雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

HARIO V60保温ステンレスサーバーの特徴・評判・スペック

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

 

東京都中央区日本橋に本社のある耐熱ガラスメーカーHARIO株式会社。コーヒーに関連した器具を多く販売しているので知っている方も多いのではないでしょうか。

 

そんなHARIO(ハリオ)ですが、2017年にV60保温ステンレスサーバーを販売しました。サーバーがそのまま保温ポッドになっている事から人気になり、今も売れ続けている話題の商品です。

 

ただ、1つ疑問がわきます。

 

何がそこまで良いのか?と。正直、保温サーバーは他商品も多数ありますよね。どうしてこのモデルが人気なんでしょうか。

 

今回の記事では、そういったHARIO V60保温ステンレスサーバーの特徴や口コミ、スペック情報などなどをご紹介したいと思います。

 

f:id:zakkiblog:20200228083149j:plain

Amazon 公式サイト参照

 

HARIO V60保温ステンレスサーバーの特徴

このサーバーの最大の特徴は保温性にあります。真空断熱二重構造のステンレス製のモデルなので、コーヒーが冷めにくく美味しい温度を一日キープできちゃうんです。

 

ちなみに、コーヒーメーカーのカテゴリで調べてみると、ガラスサーバーのタイプはほぼ全ての製品に保温ヒーターが搭載されています。ガラスタイプだと冷めやすいので、コーヒーを温めないといけません。

 

でも、温め過ぎると煮詰まってしまい、不味いコーヒーになってしまいます。せっかく淹れたのに不味いコーヒーだと、結局そのまま1日放置してしまいがちです。もったいないですよね。

 

そんな時、サーバーが保温タイプの水筒のような役割を果たしているなら、コーヒーを温める必要はありません。つまり、煮詰まらずに美味しい飲み頃のコーヒーをいつでも楽しめるんです。

 

ただ私もそうなのですがコーヒーメーカーを持っていません。ドリッパーだけで1日分のコーヒーをまとめて朝に淹れてしまいたい。そんな時、このV60 保温ステンレスサーバーが役に立つんですね。

評判や口コミ・レビューでは「何となく高評価?」

f:id:zakkiblog:20200228160914j:plain

Amazon 公式サイト参照

 

評判や口コミをAmazonや楽天市場、価格.comで調べてみたのですが、おおむね評価が高い印象を受けました。但し、圧倒的に高評価が多い、という訳ではありません。

 

星の数で表すと星3.9位でしょうか。そんなに高評価という訳ではないんですね。人気なのに評判がそこまで高くない、これにはある理由があります。

 

・液だれが生じやすい。

・最後まで注げない、洗いにくい。

・そもそも保温能力が低い。

 

調べてみると主にこの3つが要因となって評価を下げているようです。プラスチックとステンレスの継ぎ目から珈琲が漏れ出してしまう、という口コミをちらほら見かけました。

 

また、注ぎ口の角度が急過ぎるという構造故に、大分傾けないと珈琲が出てこないようです。

 

こうした悩みが買って1か月程度で起きてしまうという人も多い(液漏れの不具合)ので、結局保温性も保たれず、朝淹れてもお昼には冷めてしまう、という訳なんですね。

 

でも良い面ももちろんあります。

 

・HARIOV60ドリッパーで直接淹れられる。

・とにかくデザインがお洒落。

 

このモデルはHARIO V60ドリッパーと同じ大きさで作られているので、直接ドリッパーを上に置いて淹れることが出来ます。また、デザイン面が良く「赤と黒のコントラストがおすすめ」といったレビューを多く見かけました。

V60保温ステンレスサーバーのスペック情報

f:id:zakkiblog:20200228162129j:plain

Amazon 公式サイト参照

 

最後にスペックをまとめてみます。現在、V60 保温ステンレスサーバーには600mlと800mlタイプの2種類があります。

 

V60 保温ステンレスサーバー 600

型番:VHS-60B(ブラック)、VHS-60R(レッド)、VHS-60W(ホワイト)

保存可能容量:550ml

サイズ:幅16.1㎝×奥行12.7㎝×高さ14.2㎝

重さ:本体480g

材質:(蓋・注ぎ口・ハンドル)ポロプロピレン、シリコーンゴム(本体)ステンレス

 
V60 保温ステンレスサーバー 800

型番:VHS-80B(ブラック)、VHS-80W(ホワイト)

保存可能容量:750ml

サイズ:幅16.4㎝×奥行×13.2㎝×高さ16.2㎝

重さ:本体530g

材質:(蓋・注ぎ口・ハンドル)ポロプロピレン、シリコーンゴム(本体)ステンレス

まとめ

f:id:zakkiblog:20200228172441j:plain

Amazon 公式サイト参照

 

いかがだったでしょうか?

 

今回の記事ではHARIO V60保温ステンレスサーバーの特徴・評判・スペックをご紹介しました。

 

どうしてこんなに人気なのだろう?と思っていたのですが、その秘密はデザイン性の高さにあったんですね。でも、機能面では液漏れや洗いづらいといった口コミもあるように、改良の余地がまだまだあるようです。

 

もし買おうかどうしようか迷っている方がいたら参考にして頂けると嬉しいです。それでは今回の記事はここまでになります。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

当サイト「雑記ブログ卒業」は、コーヒーメーカーやエスプレッソマシン、珈琲関連器具の他の記事も多数書いていますので良ければご覧ください。それでは。