雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

クラフトマンはクラフトボスのパクリなの?違いは「水出しコーヒー」

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

f:id:zakkiblog:20180523194345j:plain

 

「クラフトマン」がコカ・コーラのGEORGIAから発売されています。コンビニやスーパーに行くとびっしり陳列されているので、知っている方も多いはず。

 

でもこう思った人はいませんか?

 

あれ?BOSSのクラフトボスに似ていない?と。

 

私自身凄く感じるのです。フォルムといいデザインといいロゴといい形状といい全てにおいて似ているような…。

 

失礼ながら、明らかにコカ・コーラは「SUNTORY」をパクったでしょ!と感じてしまうのです。

 

というわけで今回は、何度もクラフトボスを飲んでいる私が、実際にクラフトマンとクラフトボスの違いを書きたいと思います。

 

ペットボトルコーヒーの火付け役となったクラフトボス

f:id:zakkiblog:20190826203541j:plain

2019年には紅茶も発売されたクラフトボス:公式サイト参照

 

まずはSUNTORYのBOSSから発売されたクラフトボスです。

 

クラフトボスはペットボトルコーヒーの火付け役となった商品で、2017年の大ヒット製品になりました。2017年~2019年にかけて今も売れ続けています。

 

「澄みわたるコク」と題して、飲みやすいすっきりとした味わいに仕上げているのが特徴的です。仕事場に持って行って、一日ずっと飲んでいられます。

 

また500mlと容量が多いので、一日ゆっくり飲めるのも特徴の一つですね。

 

毎回スタバに行ってコーヒーを買って仕事場へ向かうのはお金がかかります。そこまでは中々できないです。

 

でもクラフトボスならほんの100円~150円ほどを支払うだけで美味しいコーヒーを飲むことができます。イメージ的にはクラフトボス片手に優雅にデスクワークする感じです。

 

クラフトボスを正確にまねたクラフトマン

f:id:zakkiblog:20190826203925j:plain

クラフトマン:公式サイト参照

 

一方、今回発売されたコカ・コーラGEORGIAのクラフトマンは、見た目、味ともどもクラフトボスそっくりに仕上げています。

 

パッケージは透明なペットボトルにロゴを付けて、「透き通る味わい 豊かな風味」という文字が。

 

今まで色々なメーカーがクラフトボスに似せた商品を販売してきましたが、ここまで似せてくるとは思いませんでした。(笑)

 

味ですがクラフトマンは水出しコーヒーなので、後味がクラフトボスとは違います。クラフトマンのほうがすっきりしている感じがしました。

 

水出しコーヒー特有のすっきりした後味が癖になります。

 

一日の朝、仕事場に持っていくならクラフトボス(SUNTORY)、

一日の朝、外に遊びに行くならクラフトマン(コカ・コーラ)

 

といった感じでしょうか。

 

いずれにしても、とても似ている味であることは変わりありません。できればもう少し味に変化が欲しかった感じがします。

 

せっかくクラフトボスの人気に乗っかるわけですから、何かさらに推せる特徴があっても良かった…。

 

クラフトボスの2番煎じになりそうな予感がしますよね。クラフトボスとの違いが水出しコーヒーだけ、というのは弱い!

 

できれば他にもう一つくらいクラフトマンだけの特徴を挙げて欲しかった…

 

今後もペットボトルコーヒーは出てくる

f:id:zakkiblog:20190826204221j:plain

 

今後もクラフトボス、クラフトマンに続いたペットボトルコーヒーは続々出てくると思われます。注目なのは、ただの2番煎じにならないように各メーカーがどんな特徴をプラスしてくるかですよね。

 

個人的には小さな180mlのペットボトル新登場!とかでも面白いです。500mlも飲めないという方の為に、小さめの容量のペットボトルで販売するのはどうでしょうか。

 

今後の楽しみがまた一つ増えたこの頃でした。コンビニやスーパーで売っていますので、ぜひ飲んでみて下さいね、それでは。

 

by ざっきぶろぐ