サイト参照)

 

2017年3月に発売されたモデル。instax mini 8 のぐでたまバージョンです。サンリオの人気キャラクター「ぐでたま」。ゆる~いチェキで写真を撮りましょう!

 

 

以上8つのモデルが、「チェキ instax mini シリーズ」でした。プリントサイズ 54×86mm のカードサイズの写真をその場で印刷して、楽しみましょう!

 

2.チェキスクエア instax SQUARE シリーズ

2つ目に紹介するシリーズは「チェキスクエア instax SQUARE」です。このモデルは全3種類あります。プリントサイズは、 86×72mm 。

 

正方形のサイズの写真を撮りたいなら、この3つのモデルからお選びください。ちなみにこのSQUAREシリーズは、instax mini シリーズよりも機能が充実しているモデルが多いです。

 

チェキスクエア instax SQUARE SQ20

f:id:zakkiblog:20190617210103j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

価格24,300円(公式サイト参照)

 

2018年11月16日に発売されたモデルです。コンセプトは「時を操るチェキ」。動画から画像を切り出して印刷できます。

 

他にもモニター見ながら撮影できたり、多彩なフィルター加工、残像フィルターなど様々な機能が付いています。ここまでいくとデジタルカメラ並みの機能ですよね。

 

 

チェキスクエア instax SQUARE SQ10

f:id:zakkiblog:20190617210617j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

価格21,060円(公式サイト参照)

 

2017年11月に発売され、チェキスクエアシリーズの前駆者となったモデルです。今までの instaxシリーズ を受け継ぎながら、新たなスタンダードモデルを目指した機種に仕上がっています。

 

主な機能は、二重露光、バルブ撮影、microSDカードからのプリント、等々です。

 

ホワイトとブラックの2種類を展開しています。ですが「instax SQUARE SQ10(Black)」は、2019年5月で出荷終了になったので、現在はホワイトのみです。

 

 

チェキ instax SQUARE SQ6

f:id:zakkiblog:20190617211727j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

価格17,150円(公式サイト参照)

 

2018年5月に発売されたモデル。全5色展開。メタリック調のスタイリッシュなデザインが特徴的です。コラボ商品で、テイラースウィフト Edition も販売されています。

 

主な機能は、オートモードやセルフィーモード、セルフショットミラー、マクロモード遠景モード切替等々があります。

 

テイラースウィフトEdition

 

カードサイズの印刷ができる「チェキ instax mini シリーズ」と比較して「チェキスクエア instax SQUARE シリーズ」は価格がやっぱり高いですよね。

 

3種類とも15,000円以上します。でもその分、機能も充実している最新モデルです。

 

3.チェキワイド instax WIDE

最後に紹介する3つ目のモデルはワイドタイプです。チェキワイドフィルムは「86×108mm」です。

 

instax mini シリーズ(86×54㎜)と比較すると横幅が2倍の大きさでプリントアウトできます。

 

チェキ instax WIDE 300

f:id:zakkiblog:20190617213212j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

価格13,910円(公式サイト参照)

 

このモデルは2014年11月に発売された機種です。ポイントは唯一のワイド型であること。 今までのチェキの2倍の写真サイズ(通常の写真サイズ)で印刷できるんですね。

 

主な機能としては「高精度オートストロボ」(フラッシュ発光量を自動調整)、「ストロボ強制発光」(逆光時きれいに補正)、「濃淡コントロール機能」(印刷する前に明るさを調節できる機能)などです。

 

 

ワイドの通常サイズの写真で撮影したい、という方向けのチェキです。デザインも他のチェキに比べて大きいですが、その分、高級感が増していますね。どちらかというと男性向きかも。

 

④フィルムの種類

f:id:zakkiblog:20170528212302j:plain

 

チェキを使ううえで問題なのはフィルムですよね。もちろん、チェキ専用のフィルムを購入する必要があります。

 

旅行時にチェキを使うのであれば、ギリギリで用意するよりも、先にAmazonや楽天で買っておいた方が楽です。意外とコンビニにはまだ売っていませんので。

 

ちなみに「instax mini」「SQUARE シリーズ」「instax WIDE」ではサイズがそれぞれ違いますのでご注意ください。

 

1.チェキ instax mini シリーズ

 

2.チェキスクエア instax SQUARE シリーズ

 

3.チェキワイド instax WIDE

 

チェキのフィルムには元々柄の付いたタイプもあります。「ストライプ・コミック・シャイニースター・ステンドグラス・ファインディングドリー・ミッキーマウス」等々たくさん種類がありますので、好みのフィルムを探してみて下さい。

 

⑤チェキをレンタルできる

f:id:zakkiblog:20170528220505p:plain

 

