雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

ハリオ『V60ドリップケトル・エアー』とは?スペックと口コミまとめ

こんにちは。『ざっきぶろぐ』です。

 

皆さんは、HARIO(ハリオ)が販売しているV60ドリップケトル・エアーという製品をご存じでしょうか。珈琲を注ぐのに電気ケトルやコーヒーケトルを使用している方は多いと思います。でも耐熱のビーカーのような形をしたケトル?があるんです。

 

それがV60ドリップケトル・エアーです。今回の記事では、一体これがどんな商品なのか、スペックや口コミ等々を解説していきたいと思います。

 

f:id:zakkiblog:20200325025529j:plain

HARIO公式サイト参照

V60ドリップケトル・エアーとは

V60ドリップケトル・エアーとは、HARIO社が2020年に発売を開始した新発想のドリップケトルです。何が新しいのかというと、一般的なコーヒーケトルとは違い、透明な耐熱性PCT樹脂を使用していることです。

 

計量カップのようなデザインをしているので、お湯も注ぎやすいですし湯量もチェックしやすいです。初めてハンドドリップに挑戦する人や、コーヒーだけのために、わざわざケトルを買うのはもったいない、という人におすすめです。

 

普通の耐熱計量カップとしても使用できるので、幅広い汎用性が人気の秘密です。容量は350ml。記載されているメモリは1杯分(170ml)、2杯分(340ml)です。詳しくは以下の動画をご覧ください。

 

HARIO株式会社(ハリオ)について

f:id:zakkiblog:20200325025715j:plain

HARIO公式サイト参照

 

知っている人も多いと思いますが、このHARIOというメーカーについて少し解説しますね。HARIO株式会社は東京都中央区日本橋に本社がある耐熱メーカーです。V60円錐型ドリッパーが有名で2007年にグッドデザイン賞を獲得しています。

 

これまでIH対応のV60ドリップケトルや、銅で出来たカパータイプなども販売してきました。ですが、どれも中身が見えないという弱点がありました。

 

お湯の量がチェックできないので、どれぐらい珈琲を注いだのかが分からなかったんです。それを解消したのが、今回発売されたV60ドリップケトル・エアーというわけ。

VKA-35-TBのスペック情報

 
HARIO V60ドリップケトル・エアー
品番 VKA-35-TB
カラー 透明ブラック
サイズ 幅17.7×奥行7.8×高さ12.8㎝
容量 350ml
重量 約200g
メーカー希望小売価格 1,300円
 

 

 

評判・口コミを調べてみた

すでに幾つかの口コミが投稿されていますが、楽天市場などを見ると、まだあまり評判(レビュー)は多くないようです。Twitterで調べると実際にお湯を注いでいる様子がありました。こちらです。

 

 

こうして見てみてると、たった1,000円ちょっとでコーヒーケトルを買えるのはお得だな、と感じます。ケトルというよりかはビーカーに近い感覚です。先端が細口になっているので、お湯を注ぎやすく少しの湯量で調節できます。

まとめ

f:id:zakkiblog:20200325031241j:plain

HARIO公式サイト参照

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事ではHARIO(ハリオ)が2020年に発売を開始した全く新しいでコーヒーケトル『VKA-35-TB』についてご紹介しました。350mlと手頃な大きさも魅力的ですし、掴みやすい大きな取っ手と注ぎ口も良いですね。

 

メモリも分かりやすいので、普通のビーカーとしても使えます。悩んでいる人がいたら参考にしてみて下さい。それでは今回の記事はここまでになります。最後までお読みいただきありがとうございました。