雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

おすすめは?失敗しない外付けDVDドライブの選び方をご紹介!

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

f:id:zakkiblog:20190805214831j:plain

失敗しないDVDドライブの選び方

 

現在、DVDドライブを搭載するノートパソコンは少なくなりました。

 

「さらに薄くコンパクトに」という企業の努力と、DVDよりも動画配信サービスで映画やドラマを視聴できる楽さもあり「DVDドライブは必要ない」という見方が広がっているように感じます。

 

でも、待ってください。

 

DVDドライブもまだまだ必要なんです。例えば、写真や画像を保存する際、HDD(ハードディスク)では何かの拍子に消えてしまう可能性があります。

 

GoogleドライブやOneDriveなどクラウドサービスに保存していても、インターネットのクラウド上に保存されていることを考えると少し不安ですよね。

 

そんな方はDVDに焼いてしまえば、何十年も安心して見返すことができます。その為に必要なのは、最新のパソコンに対応しているDVDドライブを選ぶ事なんですね。

 

今回の記事では、失敗しないDVDドライブの選び方をご紹介します。この記事を読めば、あなたにピッタリのモデルがきっと見つかるはずです。

 

 

外付けDVD光学ドライブとは?

まず、DVDドライブとはなんでしょうか?

 

一般的には「外付け光学式ドライブ」と言われています。「後付けのDVDドライブ」とも表現できます。

 

時々、DVDが入らないノートパソコンってありますよね?

 

そのパソコンだけだと、DVDやCDを視聴することは出来ません。

 

そんな時、後付けのDVDドライブを持っていれば、パソコンのUSB部分に差すだけで、DVDが見れるようになるんです。しかも価格が1,000円~3,000円程度で買えるので、人気なんですよ!

 

f:id:zakkiblog:20190805215908j:plain

Amazon公式サイト参照

 

ちなみに上記の画像は Cocopa という中国製のメーカーのモデル。値段は2,280円で、評判は 4.3!(Amazon 参照)

 

DVDドライブと聞くと、I-O DATA(石川県)やバッファロー(愛知県)など、日本の大手電子機器メーカーも販売しています。

 

でも、Amazon や 楽天市場、価格.com で確認すると分かる通り、海外製品でも評判が高いモデルがいっぱいあるんです。

 

なので、メーカーにこだわらず、レビューや口コミを参考に選ぶとより良い製品を購入できます!

 

失敗しない選び方

では、いよいよDVDドライブを選んでいきましょう。

 

失敗しない選び方のコツは、自分の用途を決めておくことです。つまり、自分がDVDドライブで何をしたいのかを決めておきましょう。

 

例えば、昔の写真を一気にDVDに焼きたいのであれば、書き込み、転送速度などスピードを重視したいところ。

 

逆に、DVDを視聴するだけでいいなら、1,000円程度の安いモデルで十分ですよね。

 

最新モデルになると、ワイヤレス接続のモデルさえあります。つまり、USBを差さなくてもWi-Fi環境さえあれば、DVDを視聴できるんです。すごい時代ですよね。(笑)

 

これから、各メーカー毎の評判の高いモデルをご紹介します。それぞれ特徴も挙げていますので自分にピッタリ合うモデルを選んでみて下さい。

 

①DVDやCDに保存するなら「書き込み速度」で選ぶ!

現在、外付けのDVDドライブでの書き込み速度は "8倍速" が一般的です。つまり、80分の動画や写真を保存する場合、約8分でDVDに焼くことができます。

 

中には "24倍速" などスピードに特化した製品もありますが、その分価格がとても高いです。通常使用する分には、6~8倍速であれば十分と一般的に言われています。

 

②転送速度の規格をチェックする「USB3.0」

もう一つ確認したいのは "USB規格" です。今はほとんどのモデルがUSBで接続しますが「1.0(1.1)」「2.0」「3.0」と規格があります。

 