チェキをレンタルすることもできます。簡単に言うと、旅行の時にチェキを一時的にレンタルできるという話です。

 

チェキは安くても1台10,000円ほどします。旅行の時だけチェキを使いたいなら、わざわざ購入するのは勿体ないです。そんな時にレンタルチェキがおすすめです。

 

レンタルサービスのサイトとして知られるRentio(レンティオ)でチェキを借りられます。

 

カメラ、家電、ガジェットのレンタル【Rentio】

 

レンタル方法は以下の通りです。

 

1.Rentioでチェキをレンタル注文

(何泊レンタルするのかをチェック)

2.レンタル品が届く

3.使ったらコンビニで返却し終了

 

とても楽ですよね。ただ旅行前日だとチェキが間に合わないこともあるみたいですので、早めにネット予約し、お届け日を指定しておくことをおすすめします。

 

ちなみに、チェキ instax mini 8 は3泊4日で1,980円でレンタルできます。

 

f:id:zakkiblog:20190617215853p:plain

Rentio officialsite 参照

 

一見、安いと感じますが、フィルムも一緒に購入する事を忘れないでくださいね。フィルムは20枚で1,200円で販売されていました。ということは合計3,000円弱ですね。(3泊4日の場合)

 

う~ん。微妙な値段...

 

チェキ instax mini 8 は9,590円(公式サイト参照価格)で買える機種です。3泊4日で3,000円なら、もうAmazonで本体を買ったほうが安い気がするのは気のせいでしょうか?

 

「今回の旅行だけ!絶対に今後使わない!」と分かっている人ならレンタルしても良いと思います。

 

でも、今後もチェキを使う可能性があるなら、本体を買った方が安い場合もありますね。それぞれの状況に合わせて考えてみて下さい。

 

Rentioでチェキをレンタルする

カメラ、家電、ガジェットのレンタル【Rentio】

 

 

⑥ふるさと納税の返礼品でチェキをもらう方法

最後に「ふるさと納税」すると返礼品でチェキがもらえる特典についてご紹介します。ここからは「ふるさと納税」をする人向けの内容になります。

 

ふるさと納税とは、世帯年収や家族構成によりますが「寄付をした金額ー2,000円」が、次の年の税金から控除されるというサービスです。税金対策に行っている方は多いですよね。

 

もっと簡単に説明すると、3万円自治体に寄付すれば翌年の住民税から2万8千円が控除されます。

 

「納税」という言葉を使っていますが、つまるところ「自治体への寄付」と同じです。

 

その返礼品として、各自治体からプレゼントを寄付額に応じて選ぶことができるんです。その中に、チェキがあるのをご存じでしょうか?

 

f:id:zakkiblog:20190617221743p:plain

ふるさとプレミアム officialsite 参照

 

神奈川県南足柄市の自治体が提供しています。以下の金額をふるさと納税すると、実質2,000円でチェキを購入することができます。

 

寄付額35,000円 “チェキ” instax mini 8+

寄付額62,000円 “チェキスクエア” instax SQUARE SQ6

 

それに加えて、2019年7月1日からはキャンペーンを実施しています。この期間中にふるさと納税をした方は、寄付額の3%のAmazonギフト券を翌々月に受け取ることができます。

 

チェキを受け取る方法は以下の通りです。

 

ふるさとプレミアムでチェキをカートに入れる。

②無料会員登録をして寄付をする。

 

たったこれだけで、チェキを購入することができます。ふるさと納税をすでに行っている方、または今後、税金対策に考えている方は試してみて下さい。驚くほど簡単にチェキが手に入ります。

 

ふるさと納税でチェキを受け取る

カメラの返礼品一覧 | ふるさと納税サイト「ふるさとプレミアム」

 

まとめ

f:id:zakkiblog:20190617222521j:plain

【instax<チェキ>】公式サイト 参照

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事では、

 

①チェキとは何か?

②使い方

③チェキのラインナップ(種類)

④フィルムの種類

⑤レンタルチェキの情報

⑥ふるさと納税の返礼品でチェキをもらう方法

 

をご紹介しました。

 

チェキの何が良いかと聞かれると、やはり世界でたった1枚の写真をその場で撮影し印刷できる事です。

 

スマホで撮影すると一旦保存はされますが、見返すのが大変。わざわざ印刷するのも面倒ですよね。

 

本当に写真として残したい場面(結婚式や記念旅行など)こそチェキを使うのもありだな、と感じました。

 

長くなってしまいましたが、最後まで読んで下さりありがとうございます。それでは。

 

この記事の画像出典元

インスタントカメラ【instax<チェキ>】公式サイト