雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

Gmail(ジーメール)がリニューアル、今までと何が違うのか?

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

f:id:zakkiblog:20180413113242j:plain

 

皆さんはGmail(ジーメール)使ってますか?

 

Googleが提供しているメール機能ですけど、すごく便利ですよね。このGoogleのフリーメールサービス「Gmail」は2004年4月1日からサービスを開始したそうです。今から10年以上前です。

 

そんなGmailですが、今回2018年の春にデザインを一新するというニュースが流れました。私自身気になったので、色々調べてみました。一体何が違うのか、分かっている範囲で書きたいと思います。

 

Gmailの新デザインがこれだ

2018年にリニューアルし一新される情報がでている、Gmailの新デザインがこちらです。

 

f:id:zakkiblog:20180413113712p:plain

This is the new Gmail design - The Verge

 

一見すると今までのGmailと遜色ないデザインです。左側にメニューがあり受信ボックスや送信ボックス、下書き保存など今までのデザインとほぼ変わりません。

 

変わったのは右側の部分です。

右の画面にアイコンが並んでいます。これ、実はGoogleカレンダーを開けるボタンなんです。つまり、Gmailを開きながら、カレンダーをそのまま開けるようになった、という訳。

 

リニューアルしたGmail、今までとの違い

f:id:zakkiblog:20180413115158p:plain

 

では、一体どこが今までと変わったのか。下記にまとめてみました。

 

1.デザインのリニューアル

2.Googleカレンダーをすぐに直接開けるようになった

3.スマートリプライ機能

4.スヌーズ機能

5.オフラインサポート

 

「デザインのリニューアル」と「Googleカレンダー」は先程説明した通りです。気になるのは他の機能ですよね。一体何がどう違うのか。

 

スマートリプライ機能とは、送られてきたメールに自動で返信案を教えてくれる機能です。現在もその機能は搭載されているので、使っている人もいると思います。

 

メールの一番下に「ありがとうございます」「承知しました」「了解しました」というボタンが出るようになりました。

 

スヌーズ機能は「少し経ってから再度鳴るアラーム時計」のメールバージョンです。時々、メールを見る暇すらない、という忙しい方もいますよね。

 

そんな時にスヌーズ機能を設定しておけば、メールが再度受信されるという仕組みです。個人的にはそこまで使わないかなあ?(笑)

 

最後のオフラインサポートは、追々説明がGoogleのほうから提供されると思います。

 

オフラインですから、ネットにつながずにサポートできる機能が搭載される見込みでしょうね。年配の方や子どもには嬉しい機能かも。

 

まとめ「リニューアルであることに変わりはない。」

f:id:zakkiblog:20180413115206j:plain

 

色々書いてきましたが、今回のGmailの変更はあくまでもリニューアルです。てっきり「一新」されるのかな?と思っていましたが、そこまで大きな変更点はないようですね。

 

ただ、Googleカレンダーがその場で開けるようになるのは大きいと思います。特にサラリーマンなどのビジネス関連でGmailを使っている人は、時間を気にします。

 

すぐにGoogleカレンダーを開きたいけど、スクロールしたりマウスを動かすのはちょっと面倒。

 

そんな時にメールとカレンダーをダブルですぐに見れるのは嬉しいですよね。リニューアルは数週間後の予定ですので、もう少し掛かりそうです。そんな感じでおしまい。