雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

お洒落なステンレスフィルター!E-PRANCEのコーヒードリッパー

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

ステンレスフィルターはペーパーフィルターと違い、洗うだけで再利用できます。つまり何度でも使用可能なんです。ペーパーフィルターの場合は、毎回毎回紙を捨てるのが面倒。

 

ただ今はどのメーカーもステンレスフィルターを採用しています。その中でもお洒落度で群を抜いているのが今回紹介するE-PANCEのドリッパーです。

 

 

蜂窩状、2層メッシュペーパー

注目なのはフィルター部分です。ただのステンレスフィルターではありません。ステンレス製の網の中にある蜂の巣のような形が特徴的です。これによって抽出時のお洒落な雰囲気を醸し出せるという訳。

 

またステンレス製のフィルターにはコーヒーの油分を抽出するという特徴があります。ペーパーフィルターの場合はコーヒーの油分は紙に吸い取られてしまいます。

 

ですが、ステンレスの場合はコーヒー豆の油分も抽出されるので、より豆の本来の味を出せるという訳です。

 

 

デザイン性が優れている

このモデルはデザイン性が優れているなと感じます。ドリッパー部分とスタンドが別になっているのも特徴です。スタンド部分は、径12.2㎝、高さが9.3㎝。ドリッパー部分は径12.5cm×高さ9.5cmです。スタンドとドリッパーはほぼ同じサイズですね。

 

フィルター穴は径1.3cm。抽出量は1~4杯です。約800ml入ります。なので意外とファミリー向けとしても使用できるんです。こういうインテリア重視のドリッパーは1~2杯用の一人用が多いイメージですが、このE-PANCEのドリッパーはちょっと違うんですよね。

 

ドリッパーだけなのでサーバー部分は、コーヒーカップでも良いですし、自前のサーバーを使用する事もOK。使い勝手が良いですよね。持ち手のオレンジ色の部分はシリカゲル製の持ち手になっています。滑りずらいので、この大きさでもしっかり安定して持つことができます。

 

まとめ

 

このモデルのサーバーもセットで売っているのもあります。

 

これも容量800mlのサーバー一体型になっています。この一体型はデザインが良く、インテリアとして飾れるのがポイントなんですよね。ただ手入れしずらいという点も挙げられます。特にガラスサーバー部分の奥の方は、洗う時に手が届かないので結局水洗いでごまかすしかありません。なので長いブラシが必要かも。

 

もし悩んでいる方は是非参考にしてみてください。ちなみにE-PANCEのドリッパーは2000~5000円程度で購入できます。800mlのモデルがおすすめ。ではこの辺で。