雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

デロンギのコーヒーメーカー「ケーミックス」COX750Jの特徴

 

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

デロンギのコーヒーメーカーが2018年3月15日に、新たに発売されます。今回はケーミックスの新しいバージョン。ドリップコーヒーメーカーの他にも電気ケトル、オーブントースターも新しくなります。

 

「ケーミックス」はデロンギの中でも人気なモデル。今回のリニューアルを受けてデロンギが2018年春に大きく変わるかもしれませんね。今回はそんなデロンギのケーミックス「COX750J」の特徴についてまとめてみます。

 

 

 

POINT1 アロマスイッチ

今回のモデルには左側に電源スイッチ、右側にアロマスイッチというボタンがあります。このスイッチがあると通常のコーヒーメーカーよりもワンランク上がる気がしますね。

 

このアロマスイッチを押すと、アロマを最大限に引き出すドリップです。その分、抽出スピードが遅いですが、最高の蒸らしでより美味しく香り豊かに抽出することができます。

 

POINT2 ステンレスフィルター採用

 

このモデルはステンレスフィルターを採用しています。ステンレスフィルターのメリットは経済的であること。紙フィルター(ペーパーフィルター)は毎回捨てるのにゴミになるので面倒です。

 

一方でステンレスフィルターは洗えば何度でも使用可能です。しかもステンレスは材質上ペーパーよりもコーヒーの油分を抽出できることで有名です。

 

POINT3 その他の機能がいっぱい

その他の機能も充実しています。「しずく防止機能」がついています。この機能は下のガラスサーバーを動かしても抽出時に漏れることがありません。

 

「オートオフ機能」も搭載しています。保温プレートが約40分温まり続けます。手動でスイッチをオフにすることもできますが、切り忘れることもありますよね。放っておくと煮詰まってしまいますが、このモデルはオートオフ機能があるので自動で電源が切れます。

 

「シャワードリップ機能」も搭載しています。この機能は9つの穴から給油する事で、むらなく美味しいコーヒーを抽出できるという訳。

 

ケーミックスCOX750Jのスペック

スペックを以下にまとめてみます。カラーは全部で3色あります。COX750J-RD(スパイシーレッド)、COX750J-WH(クールホワイト)、COX750J-BK(リッチブラック)です。

 

サイズは、幅190×奥行255×高さ305。2.6㎏です。電源コードの長さは2m、消費電力は1000W。容量は最大で750mL入ります。抽出杯数は1~6杯用です。

 

まとめ 話題性抜群

今回のデロンギはかなり攻めたな、という印象受けました。今まで売れてきたケーミックスの3製品(コーヒーメーカー、電気ケトル、オーブントースター)を全てリニューアルしましたからね。

 

大人気のドリップコーヒーメーカーがリニューアルしましたので2018年のコーヒーメーカー業界がどう変わっていくかが楽しみです。悩んでいる方は是非チェックしてみて下さいね。それでは。