USB3.0が一番転送速度の速いモデルです。もちろん一般的に使う分にはUSB2.0でも問題はありませんが、より速い機器をお探しの方はUSB3.0のモデルを選んでください。

 

ちなみにパソコン側がUSB3.0に対応していない場合もあります。その場合は、汎用性の高いUSB2.0の規格で転送が行われます。

 

アイ・オー・データ( I・O DATA )/ EX-DVD04K

f:id:zakkiblog:20190806132918j:plain

EX-DVD04K:アイ・オー・データ公式サイト参照

 

特徴 厚さ1.5㎝以下のスリムタイプ

株式会社アイ・オー・データ機器は1976年1月10日に設立された電子機器メーカーです。中でも、EX-DVD04K というモデルは価格.com、Amazonでも高い評価を得ています。

 

特徴は、薄くて、軽い。

 

サイズは、約136mm × 146mm × 14.6 mm 、重さは 約270g です。厚さが約1.5㎝しかないので、鞄の中に簡単に入れることができます。見た目はシンプルですが、中身はハイスペックです。

 

DVDの書き込み速度も8倍速で、USB3.0に対応しています。カラーはピアノブラックとパールホワイトの2色展開です。とにかくコンパクトでシンプルなデザインに拘りたい方におすすめです。

 

 

BUFFALO / DVSM-PLV8U2-BK

f:id:zakkiblog:20190806222505j:plain

DVSM-PLV8U2-BK:Amazon公式サイト参照

 

特徴 約200gの計量モデル

株式会社バッファロー(BUFFALO)は、愛知県名古屋市に本社を構える企業で、1975年5月1日に創業を開始し40年以上の歴史を持つ大手電子機器メーカーです。

 

DVSM-PLV8U2-BK は、2018年12月に発売されたDVDドライブで、価格.com や Amazon での評判は ”4.2” と高評価を獲得しています。(評価の変動あり)

 

従来のバッファロー製品のモデルよりも約20%の計量を実現させたモデルで人気が高いんです。サイズは、141mm × 14mm × 136.5mm で、重さは約200g。

 

”厚さ” はアイ・オー・データのモデルよりも薄いんですね。でも残念ながらより人気なのはアイ・オー・データのDVDドライブなんです。その理由は、USBの転送速度にあると思います。

 

アイ・オー・データのモデルがUSB3.0規格なのに対し、このBUFFALO製品はUSB2.0規格です。

 

もちろん、一番オーソドックスで汎用性のある規格なんですが、転送速度で比較すると幾分劣ってしまいます。

 

 

Cocopa

f:id:zakkiblog:20190806223537j:plain

Cocopa / Amazon公式サイト参照

 

特徴 Amazonで売れ筋トップの人気製品

最後に紹介するのは、今、Amazon で大人気の商品。先程も紹介しましたが、Cocopaという中華製のメーカーです。

 

このメーカーの最大の特徴は高評価がとても多いことにあります。Amazonで確認してみると、1,200件以上のレビューがあり評価は 4.3 です。

 

Amazon売れ筋ランキングでも1位2位を争う程の人気を見せています。サイズこそ他メーカーと比較すると見劣りしますが、それ以上にコスパの良さが際立っているんです。

 

値段が安く、USB3.0にも対応し、12か月の保証も付いています。メーカーにこだわらなければ是非チェックしておきたい1台です。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回は外付けDVDドライブの選び方と、おすすめの商品を3モデルご紹介しました。どれも各メーカーによって若干デザインや品質は異なります。

 

中国製メーカーが心配な方もいるでしょうし、転送速度が速いタイプが良い、という方もおられると思います。

 

Amazon や 価格.com の評判を見比べて自分にピッタリ合う1台を探してみて下さい。

 

おすすめは最初に紹介したアイ・オー・データの EX-DVD04K が価格と品質、評判を比べてもコスパが高いです。

 

Amazonが選ぶおすすめ商品 "Amazon's Choice" にも選ばれていますので、是非チェックしてみて下さい。それでは。

 

Amazon が選ぶおすすめ商品