雑記ブログ卒業

生活に役立つ雑記ブログ

暑い夏はコールドブリューで乗り切れ!意外と知らないアイスコーヒーとの違い

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

f:id:zakkiblog:20180528122834j:plain

 

夏本番に向けてだんだんと暑くなってきましたね。

汗をかいた服で、一日仕事を終えて帰ってきた時の脱力感と言ったらありません。

 

そんな時、冷蔵庫にコールドブリュー(水出しコーヒー)があれば、そんな脱力感は一気に吹っ飛びます。

 

水出し特有の苦みが少しだけあるスッキリした味わいで、嫌な一日もスッキリできますよ。面白いのが、冷蔵庫に冷やすだけで簡単に作れること。朝の一日の始めでも、昼寝後でも、仕事から帰ってきた一杯でも、いつでも楽しめるんです。

 

この記事では、コールドブリューとは何かについて、アイスコーヒーとの違い、今売れているおすすめラインナップを紹介します。

 

コールドブリューとは、「水出しコーヒー」の事!

f:id:zakkiblog:20180528122844j:plain

 

まず手始めに、コールドブリューとは何かについて。聞きなれない言葉かもしれません。

この言葉、2016年頃からアメリカで流行りだしたフレーズで、日本では「水出しコーヒー」と同じ意味になります。

 

アイスコーヒーの場合、普通にドリップしたコーヒーに氷を入れて冷やしますよね。なので、コーヒーが薄まってしまうんです。

 

一方で、コールドブリュー(水出しコーヒー)は、最初からアイスで抽出するので、コーヒーが薄まることはありません。しかも、水とコーヒー粉を一緒に入れて冷蔵庫で8時間待つだけなので、忙しくてドリップコーヒーを作る時間がない時も楽しめます。

 

さらに詳しい内容、コールドブリューの作り方については、コールドブリューとは何?アイスコーヒーとの違い、簡単にできる作り方 の記事で書いています。

 

暑い夏にスッキリできるコールドブリューは、HARIOが定番

色々調べてみると、やっぱりHARIO(ハリオ)が人気ですね。HARIOはリーズナブルな価格設定が売りのメーカーで、ホームセンターでもネットでも販売されています。

 

Amazonで確認すると、HARIO製のコールドブリューの人気がとても高いです。ベストセラー商品にも選ばれています。そのモデルがこちら。

 

 

ハリオのフィルターインコーヒーボトルです。容量は650ml。このボトルの良い所は横置きにも対応している事。冷蔵庫の縦置きは無理!という方にピッタリ。値段も1500円で買える安さ。

 

 

少しお洒落にしたモデルがこれ。ハリオの「CBS-10HSV」という型番ですが、シンプルなデザインで人気のモデルです。容量は1000ml。

 

水分補給を忘れてしまうと、夏バテになってしまいます。今年の夏はコールドブリューで乗り切ってください。

 

気になった方はぜひチェックして見て下さいね~。

そんな感じでおしまいです。

 

by ざっきぶろぐ