雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

レビュー・口コミ「アイリスオーヤマ」の布団クリーナーは買い?フィルター交換法

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

皆さんは、安くて人気のある布団クリーナーをご存知ですか?

それが今回の記事のテーマ。

 

f:id:zakkiblog:20190531154848j:plain

アイリスオーヤマの布団クリーナー「IC-FAC2」

 

アイリスオーヤマのIC-FAC2 という布団クリーナーです。

(現在は最新モデルIC-FAC3が販売されています。)

 

このモデル、Amazonのベストセラー商品にも選ばれた実績があります。楽天市場での布団クリーナーランキングでも1位を獲得するほどの大人気商品なんです。

 

その理由はずばり、1万円以下で布団がきれいになるからです。

 

少し前にダイソン(dyson)の布団クリーナーが話題になりましたよね。でも、数万円する事から、中々手が届きませんでした。

 

でも、今は格安の1万円以下で、しかも評判の高いモデルが簡単に手に入るんです。

 

という訳でこの記事ではアイリスオーヤマの「IC-FAC2」という布団クリーナーのご紹介です。最新モデルIC-FAC3(2019年5月15日発売)との違いもご紹介します。

 

吸引力が落ちてきた時の手入れの方法・フィルター交換方法もぜひ参考にしてみてください。

 

 

アイリスオーヤマ布団クリーナー「IC-FAC2」の特徴

f:id:zakkiblog:20190531155006j:plain

価格は1万円以下で購入できます。

 

価格の安さ

このモデルの最大の特徴は価格の安さ。なんと7,000円で購入できます。新しいモデル IC-FAC3(2019年5月15日発売)ですら、1万円で購入できます。

 

ちなみにダイソンの布団クリーナーの価格は3万円です。約1/3の値段で評判の高い布団クリーナーを購入できるのは嬉しいですよね。Amazon、楽天市場でそれぞれ販売されています。

 

IC-FAC2

 

NEWモデル IC-FAC3(2019年5月15日発売)

 

コードの長さは驚異の4m

コードの長さにも特徴があります。驚異の4mです。

 

今の時代、ダイソンを含めコードレスのモデルが増えてきていますよね。でもアイリスオーヤマの IC-FAC2 はわざと4mのコードを付けました。これが大正解。

 

通常のコードレス布団クリーナーはこまめな充電が必要で、使用するたびに吸引力が落ちてきたりと、まだまだ発展途上なんです。

 

その点、このモデルはずっと強力な吸引力を保つことができます。

 

私自身使ってみて、すごく便利です。4mと聞くと「長いなあ」と感じるかもしれません。でもベッドの隅々まで吸引するとなると、そのぐらいの長さが必要なんですよね。4mは丁度良い長さだと思います。

 

ダニありセンサー

そして「ダニありセンサー」を搭載しているのも特徴の一つ。これはダニやちりの量をランプの色で知らせてくれる機能です。

 

布団が汚れている場合は赤色、少し汚れている場合はオレンジ色、綺麗な状態だと緑へと色が変わります。とても分かりやすいです。

 

電源を付けると勝手にランプが光るので、色を確認しながら掃除すればあっという間にきれいになります。

 

f:id:zakkiblog:20190531161534j:plain

緑色に光っているのできれいな状態です。

 

シンプルで分かりやすいボタン

ボタンは「モード選択 切/入」の一つだけです。これが電源ボタンになります。

 

1回押すと「標準」モード

2回押すと「弱」(たたきなし)モード

長押しすると「ターボ」(たたきあり)

 

になります。「弱」モードでも吸引力は抜群です。シンプルなボタンなので布団クリーナー初心者でも使い方は迷いません。私自身、説明書なしでも使えました!

 

強力吸引+たたき機能搭載

f:id:zakkiblog:20190531162546j:plain

1分間に6,000回のたたき機能搭載

 

吸引部分は内部で気流を発生させてハウスダストをかきだして吸い取るという方法です。

 

アイリスオーヤマの調べによるとハウスダストの除去率は3分間で98%だそう。ほとんどの塵やダニを除去できるんですね。

 

もう一つの機能が「たたき」です。1分間に約6,000回のたたき機能があるので、高速振動でアレルギー物質や汚れを浮き上がらせることができます。

 

たたき機能は「ダダダダダ」という音が気になるかもしれません。でも使ってみると1分間に6,000回なのでほとんど叩いている音は聞こえません。吸引音の方が大きいです。

 

 

色々書いてきましたが、まとめるとこんな感じです。

 

・安くて高評価の布団クリーナーが欲しい人

 

これに尽きますね。ダイソンのような高級感はありません。でも、安くて壊れないですし評判も高く吸引力も強力。コストパフォーマンスが高いと言うんでしょうか。

 

それがアイリスオーヤマの「IC-FAC2」の最大の特徴なんですね。

次に最新モデル「IC-FAC3」との違いについてもまとめておきます。

 

IC-FAC2をチェック!

