雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

スマホも充電できるハンドスピナーがすごい(チャージングスピナー)

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

2017年にハンドスピナーが流行って以来、色々なハンドスピナーが流行りましたね。LED搭載で光るスピナーや、ベアリングを強化して回転力を上げたスピナーなど挙げればきりがありません。ですが、どのモデルも生活していくための実用性には欠けていました。

 

そんな中でスマホの充電ができる、充電器兼ハンドスピナーというモデルを発見したので紹介したいと思います。その名もチャージングスピナーです。

 

 

 

チャージングスピナー

チャージングスピナーはその名の通り、充電もできるハンドスピナーです。ただ回転させ、それを眺めるだけじゃ、もったいない。生活に役立つ便利グッズに仕立てるべきだ!そう考えたのでしょうか。

 

このモデルの凄い所は、4か所すべてがそれぞれのコネクタになっているんです。なので蓋を外せば、パソコンとiPhoneの接続が簡単にできます。もちろんその間はハンドスピナーとしての機能は使えません。(回転させたらコードが絡まるからね)

 

これじゃあ、ハンドスピナーとしての意味がないじゃん!と思ってしまうのですが…。きっと「充電していない時は遊べるよ!」という事なのでしょうね。てっきり、ハンドスピナーの回転力でスマホを充電できるのかと思ってしまいました。

 

サイズは直径7.5×厚さ2.3cmで重さは22gあります。コネクタの種類ですが、「microUSB」、「typeB」、「typeC」、「LightningUSB」の4種類です。回転時間は3~5分ほど。USBコネクターケーブルが付属として付きます。ブルー、ブラック、ホワイト、レッドの4色展開しているとの事。

 

もう少し機能性を重視してほしい

 

発想も良いですし、まあまあ売れていると思います。ハンドスピナー好きとしては、充電もできるスピナーなんて夢のようですよね。ただ、機能性を考えた時に、もう少し色々なアイデアをひねっても良かったのかな?と。

 

例えば、充電できるようにモバイルバッテリー型のハンドスピナーとか、どうでしょう?それだと正真正銘の充電器型ハンドスピナーになります。今回のチャージングスピナーはあくまでも、充電するためのコードやコネクタを提供する橋渡しの役なわけで。

 

ハンドスピナー自体がモバイルバッテリーだったら、そっちの方が売れそうだけど…。(回転したらモバイルバッテリー自体も充電されたらいい)これからどうなっていくのか、注目ですね。それでは今日はこの辺で。おしまい。

 

by ざっきぶろぐ