雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

象印珈琲通が熱い!EC-CB40の価格や説明書、ガラス容器の情報まとめ

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

象印の珈琲通シリーズが熱いですね。ミル付きコーヒーメーカーからシンプルなモデルも販売していて、どれも人気が高く家電量販店に行けば必ずと言っていいほど、象印珈琲通のコーヒーメーカーが置かれるようになりました。

 

そんな中で、4000円以内で購入でき4杯抽出+ミルも付いているモデルが人気になっているようです。それが今回の記事の「EC-CB40」。この記事では、EC-CB40の特徴、価格や取扱説明書の情報、そしてガラス容器等々についてまとめてみます。

 

 

 

象印の珈琲通「EC-CB40」って何?

まず最初にこの機種の特徴について。このモデルはミル付きのコーヒーメーカーで2014年に発売されています。ちなみに全自動ではありません。

 

ミルで砕いた豆をペーパーフィルターに移動させる手間があるんです。ただそれ以上の特徴が販売価格ですよね。ミル付きでは安過ぎる4000円以下。本気で安いです。(笑)

 

上手くいけば3500円以内で購入できるかもしれません。ここまで安いと、大丈夫かな?と思われがちですが心配はご無用。評判もとても高く、人気なんです。

 

特徴1 ミル&浄水機能

まず一つ目の特徴はコーヒーミル。ミルは外して洗えます。安いコーヒーメーカーはミル部分が壊れやすいんですが、この機種はあまり故障の口コミが少ないのが特徴。

 

安いのに丈夫なので安心して使用することができます。浄水機能はカルキ初期除去率98%で安心。美味しいコーヒーをいつでも楽しめます。

 

特徴2 洗いやすい水タンク、コード収納

特徴の2つ目は水タンクを外せることです。取り外しも簡単なので、給水するのも簡単ですし、捨てるのも簡単、洗うのも簡単です。使いやすさをとことん重視したモデルと言えます。そしてコードも収納できます。シンプルで使いやすく無駄な機能が付いていないのが高評価みたい。

 

スペックですが、容量は540mlで4杯分抽出できます。消費電力は650Wで重さは2.1㎏。サイズは幅30.5㎝×奥行15㎝×高さ24.5㎝。ドリップと保温機能が一緒になったスイッチが一つしかないので、使い勝手抜群。操作に悩むことはありません。

 

「EC-CB40」のガラス容器

このモデルの特徴としてガラス容器単体でも販売されているんです。それがこれ。

 

 

このガラス容器の値段は相場価格2000円前後です。このモデルですが結構割れやすいガラス容器なので、単体でも容器が販売されているのかもしれません。ガラス自体が薄い気がするんですよね。

でも単体で売られているので万が一割れても、これだけ買い替えれば本体を買う必要はありません。

 

取扱説明書はホームページから!

もう一つ、このモデルで悩むのが取扱説明書。なんと買った時に、取説が付いていないんですね。でも大丈夫。ネットで閲覧できます。

象印のホームページで取扱説明書を見れますので悩んだら確認してみて下さい。

コーヒーメーカー EC-CB型|商品情報|象印

 

口コミ、評判、レビューは?

 

この機種はミル付きのコーヒーメーカーとしては格安です。でもそのぶん気になるのは評判や口コミですよね。Amazonや価格.com、楽天市場で調べてみると、どれも高評価が多いのがポイント。ちょっとまとめてみます。(内容は多少変えてあります。)

 

レビュー1人目

とても操作法が簡単です。コーヒーメーカー初心者の母親も一度で使い方を覚えられたようです。スイッチが一つしかないので、楽なんですよね。 ミル付きなので、毎回飲む分だけ豆を直前に挽くので美味しいのなんのって!!

 

ただ、挽いた豆の粉をミルからフィルターに移し替える際に、どうしてもパラパラとテーブルに粉が溢れてしまいます。台拭きの用意もしてから作業に取り掛かると良いと思います。

 

レビュー2人目

元々の値段は8000円ほどですが、今は4000円以下で買える安さなので、ついつい購入してしまいました。本製品にしてよかったと思います。ミルを使うのは初めてでしたが、やっぱり挽きたてのコーヒーを飲めるのは最高です。

 

ミル自体は、よくある普通の電動ミルですが、実は単独で外すこともできます。なので水洗いも簡単です。ミルとコーヒードリップが別になっているのが面倒、という方もいますが私はそう思いません。

 

なぜなら、ミル単体で使う事もできますし、コーヒードリッパー単体で抽出することもできるからです。一見、挽いた豆をドリッパーに移すのが大変に感じますが、私はこういう作りで大正解だと感じますね。

 

まとめ

f:id:zakkiblog:20180507163625j:plain

 

今回調べてみて、売れている理由がよく分かりました。売れているモデルは意外とシンプルなモデルが多いんですよね。色々と操作ボタンを付けても、結局使いこなせない人が多いようです。

 

このEC-CB40はスイッチが一つしかないですが、基本的な部分(抽出やミル部分)は丈夫に作られているので、安心して使うことができます。値段も安いので、悩んでいる方はぜひチェックしてみてくださいね。それでは。

 

 

おまけの話「ミルなしモデル」もあります。(EC-TC40)

本当はこれでおしまいなんですが、せっかくなので、ミルなしモデルについても書いておきます。

 

実は今回紹介したEC-CB40にはミルが付いていますが、このミルだけ取ってしまったバージョンも販売されているんです。それがEC-TC40というモデル。画像で見ると以下の写真がミルを取ったバージョンです。

 

 

ミルがない分、値段も安く2000円で購入でき、しかも評判がメチャクチャ高いモデルです。もしミルが要らない!という方はこっちを選ぶのもおすすめ!それではおしまい!