 

IC-FAC2 と IC-FAC3 の違い

f:id:zakkiblog:20190531163716j:plain

2016年6月に発売された「IC-FAC2」

 

今回、私が購入したIC-FAC2は2016年6月に発売されたモデルです。一方最新モデルのIC-FAC3は2019年5月15日に発売されました。約3年の間があります。

 

言い換えればIC-FAC2が3年間売れ続けた、と言えます。Amazonでも楽天市場でも上位にランクインしずっと高評価を得ていましたからね。

 

さて、IC-FAC2と最新モデルIC-FAC3の違いは以下の通りです。

 

・たたき機能(振動回数)が6,000回から6,500回にアップ!

・使い捨てフィルターが付いているので、手入れが簡単。

 

たたき機能の回数が増えたので、よりハウスダストを吸い込みやすくなりました。

 

また、今までフィルターの掃除をする必要がありましたが、使い捨てフィルターの装着で、より簡単にゴミを捨てれるようになりました。フィルター交換についてはこの後、ご紹介します。

 

フィルター交換「手入れは必須?吸引力が落ちる?」

どの掃除機もゴミを吸い取ったならそれを捨てる必要があります。このモデルには2つのフィルターの交換が必要になります。

 

ただ、交換方法は半年に一回程度、フィルターを入れ替えるだけなのでとっても簡単です。

 

1.専用排気フィルター

1つ目は専用排気フィルターです。持ち手の下部分にあるキャップを開けると出てきます。これを交換しないと、ハウスダストが排気として出てきてしまいます。

 

f:id:zakkiblog:20190531164054j:plain

専用排気フィルター

 

交換目安は、半年に1回です。(毎日使用した場合)2個で約1,000円です。Amazonや楽天市場で購入できます。

 

 

2.集塵フィルター

f:id:zakkiblog:20190531165224j:plain

集塵フィルター

 

2つ目は集塵フィルターです。ランプが光る部分でゴミが集まる場所になります。ここを定期的に掃除しないと、ゴミが溜まって吸い取らなくなってしまいます。

 

 

交換目安は半年~1年に1回です。(毎日使用した場合)ただ水洗いOKなので何度も再利用できます。でも水で洗う時にゴミが飛び散るので注意してください。

 

最新モデルのIC-FAC3の場合、この集塵フィルターの周りに、さらに使い捨てフィルターが装着されています。集まったゴミは使い捨てフィルターと一緒に捨てれるのでとても便利です。

 

まとめ「安くて評価の高い」布団クリーナー

f:id:zakkiblog:20190531165312j:plain

安くて評判の高い布団クリーナー。おすすめです!

 

いかがだったでしょうか。

 

この記事では、アイリスオーヤマの布団クリーナー「IC-FAC2」をご紹介しました。最新モデル「IC-FAC3」も販売されていますのでぜひご覧ください。

 

最後に私が感じたことをまとめます。

 

この布団クリーナーは買いだと思いますね。理由は簡単、安い+評判が高いからです。高くて評判の高いモデルはいっぱいあります。ダイソンがそうですよね。でも高ければ評判も高いのは当たり前なんですよね。その分お金を掛けて作っているので。

 

その点、アイリスオーヤマの布団クリーナーはリーズナブルな価格で評判も高いので、最高の一台だと思います。

 

実際に使ってみて、それを実感しました。吸引力もコードレスに比べて落ちません。夜寝る前に掃除機をかけるだけで肌荒れも少なくなりました。

 

くしゃみしたり変な臭いに悩むこともありません。ジメジメした布団から、スッキリした布団で眠れるというのはかなり違いますよ。睡眠の質も上がりますし、朝起きる時がすっきりします。

 

本当におすすめなので、気になった方はぜひAmazonのレビューで他の方の口コミも確認してみて下さいね。それでは。

 

IC-FAC2をチェック!

 

NEWモデル IC-FAC3(2019年5月15日発売)

 

ふかふかの布団で寝たいなら布団乾燥機もセットでおすすめです!

www.zakkiblog.net