雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

おすすめのはさみは3M?プラス?KOKUYO?それぞれの特徴まとめ

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

f:id:zakkiblog:20190820160539j:plain

 

皆さんは、高級なはさみ(ハサミ)を使ったことがありますか?

 

100円均一のはさみはすぐに切れ味が悪くなってしまいますが、高級なはさみはいつまで経っても切れ味が落ちません。糊の付いた紙や厚紙でも「スパンスパンッ」と切ることができます。

 

はさみ業界は 価格.com や Amazon で見ると、主に3メーカーが売れています。「3M スコッチ」と「プラス」、そして「KOKUYO」です。どれも聞き覚えのあるメーカーばかりですよね。

 

今回の記事では、この3社のコンセプトと人気なおすすめのはさみをご紹介します。各メーカーの持ち味を知って、自分にピッタリなはさみを探しましょう。

 

 

① 3M Company(スリーエム)

f:id:zakkiblog:20190820015705j:plain

3M スコッチ:Amazon 公式サイト参照

 

最初にご紹介するのは、アメリカ合衆国ミネソタ州に本社がある 3M Company (スリーエム)です。1902年に最初の会社が設立され、今や化学企業として日本にも拠点のある大手グループへと成長を遂げました。

 

スコッチブランド(Scotch)

f:id:zakkiblog:20190820015643j:plain

3M スコッチ:Amazon 公式サイト参照

 

そんな「3Mグループ」には「スコッチ」というブランドがあります。はさみ・カッター、マスキングテープ、修正テープなどの事務用品に定評がある文房具用品ブランドです。

 

1930年に最初の透明テープを発明して以来、400種類以上の文房具を作り続けています。日本でもホームセンターに行くと必ず置いてあるブランドですよね。

 

3M スコッチ のはさみの特徴

f:id:zakkiblog:20190820015247j:plain

3M スコッチ:Amazon 公式サイト参照

 

スコッチのはさみは洗練されたデザインが特徴的です。使いやすさにこだわりつつ、スタイリッシュなデザインに仕上がっています。「シャキッと切れる+10万回の耐久性」と表記されている通り、チタンコートの刃を使った丈夫さが売りです。

 

 

3M スコッチ のポイント

◎ お洒落+頑丈

✖ 価格は高め

 

② プラス(PLUS)

f:id:zakkiblog:20190820021638j:plain

プラス:Amazon 公式サイト参照

 

2番目のメーカーは、プラス株式会社(PLUS)です。最初に紹介した 3M とは違い、国内の会社になります。創業は1948年2月16日、東京都港区に本社を構え、主にオフィス関連の製品をデザイン・販売しているメーカーです。

 

プラス(PLUS)のはさみの特徴

f:id:zakkiblog:20190820021706j:plain

プラス:Amazon 公式サイト参照

 

プラスのはさみは、「はさみ」をもっと。「暮らしにフィット」をコンセプトにしており、生活のあらゆる状況で活用できるように様々なラインナップがあるのが特徴です。

 

例えば、食洗器に入れてもOKな料理専用モデル、子供が使いやすいように設計されたモデル、手の小さな女性も扱いやすいコンパクトモデルなどなどです。

 

また、プラスはベルヌーイカーブ刃という形状を採用しています。紙との摩擦が少ない絶妙な角度で設計されているので、切れ味は抜群です。リーズナブルで500円程度で購入できます。

 

 

プラス のポイント

◎ 種類が豊富+リーズナブル

✖ スコッチのような高級感はない

 

③ KOKUYO

f:id:zakkiblog:20190820104159j:plain

KOKUYO:Amazon 公式サイト参照

 

3番目のメーカーは文具・オフィス関連で人気のコクヨ株式会社(KOKUYO)です。1905年10月に創業した大阪市に本社のある歴史あるメーカーです。

 

Campus(キャンパス)ノートが大ヒットし、累計26億冊以上も売り上げた実績を持っています。その他にも、いつでも角で消せる消しゴム「カドケシ」など、話題性に富んだヒット作品を次々と作り上げる会社なんです。

 

KOKUYOのはさみの特徴

f:id:zakkiblog:20190820104228j:plain

KOKUYO:Amazon 公式サイト参照

 

そんなコクヨ(KOKUYO)のはさみですが、刃先でも軽い切れ味を実現させたSAXA(サクサ)を販売しています。詳しくは下記の公式動画をご覧ください。

 

youtu.be

 

KOKUYOのはさみは、スタイリッシュな「スコッチ」や「プラス」と比較すると、より一般的なモデルと言えます。生活にフィットするという観点で見ればどこよりも馴染むのではないでしょうか。

 

現に文房具でKOKUYO製品を使っている方は多いはずです。100年以上の歴史あるメーカーだからこその安心感・安定感がありますよね。

 

KOKUYO のポイント

◎ どこでも購入できる

✖ カッコよさを求めるのは...

 

最後に...はさみの賢い選び方

f:id:zakkiblog:20190820104410j:plain

KOKUYO:Amazon 公式サイト参照

 

はさみには色々な種類があります。自分の用途に合わせたはさみを選ぶのがポイントです。

 

例えば、根元でも切りやすい構造になっている ”ベルヌーイカーブ刃” 、一般的な用途に用いられる ”ハイブリットアーチ刃” 、刃先の鋭い ”ストレート刃” 、引いて切るという珍しいタイプの ”プルーナーアール刃” 等があります。

 

プラスのはさみはベルヌーイカーブ刃です。一方でスタイリッシュなデザインが特徴のスコッチはストレート刃です。一般的なハイブリットアーチ刃はKOKUYOが採用しています。

 

それぞれのメーカー毎に特徴があるので、自分の気に入ったものを選ぶことをおすすめします。個人的にはスコッチのストレート刃がカッコいいですよね。使いやすさよりもデザインを選ぶなら、間違いなくスコッチがおすすめです。それでは。